赤ちゃん用の体温計は必要?おでこ式、耳式?嫌がる時は?

Pocket

赤ちゃん用の体温計は必要?

 

赤ちゃんの体温を測るのは意外と骨の折れる作業ですよね。

そんな子育てママ向けの赤ちゃん用の体温計を見ていきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの体温を測るのは大変です。赤ちゃんは服を脱がされるのが苦手なので、脇に体温計を挟もうと服を開けると泣いて身をよじったりします。

また嫌がらない子でも、体温計に興味津々で触ったり引き抜こうとしたり。検温に時間がかかる体温計だと、正確に測る前にエラーになる、なんてことも…。

 

体温計には大きく分けて2つのタイプがあり、検温時間はかかるけれど正確な電子体温計と、検温時間は短いけれど誤差が出やすい赤外線式体温計があります。

脇に挟むタイプは電子体温計、おでこや耳などで測るタイプは赤外線式体温計が多いので、シーンや赤ちゃんの性格などと合わせて選んでみて下さい。

赤ちゃん用の体温計はあった方が良いと思います。

記事にもあるように、赤ちゃんの体温を測るのは大変な場合もあります。

大人用の体温計よりも、より赤ちゃんにとって使いやすく作られている体温計の方がスムーズに測ることができます。

赤ちゃんの体温計は、おでこ式、耳式?

 

赤ちゃん用体温計に求めるのは重要なのは、正確性と速さではないでしょうか。

両方いっぺんに。といきたいところですが、なかなかそうもいきません。

最近は正確さも速さも備えたものが増えていますが、それでもどちらを重視するかは考えないとなりません。

 

正確性に測りたいなら「予測式電子体温計」

大人であらば誰もが使ったことのある、脇に挟んで使用する体温計を「電子体温計」といいます。先端に取り付けられたセンサーが体温をとらえ、デジタルで表示します。

電子体温計には2つの種類があり、体温上昇をそのまま実測する「実測式体温計」と、短時間で予測値を演算する「予測式体温計」に分かれます。

スポンサードリンク

実測式に関しては検温に10分ほどかかるものが多い一方で、予測式は早いものであれば20秒ほどで検温可能です。

予測式体温計でも十分に正確な検温が可能ですので、赤ちゃん用体温計に高い正確性を求める方であれば「予測式体温計」がおすすめです。

 

すぐに測りたいなら「赤外線式体温計」

 

耳に差し込むものやおでこに当てるものが多く、身体や皮膚表面から放射される赤外線量を接触部のセンサーが測定することで検温することができます。

速いものでは1秒で検温可能というものもあります。脇に挟むタイプと違い服を脱がせる必要がなく、よく動く赤ちゃんや忙しいお母さんに向いています。

しかし、電子体温計に比べるとやや精度が落ちることと、おでこで測るものは発熱時におでこを冷やしていると正確な検温ができな場合があることにご注意ください。

「おでこ式」「耳式」など計測の方法の違いなどから様々な体温計が市販されています。

非接触式は短時間で測ることができるというメリットがあります。

しかし、正確さに難があるというデメリットもあります。

赤ちゃんが体温計を嫌がる時は?

おとなしく体温を測らせてくれる赤ちゃんの方が珍しいのではないでしょうか?^^;

まずおすすめするのは、やはり短時間で測ることのできるタイプの体温計の使用です。

 

遊びを取り入れる

子供が検温を嫌がる理由の一つは、「拘束される」ことにあります。

たとえ、それがお母さんの膝の上であっても、身体を押さえられ、自由に動けないと言うことに反発をしています。

そのため、検温をする際、遊びを取り入れてあげると良いでしょう。

たとえば、手を使った遊び歌があります。

そして、膝の上に子供を乗せる「バスごっこ」。

検温の時間は“拘束”ではなく、“楽しい”時間なのだと感じさせてあげましょう。

体温を測ることだけでないですが、赤ちゃんが嫌がることを、遊びながらやってしまうという方法があります。

赤ちゃんが嫌だという思いを忘れてしまうように上手に遊びを取り入れてみてください。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です