赤ちゃんの耳垢が黄色?茶色、黒い原因や対策は?

Pocket

耳垢が黄色い?原因や対策は?

 

赤ちゃんの耳垢は、けっこう大きな塊として出ることがあり、耳の小ささと比較すると、本当に耳垢?と、とてもビックリしてしまいますよね。

小さいうちは、新陳代謝がとても活発なので、老廃物がどんどん排出されて固まって、大きな塊となります。

それが、ちょっとしたきっかけで、ポロッと耳から出てくるんです。

 

スポンサードリンク

 

この時に注意したいのが、もっと奥に詰まっているのではないか?と思って耳を必要以上に掃除して耳を傷つけてしまうことです。

耳掃除をしないからといって、耳垢が詰まりすぎてふさがってしまう事はありませんから、必要以上に耳の中を掃除しないでください。

耳にはもともと自浄作用が備わっているので、耳垢を自然に外側へ排出するように働いているそうです。

ですから、耳の中を掃除するよりも耳の穴から出ている部分を優しくふき取るだけでいいのです。

赤ちゃんは体は小さいのですが、それと比べると随分と大きな耳垢が取れることがあります。

それは、赤ちゃんの体が新陳代謝が激しいということと関連しています。

古くなった皮脂が多く出されることなどによって、そういった状態なっています。

注意することが「つい取り過ぎてしまう」ことです。

耳を傷めてしまう可能性もありますので、無理は禁物です。

耳の奥の方に関しては、耳鼻科などの専門機関で定期的に対応してもらうことが望ましいです。

 

耳垢が茶色い原因や対策は?

黄色っぽい耳垢が普通ですが、赤ちゃんや乳幼児の耳垢は、黄色いだけではなくて、茶色っぽい耳垢も、ごくごく当たり前なんですよ。

赤ちゃんや小さな子供は大人よりも新陳代謝が活発なので、濃い黄色から茶色っぽい耳垢が出る事は正常なのですよ

うちは、生後半年を過ぎた夏になって、子供が、雑巾のような臭いがして、くんくんすると、耳からの臭さに気づき、耳鼻科へ行きました。

スポンサードリンク

それまでは、怖いので入り口近くの掃除しかしていなく、気が付きませんでしたが、耳鼻科で見てもらうと、ごっそり、こげ茶色の耳垢が出てきてびっくりしました。

産院で出してもらうべきものだったと言われました。

耳鼻科では、小さい時は、ベットに横にさせて、押さえつけて耳掃除し、かわいそうな、大変そうな気もしますが、外耳道が、まだ狭く耳垢が出にくいとの事で、定期的に来るよう言われました。

聞こえにも影響あるようです。

茶色い耳垢は基本的に黄色のもと大きくは変わらないようです。

長い期間が経つと、黄色のもが色が濃くなり、茶色っぽくなるようです。

 

耳垢が黒い原因や対策は?

赤ちゃんの耳からは、見たこともないような黒い塊の耳垢がでてくることがあります。

大人の耳からは出てこないため、びっくりして病気の心配をしてしまいますよね。

この黒い塊りは、なんと赤ちゃんがお腹の中にいた時の羊水が耳に入って残っていたものだそうです。

無理に取り除こうとしなくても、自然にポロッと耳からでてくるようですし、心配はいりません。

 

息子は生後3週間目で初めて塊が出てきて、生後2か月になった今でもたまに出てくるので、いつからいつまでという決まった期間はないようです。

ただやっぱり不安だったので、検診の時にお医者さんに相談してみました。

「羊水ではなく、本当は重大な病気かも・・・」という思いが消えなかったからです。

するとお医者さんは、「羊水が固まって出てきたものなので心配ないですよ。

最初見た時はびっくりしますよね。それで病院にいらっしゃる方も多いんですよ~」とのことでした。

もしあのままひとりでパニックが続いていたら、私もすぐさま病院に駆け込んでいたかもしれません。

今になれば、そんな大袈裟な!と笑ってしまうことなのですが・・・。

黒い耳垢が赤ちゃんが母親のお腹の中にいた時の名残だと聞くと不思議な感じがしますね。

産まれた直後でなく、しばらく経ってからも、黒い耳垢が出ることがあるそうです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です