赤ちゃんの耳掃除、耳かきを嫌がる、泣く時は?鼓膜が破れる?血が出たら?

Pocket

赤ちゃんが耳掃除をいやがる時は?

子供が耳掃除を嫌がるとじっとしていられず、手を動かしてしまわないか心配ですよね。

子供の手がサッと出ない安全な状況を作ってから、耳掃除をしましょう。

スポンサードリンク

3歳以下の小さな子なら、バスタオルやタオルケットで体をぐるっとまき、手足が動きにくい状態を作って耳掃除をすると安全に行えます。

それよりも大きな子であれば、大好きなお人形やぬいぐるみなどを持たせて、そちらへ意識を集中させるようにしながら、そっと耳掃除を行いましょう。

パパの膝の上でテレビを見たり、本の読み聞かせをしているすきに、ママがさっと耳掃除…という連係プレーも有効ですよ。

親としては、耳の中をきれいにし、清潔な状態を保つために積極的に耳掃除をしたいという気持ちともし怪我などがあったら嫌なのであまりやりたくないという消極的な気持ちの両方の気持ちが交錯しますね。

子どもが暴れるなどの状態であったら、無理はしない方が良いと思います。

子どもが動いたことで、綿棒などが奥まで入ってしまい、鼓膜などを傷つけるという怪我が最も多いようです。

赤ちゃんが耳掃除で泣く時は?

耳掃除をしよう!と決めると、何が何でも今やってしまおうと思ってはいませんか?

しかしこれってすごく危険なことですよね・・。

大泣きするってことは相当痛いのかもしれないし、いくら押さえつけてても、赤ちゃんが暴れたときに耳に傷をつけてしまい、そこから外耳炎になってしまうこともあります。

また鼓膜を傷つけてしまったなんていう話もよく聞きます。

そんな危険をおかしてまで、果たして今やる必要があるのかどうか・・。

冷静になると、そんなことはないってわかりますよね。

先程も書きましたが、無理をしてまで嫌がる子どもに対して、耳掃除などを行う必要はないと思います。今すぐ掃除しないと耳が聞こえなくなってしまう、、なんて訳ではないので、無理せず病院にいった方がいいですよね。

嫌がっている状態では、暴れたり、泣いたりということも十分あり得るので、怪我のリスクが非常に高まります。

無理は禁物ですね。

赤ちゃんが耳掃除で鼓膜が破れる?

スポンサードリンク

破れたことはないのですが、うちの子は中耳炎で鼓膜切開の経験があります。

麻酔を染み込ませた綿を入れてからの切開でしたが、今まで見たこともないくらいの激しい泣き方をされました。

いつもより激しく泣くのなら鼓膜が傷ついた可能性もあると思います。

綿棒での耳掃除は見える範囲の本当に入り口だけを掃除するに留めた方がいいようです。

耳鼻科医には「耳掃除はタオルなどで入り口をぬぐうだけにして、定期的(3・4ヶ月くらい)に耳鼻科で掃除してもらうように」と言われました。

親が綿棒などで行う耳掃除は、見える範囲に留めておくが安全で良い様です。

奥に行けば行くほど、怪我のリスクが高まります。

耳垢などは、耳鼻科に行った時に取ってもらうことが出来ます。

耳掃除で赤ちゃんがいつもと違う泣き方をしたりした場合は、鼓膜などを傷付けてしまった可能性もありますので、速やかに病院に連れていってあげた方がいいですね。

赤ちゃんの耳掃除で血が出た時は?

外耳道炎

  • 耳だれが出ている場合は、外耳道に綿球を当て、耳だれが耳の外に垂れないようする
  • 耳を爪でかかない
  • 耳が熱く感じる場合は、冷たいタオルで耳を冷やす

急性中耳炎

  • 耳だれが出ている場合は、外耳道に綿球を当て、耳だれが耳の外に垂れないようする
  • 入浴は軽く入る程度にし、外耳道に水が入らないように気をつける
  • 耳が痛いときは、耳の周りを軽く冷やす

慢性中耳炎

  • 耳だれが出ている場合は、外耳道に綿球を当て、耳だれが耳の外に垂れないようする
  • 聞こえが悪ければ、聞こえの良い方の耳から話し声が入るように、座る位置を工夫する
  • 入浴は軽く入る程度にして、外耳道に水が入らないように気をつける

外傷性鼓膜穿孔

  • 耳に水が入らないように、入浴時は外耳道に綿球を当てる
  • 耳かきはしないようにする

何が原因なのかが自分で分かる状況の時は対応の指示に従うことが大事でしょう。

耳から血が出ているけれども原因が分からない時は、なるべく動かさないようにして、出来るだけ早く医師の診断を受けた方が良いでしょう。

鼓膜などに損傷がある場合は、聞こえにくさなどの後遺症が残る場合もあります。

対応は慎重にしたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.