赤ちゃんの髪の毛が薄い、多い、抜け毛の原因は?毛深いのは遺伝?病気?

Pocket

赤ちゃんの抜け毛の原因や対策は?

新生児生理的脱毛

生まれたばかりの赤ちゃんの布団に髪の毛が沢山ついていて驚くことがあります。

じつはこれは「新生児生理的脱毛」と呼ばれているもので、特に心配ありません。

 

スポンサードリンク

 

髪の生え変わりが原因

この生え変わりが始まると、本来は少しずつ抜けて生え変わっていくはずの髪の毛が一斉に抜け落ちるので、びっくりしてしまいますよね。

赤ちゃんの抜け毛が多くなり心配するのはだいたい2~6ヶ月頃ではないでしょうか。

赤ちゃんの髪の毛は遅くても6ヶ月頃までにごっそり生え変わると考えられています。

 

乳児期後頭部脱毛

生後間もない赤ちゃんの後頭部を見てみると、そこだけ毛がなくなっている…ということはありませんか?

これを「乳児期後頭部脱毛」といいます。

こすれることによる摩擦が原因

おもな原因は、ベッドで長時間寝ていたり、頭を左右に振っていることです。

生後2~6ヶ月頃の赤ちゃんによく見られますが、こちらも心配いりません。

赤ちゃんがしっかりと頭を動かしている証拠ですので、成長過程では仕方のない抜け毛と言えます。

 

ドーナツ型枕で対策

どうしても気になる場合はドーナツ型の枕を使うなどして後頭部の摩擦を和らげてあげましょう。

後頭部以外の毛は長く伸びることもあるため、あえて坊主にするのも可愛いですよ!

様々な理由で抜け毛などがあるようです。

抜け毛などが多いと親としては心配になります。

生れた時点で生えている髪の毛は半年くらいまでに、全て生え変わってしまうということを知ると抜け毛に対しての心配の仕方も少し変わってきますね。

枕を工夫することで、対応ができるものもあります。

赤ちゃんの状況を良く観察し、その状況にあった枕などで対応していくことで徐々に改善していく場合もあります。

まずは良く観察してみてください。

赤ちゃんの髪の毛が薄い原因や対処方法は?

生まれて間もない赤ちゃんの髪の毛が薄いのは、まだしっかりとした髪に生え替わる前の、産毛の状態であることが要因です。

 

 

ママやパパの遺伝子を受け継いで、髪の毛が薄い・濃いという場合もありますが、赤ちゃんの場合は、生まれたときの髪の状態がずっと続くわけではありません。

スポンサードリンク

産毛はいずれ生え替わるので、そのタイミングで髪質や毛量が変化することもあります。

赤ちゃんの髪の毛が薄いか濃いかは個人差がありますが、そこに優劣があるわけではないので、心配せずに見守りましょう。

生れてから間もなくは、それぞれの赤ちゃんで様々な差が生じています。

髪の毛もそうです。

薄い子どももいれは、濃い子どももいます。

大人以上に差が激しいということを知っておくと良いですね。

赤ちゃんの髪の毛が多い原因は?

赤ちゃんの髪の毛が多いのは、もちろん正常範囲

お母さんが妊娠中に胸焼けを起こすとふさふさの髪の毛の赤ちゃんが生まれると言われています。

あるお母さんは、9ヶ月を過ぎてから胸焼けを起こし、胸焼けを和らげる効果があるというパイナップルをたくさん食べ、しっかりと黒い毛の生えた赤ちゃんを出産したそうです。

まつ毛も濃く、黒い体毛も全身に生えていました。

 

未熟児など一部の赤ちゃんでは、産毛が抜けないまま生まれますが、2、3週間で生え変わることが多いと言います。

髪の毛の量の多い、少ないということは、個人差が大きいということを書きました。

稀に病気だということもあります。

赤ちゃんの様子をよく観察しておきたいものです。

赤ちゃんが毛深い原因は遺伝?病気?

産毛は、胎脂が赤ちゃんの体からはがれないようにするのに必要なため、生まれたばかりの赤ちゃんが毛深いのは当たり前なのです。

胎脂とは、赤ちゃんが産まれたばかりの時に体につけていた、あの白い脂のようなもの。

胎脂はお腹の中にいる赤ちゃんの肌を、様々な刺激から守るために大切なものなのです。

赤ちゃんの毛深さには個人差がありますが、毛深いことは珍しいことではないんですよ。

赤ちゃんがママのお腹の中で順調に成長していた証拠なので心配しないでくださいね。

髪の毛には、赤ちゃんの体を付いている油を守る役割があるのだそうです。

きれいにしようと思うあまり、強くゴシゴシと擦り過ぎるのも良くないのですね。

赤ちゃんの肌は繊細な部分も多いです。

大事にしていきたいですね。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.