赤ちゃんの目やにの取り方は?鼻水も出る、熱もある?

Pocket

赤ちゃんの目やにの取り方は?

無理やりこすり取らない

赤ちゃんの皮膚はとっても繊細。特に目の周りは強く触るとすぐに痕になってしまうので、カピカピに乾いた目やになんかは無理やり取り除こうとしないことがケアの基本になります。

 

 

スポンサードリンク

 

目やにがふやけた時に取り除く

目やには意外にも頑固で粘着質もあります。

目やにを取ってあげたい時には、柔らかいガーゼをぬるま湯にひたしてから目やにそっと当ててやわらかくなるまで待ちましょう。

 

ガーゼは、一回一回清潔な部分を使う

ウイルス性の目やにが片目だけに出ていたとしても、その目を拭いたガーゼでもう片方の目を触ったら問題の無かった目も目やにが出てきてしまいます。

赤ちゃんの目やにを取ろうとして、大泣きされることがあります。

きっと以前、同様なことをして痛かったなどの経験があるからなのでしょう。

目やにを取る時には慎重にやることが大事でしょう。

 

赤ちゃんが目やにで鼻水も出る?

何故赤ちゃんは鼻水の症状が出ていると目やにが大量にでてしまうのでしょうか。

それは、ずばり鼻水のせいです。
赤ちゃんの体の構造は鼻と目が近くなっています。

スポンサードリンク

本来鼻からでるはずの鼻水が目から逆流してしまっているために、大量の目やにとなってしまうのです。

鼻水と目やには関係があります。

目と鼻に関係があり、出し切れていない鼻水が目やにとして出てくることがあるということです。

こういった場合、原因である鼻水を対処する必要があります。

医師の診断を受け、薬を処方してもらうのが良いでしょう。

 

赤ちゃんが目やにで熱もある?

咽頭結膜熱(プール熱)(主にアデノウイルス3・4型)

発熱・のどの痛み、眼の充血、目やになどの症状が出ます。熱は1日の間に39℃~40℃の高熱と37~38℃前後の微熱の間を上がったり下がったりが、4~5日ほど続きます。

 

その間、頭痛、腹痛や下痢を伴うこともあります。

しばしば耳介前部および頸部のリンパ節が腫れます。

また、眼の痛みや充血、目やにが出たりもします。

特に夏にはプールで感染が広がるので、“プール熱”とも呼ばれています。

目やにと熱の関連がある場合もあります。

一般的に「プール熱」と言われる「咽頭結膜熱」にかかると目やにと発熱が同時に出ることがあります。

幼稚園・保育園・スイミングスクールなどで流行し、かかってしまうこともあります。

また、兄弟がいる場合、その子が園などから病気をもらってきてしまい、それが赤ちゃんにうつるということがよくあります。

兄姉が園などからうつる病気をもらってきてしまった場合は、しっかりと消毒する等の対応をすることが求められます。

赤ちゃんは幼児と比べ、自分で症状などを説明できないことや体が十分に成長していないことなどから症状が重くなり、子どもも親も大変になることがあります。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です