赤ちゃんの中耳炎の症状や原因、見分け方は?お風呂は大丈夫?

Pocket

・鼻水が黄色っぽい

・熱がある

・耳の奥が痛い

・耳だれがある

・耳の聞こえが悪い

・機嫌が悪い

・夜泣きがある

・手を耳によく持って行く

・おっぱいやミルクを飲まなくなる

などという症状が見られた場合は中耳炎を疑いましょう。

赤ちゃんは自分から痛い!と言えません。生後6ヶ月頃から中耳炎にかかる子がいるようです。

中耳炎は就学前のほとんどの子が発症する病気なので、”中耳炎かも?”と疑う症状が出たらすぐに病院へ連れて行きましょう!

赤ちゃんの中耳炎の原因は?

赤ちゃんが中耳炎になりやすい原因は主に2つあります。

ひとつは耳の構造です。赤ちゃんは耳と鼻をつなぐ管が大人より短く、水平に近い構造になっているため、中耳にウイルス・菌が入りやすいのです。

もうひとつの原因は免疫力です。赤ちゃんは免疫力が低いので、風邪をこじらせやすく、中耳炎になりやすいのです。

生まれた直後はまだ母親から受け継いだ免疫力が効いて病気にかかりやすいのですが、特に生後6ヶ月頃にはその効力も切れて、風邪などを引きやすくなります。

中耳炎になる原因は主に風邪からくるようです。

おっぱいをいつまで飲ませているかにもよりますが、大体生後6ヶ月頃から免疫がなくなってきて、風邪や流行のウイルスに掛かりやすくなるので気をつけて見てあげましょう。

また赤ちゃんの熱が3日以上続いたり、耳をよく触っていたり、耳だれが出ている時は中耳炎の可能性があるので、特にシーツにつく位ベットリしているのは、かなりの確率で中耳炎と疑っていいので、すぐに病院を受診しましょうね!

中耳炎の見分け方は?

①風邪症状がなかなか治らない

スポンサードリンク

風邪で治療を受けているにもかかわらず、鼻水が治まらず、37.5℃以上の熱が3日以上続く場合は中耳炎の可能性があります。

 ②機嫌が悪く、ぐずっている、しきりに耳を気にする、触ったり、引っ張る

中耳炎は激しい痛みを伴うことが多いのですが、その耳の痛みに対する不快感を、赤ちゃんは上記の行動で訴える可能性があります。

 ③耳だれが出ている

症状が進むと、鼓膜が破れて黄色のドロッとした膿(うみ)が耳から出ていたり、耳元で固まっていることがあります。

 そして、この他にも頭を左右に振る、痛みがひどく眠れず夜泣きをすることもあるようです。

赤ちゃんは言葉を喋れないので、中耳炎と見分けるサインがあるので、見逃さないように注意して見てましょうね。

またママの声かけに反応が乏しい時は注意が必要なようです。

放っておくと難聴や重大な病気に発展してしまうので、すぐに小児科な耳鼻科を受診しましょう◎

中耳炎でお風呂は大丈夫?

以下のような場合はお風呂に入るのを控えておきましょう。

 ①鼓膜に穴が開いてしまっている時

中耳炎がかなり進行してしまうと、鼓膜が破れてしまって膿が出てしまう可能性があります。

その状態でお風呂に入ってしまうと、そこから菌が入ってしまって症状が悪化する恐れがあるので、お風呂は控えましょう。

 ②炎症がかなり強く出ている時

中耳炎の炎症がかなり強く出てしまっている時は、体が温まっていくことで、浸出液が出やすくなってしまって症状悪化に繋がるので、お風呂は控えるようにした方が良いとされています。

 ③熱を出してしまっている時

中耳炎になってしまった原因が風邪だった場合、もしかしたら赤ちゃんも熱が出ている可能性はあります。

赤ちゃんが中耳炎になった時はこれらの症状が出た時は、お風呂に入れるのはやめましょう。

この症状が出ていなくてもお風呂に入れるのをためらう時は1日位なら入れなくてもいいと思いますよ^^

暖かいタオルで体を拭いてあげるのでもいいと思います◎

もしも不安なら受診した際、先生にお風呂を入れて大丈夫か聞くとまた安心するかもしれませんね♬♪

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です