赤ちゃんバスタオル洗濯は?何枚必要?オススメは正方形?

Pocket

赤ちゃんのバスタオルのおすすめや人気は?

病院での出産時や退院後の沐浴後、ブランケット、おくるみの替わりなど、タオルを赤ちゃんに使用する機会は、意外とたくさんあります。

スポンサードリンク

汗っかきの赤ちゃんでも安心な、吸収性の高いガーゼタイプ、お風呂上りにさっと包み込む事が出来るバスローブタイプ、また、おくるみとしても使用できるタイプや、色々使い勝手の良い正方形タイプなど、赤ちゃんのために作られたバスタオルには様々な種類のものがあります。

赤ちゃん向けのバスタオルは、多種多様なものが販売されています。

大事にしたいのが「機能性」です。

赤ちゃんのデリケートな肌に直接触れる機会の多いバスタオルだからこそ、きちんと考えてあげて、吸汗性の良いものや肌触りの良いものを選ぶと良いですね。

バスタオルは正方形が便利?

おくるみのように包み込める正方形は、お風呂上りの赤ちゃんをすっぽりと包むことができてとても便利。

長方形のバスタオルは、布団の上に敷いたり、肌掛けにしたりとオールマイティーに使えます。

大人が一般的に使うバスタオルは長方形が一般的です。

使い方次第ではありますが、何枚かは、あった方が良さそうですね。

赤ちゃん用として使う場合は、長方形の他に正方形も便利です。

バスタオルは何枚くらい必要?

平均的には、厚手のバスタオルは2~4枚。

最低でも2枚は準備しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

厚手のバスタオルは、赤ちゃんの体を拭くときに使いますが、それ以外の活用法もあるので、何枚あってもよいもの。

敷き布団のカバーとして

寝汗やおむつもれなどで汚れることもしばしばあります。

おくるみがわりとして

外出時の膝掛けやおむつ替えのしきものに

バスタオルは後からも使えるものなので、多めにある方が良いと思います。

肌触りが良くてシンプルなバスタオルが、長く使うこともできておすすめですよ。

色々と代用も出来ますね。

季節によっては、洗濯物の乾きの悪いこともありますので、薄手や厚手なども準備しておくと使い分けが出来て便利ですね。

バスタオルの洗濯の頻度などは?

2ヶ月頃までは 大人と分けて洗濯してました 毎日毎回といった感じです

今でも 1回使ったら洗濯してます

今は 大人と一緒に洗って 柔軟剤まで普通に入れてます^^;

大人のバスタオルも一人に1枚で 毎日洗濯です

赤ちゃんの洗濯物は、新生児期や大人用の新品の服を洗うときは分けた方が良いかもしれませんね。

大人の新品の衣類には、加工に使われているホルムアルデヒドが付着している可能性があり、肌の炎症や湿疹の原因になってしまう恐れがあります。

ホルムアルデヒドは他の衣類から移りやすく、水に溶けやすい性質があるので、分けて洗うことで付着を防止することができます。

生後24ヶ月以内のベビー用品にはホルムアルデヒドの厳しい基準が設けられていますが、生後1歳を過ぎるまでは個包装された衣類を購入し、抵抗力がある程度つくまでは大人用の服とは別に洗うようにすると安心ですよ。

洗濯の頻度は人によってまちまちなのですが、赤ちゃんが綺麗で、気持ちのよいバスタオルや衣服を使えるように心掛けたいものです。

大人用と赤ちゃん用を一緒に洗うのかということも、あまりに神経質になる必要はありません。

大人用の衣服に付くホルムアルデヒドが気になる場合は、できる範囲でやっていくと良いのだと思います。

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.