赤ちゃんの便秘で病院に行く目安は?マッサージや砂糖水、オリゴ糖が効く?

Pocket

便秘で病院に行く目安は何日?

赤ちゃんの便秘は割とよくある不調のひとつです。特に離乳食が始まると、一度は赤ちゃんの便秘に悩まされるのではないでしょうか?

「一週間以上出ていない」といった状態ならば、大人でも調子が悪くなります。

赤ちゃんの便秘が続いているならば、病院受診を検討する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

便秘というのは、何日出ていないから便秘だという定義はなく、その時の赤ちゃんの様子が重要なポイントとなります。

便秘というと、受診をためらいがちなところですが、期間の目安としては1週間位、様子としては赤ちゃんが苦しそうなのであれば、たかが便秘だと思わずに、念のため早めに受診してあげて下さいね。具体的に様子がおかしいと判断出来るような症状が以下です。

● 機嫌が悪く、お腹が張っている

● 食欲がない、口にしたものを吐いてしまう

● うんちをするとき痛がって泣いてしまう

口から入る食べ物が「入口」ならば、肛門から出るうんちは「出口」です。

これらはどちらも大事で、両者のバランスが取れていることが必要になります。

そのバランスが崩れたらやはり対応が必要で、あまり問題が大きくなる前に専門機関に診てもらうと良いと思います。

便秘のマッサージ方法は?

“の”の字マッサージ

やり方
赤ちゃんのおへそを中心に、ママの手のひらで時計回りに“の”という文字をかくようにマッサージします。

血行が良くなっているお風呂上りにやってあげると、腸への刺激も伝わりやすく効果もアップします。

5本指マッサージ

やり方

  1. 赤ちゃんのおなかを包み込むようにママの右手のひらを置きます。
  2. そのまま親指から1本ずつゆっくり押すように力を入れていきます。この時もママの手はあたたかい状態で行ってください。

自転車こぎ体操

やり方

  1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせます
  2. 両足を持ちゆっくりと片足だけ曲げ、ゆっくりと伸ばしてあげます
  3. 2を左右交互に繰り返します

家でできるマッサージなどがあります。

体の調子には、精神的な面も大きく影響を与えることがあります。

マッサージを優しくしてあげながら、親子でスキンシップを取ると良いと思います。

スポンサードリンク

便秘に砂糖水が効く?作り方は?

赤ちゃんは自分で運動することもできず、排便に必要な腹筋も未発達なため、便秘になりやすいです。

ひどい便秘になると、お腹が張って苦しいため、赤ちゃんの機嫌や具合まで悪くなってしまいます。

「最近排便の回数が少ないかな?」と思ったら、ひどくならないように、早めの対策が必要でしょう。

砂糖水が効くの?

糖分を含む食品には、腸内の便を柔らかくする効果があります。

そのため赤ちゃんの未発達なぜん動運動(腸の動き)でも、うんちを押し出しやすくなるのです。

また、便秘対策には水分摂取も欠かせませんが、砂糖水を摂取することで効果的に便秘の改善・予防ができるのです。

砂糖水の作り方は?

砂糖を水に溶かすだけなので、手軽ですし、赤ちゃんにも安心です。

砂糖水の濃度が濃すぎると、下痢を招いてしまったり、腸内の悪玉菌を増やしたり、赤ちゃんの体に良くないと言われているため、適切な濃度の砂糖水を作ってあげることが必要でしょう。

マッサージは外部からの刺激ですが、砂糖水は内部からの刺激です。

糖分を含む食品には、腸内の便を柔らかくする効果があるとされています。

糖分と水分を一度の摂ることのできる砂糖水はとてもありがたいものです。

砂糖の割合は、5%ほどが望ましいとされています。

5%というと、ほんのり甘い程度です。

甘すぎないように気をつけてあげましょう。

便秘にオリゴ糖も効く?

オリゴ糖って?

腸内の善玉菌のご飯になり善玉菌を活性化して便秘解消の力になります

オリゴ糖を摂取出来る年齢も、薬ではないので生後1ヶ月から飲ませても大丈夫です

病院で浣腸やマルツエキスなど、1時的な解消法をするなら、赤ちゃんのためにも、自然にでるように改善できるオリゴ糖がおすすめです。

糖分の中でも特にオリゴ糖は、腸内の善玉菌のご飯になり、腸内の善玉菌を活性化させるそうです。

上で取り上げた砂糖水同様、赤ちゃんにも与えやすいものです。



スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.