赤ちゃんの耳垢が湿ってる?ベタべタの原因は?かたまりやごっそりは病気?

Pocket

耳垢が湿ってる原因は?

赤ちゃんの耳垢が溜まっていることはよくありますが、カサカサな筈の耳垢がベタベタして湿っているとびっくりしますよね。

原因はいくつか考えられますが、基本的に過度に心配する必要はなさそうです。

代表的な原因を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

よだれやミルクが耳に入る

赤ちゃんは仰向けになっている時間が長く、涙やよだれが耳の中に入りやすくなっています。

また、授乳中や授乳後に、口に入っているミルクや母乳がこぼれ出て、耳に流れ込むと、耳垢がベタベタになり、湿っているように見えるのです。

 

向き癖で耳が蒸れる

向き癖で赤ちゃんがいつも同じ方向ばかり見ていると、下になったほうの耳は常にフタをされているような状態になります。

こうなると、耳の中が蒸れて耳垢も湿ってしまいます。

 

耳垢が湿っている原因は、上に書かれているようなものであることが多いです。

多くの場合は、心配することのないものです。

ただし、何かの重大な病気であることも無い訳ではないので、しっかりと観察することが大事です。

 

耳垢がベタベタの原因は?

もともとの体質

体質によって、耳垢が乾いているタイプと湿っているタイプに分かれます。

日本人は乾いているタイプが多いのですが、耳垢が湿った体質で生まれてくる赤ちゃんもいます。

 

中耳炎

耳垢が湿っていて、耳の中から黄色い液体(耳だれ)が出てきたら、中耳炎にかかっている可能性があります。

中耳炎とは、鼓膜と内耳の間にある中耳が、細菌やウイルスの侵入により炎症を起こしている状態のことです。

 

中耳炎は、その後の耳の聞こえ方に影響を与える場合があります。

風邪とセットで発症しやすく、耳だれや発熱、耳の痛みといった症状も現れます。

赤ちゃんの様子を見て、中耳炎が疑われるようであれば、早めに医師の診断を受け、適切な処置をしてもらうことが大切です。

スポンサードリンク

 

耳垢のかたまりは病気?大丈夫?

下の子ちゃんの耳の中からものすごい耳垢の固まりが出てきました。

生まれた時から、普段の耳掃除は耳の入り口をお風呂上りに綿棒で軽くふき取るだけ。

耳鼻科のお医者さんが子供の耳かきは必要なし、耳垢はたまったら外側に出てくるものだから、とおっしゃっていたので、その言葉どおりにしていました。

これがずるりと出てきた時には、あまりの巨大さに目が点でした。

 

赤ちゃんは、体の割には大きな耳垢が取れたりします。

それは、赤ちゃんが大人よりも新陳代謝が盛んなことが影響しています。

はがれた皮脂などが固まったものが大きくなったものです。

 

耳垢ごっそりは病気?大丈夫?

赤ちゃんの耳掃除は耳鼻科で

すごいたくさんの耳垢が取れましたけど、これは自分ではちょっと無理だと思います。

というか、自分でやるのはかなり危険です!

のぞいても見えないような場所に垢が溜まってるので、無理して取ろうとすると耳の中を傷つけちゃう危険性が高いです。

耳鼻科での耳掃除は、まず息子を先生と対面になるように私の膝に座らせて、私がギュッと両手を固定します。

さらに看護師さん2人が足と顔の向きを固定して、暴れて耳の中が傷つかないようにしながら綺麗にしてもらいました。

先生曰く、耳掃除は特にする必要はないけど、気になるなら病院に来てくださいとのことでした。

うちでは風邪で来院した時についでに掃除してるんで、耳掃除だけでこなくても大丈夫なくらいです、だそうです。

 

大きな耳垢自体が病気などではありません。

しかし、注意することが2つあります。

1つ目は、親が無理に取ろうとして、赤ちゃんの耳を傷めてしまうことです。

赤ちゃんはふいに動き出すこともあります。

耳の中の皮膚を傷めたり、場合によっては鼓膜を痛めてしまったりすることがあります。

2つ目は、耳垢が詰まることによって、音の聞こえなどが悪くなることがあるというものです。

赤ちゃんの耳の穴は小さいもので、それが詰まってしまうと、音が聞こえにくくなってしまうというものです。

注意してください。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です