赤ちゃんの中耳炎は熱は出る?耳だれや切開について

Pocket

急性中耳炎の症状

通常、風邪の症状に続いて、鼻水、喉の痛み、咳が出るようになり、やがて耳が詰まっている感じや痛みが現れます。

乳幼児の場合、39℃以上の熱が出ることもあります。

 

スポンサードリンク

滲出性中耳炎の症状

滲出性中耳炎の主な症状は、難聴と耳の閉塞感です。急性中耳炎と違って耳の痛みや発熱といった症状がほとんどないため、赤ちゃんや子供の場合、発見が遅れることもあります。

子供の中耳炎は2つに分けられるようです。

急性中耳炎の場合、症状も分かりやすく熱も出るので見分けやすいですが、滲出性中耳炎の場合、熱もなく耳の痛みがないため発見が遅れやすいそうです。

耳をよく触っていたり、声を掛けても反応が乏しい時や耳だれの症状があった時は、すぐに耳鼻科を受診しましょう。

中耳炎は耳だれする?

・赤ちゃんの耳に黄色い液体がついている

・耳にカピカピした黄色いものがついている

・赤ちゃんの耳から臭いがする

そんなの時は赤ちゃんに耳だれが起きている可能性があります。

耳だれの原因に中耳炎があります。

中耳炎の怖いところは重度になると難聴の危険性があることです。

赤ちゃんに中耳炎の症状が見られたら早めに病院へ行くようにしてくださいね。

スポンサードリンク

中耳炎の症状

発熱、耳の奥が痛くなる、耳垂れ、難聴などがあります。

赤ちゃんが、耳をいじる・機嫌が悪い・微熱が続くなどの症状も伴う場合は、病院を受診しましょう。

中耳炎は赤ちゃんの病気でよくある病気と思われがちですが、中耳炎かもと疑う症状が出ている場合は直ちに耳鼻科を受診してください。

中耳炎は侮ってはいけない、放っておくと難聴や大変な事になってしまう病気ですよ!

中耳炎の切開について

切開と言っても、メスで切るというような手術というイメージではなく、針で穴をあける、という感じです。

一瞬ですよ。鼓膜の穴は自然とふさがります。

先生によっても、なかなか切開はしない方針だったり、切開して早く膿を出した方がいいという方針だったり、いろいろなので、よく相談してみてくださいね。

鼓膜切開は、中耳炎の症状や痛みをすぐによくするために行うもので、怖いものではありません。

切開した方が、自然な治りを待つより早いことが多いです。

切開するもしないも、先生の方針次第なようです。

切開する前にもちろん麻酔をするそうですが、麻酔をしたからって全く痛くないなんて事はなく、やっぱり痛いそうです。

小さな赤ちゃんに、そんな可哀想な思いさせたなくないですよね。

なので中耳炎は放っておくと、膿が溜まり切開するはめになる事もあります。

いつもと何か様子が違う時は病院を受診するのが何もなくても安心するし、また中耳炎の場合は小児科では気付いてくれない事もあるようです。

耳をやたら触ったり、中耳炎の時の症状と当てはまる時は耳鼻科を受診しましょう!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です