赤ちゃん療育とは何か?言葉が遅いのに効果 ?2歳からの内容や必要性は?

Pocket

療育とは何か?意味や定義は?

障害のある子供が社会的自立を促す手助けをする為の教育や治療のことを療育と言います。

生活への不自由をなくすよう専門的な教育支援プログラムに則り、言葉や身体機能など発達に遅れの見られるお子さまについてトレーニングをしていこうとするものであり、お子さまが生活しやすくなるように外部からサポートすることです。

 

スポンサードリンク

それは早い段階からきちんとした治療と教育をおこなえば、適応障害のない状態で成長することが可能です。

『療育』とは障害のある子が治療や教育をして、社会的に自立出来るようにサポートするようです。子供の障害の発達段階に合わせて行うことが大切です。

また早期に発見出来る事が出来れば、早い段階で生活に必要な分野を集中的に『早期療育』することで、効果が出やすくなり、より発達に効果が期待できるようです。

言葉が遅い事に療育が効果?

言語療法とは、発達障害自閉症スペクトラムなどの言葉が遅い幼児期の子どもに行う病院における言葉の療育の1つです。

主に、発音、発声の練習、質問の受け答えの練習、日常会話・コミュニケーションやゲームや遊びの中で言葉を伸ばす訓練

幼児期の子どもの言葉の療育は、2歳から3歳前後の作業療法を受け、4歳から5歳になると言語療法を受ける場合が多いようです。

うちの子はもうすぐ2歳になるのに言葉が遅いなぁ〜?と思ったら、相談に乗ってもらうのもいいかもしれません。

男の子と女の子でも成長の仕方が違うので、言葉は男の子だと個人差にもよりますが出てくるのが遅いようです。

発達障害などで言葉の遅れがある時に早くから療育をすると、効果は早く出てくるようです。

親は同学年と同じようにと焦るかもしれませんが、焦る気持ちは子供に伝わりますので、ゆっくり成長を見守ってあげましょうね☆

スポンサードリンク

2歳からの療育の内容や必要性は?

療育のねらいは、運動遊び・感触遊び・リズム・おもちゃ遊び、教材遊びなど集団生活をする中で、体や言葉の発達を促すというもの。

《プログラムの内容》

★先生にごあいさつ(出席ノートに自分でシールを貼る)

★設定遊び 子供たちが来る前に教室内にマットや滑り台、平均台など設置してあり、子供たちが自由に遊ぶ

★片付け 設定遊びで使用した道具類を、母子みんなで所定の場所に片付ける

★体操・ダンス 

★集まり イスに座り、出席確認・歌・手遊び・パネルシアター鑑賞などをする。

★お茶タイム(いただきます・ごちそうさまでした)・トイレ

★散歩・課題制作・庭遊び その日、設定された事に取り組む

★帰りの集まり

★先生にあいさつ 自分の出席ノートを取りに行き、自分の通園鞄にしまう。

早めに療育した方がいいとは言われていますが、2歳だとまだ発達障害かどうかの判断が難しい場合もあるようです。

プログラムの内容は大体、保育園や幼稚園での過ごし方と同じかと思います。団体生活に慣れる為の訓練も兼ねているようです。

実際に通ってみると見違えるように障害が目立たなくなった、行動が変わった、接しやすくなった、という声がたくさんあります。

発達障害や自閉症、障害の種類によっても差がありますが、1歳半検診で療育を進められる事もあるようです。

まさか我が子が…とショックを受けますよね。でも早く療育に行けばその分その効果も大きいようです。

いざ療育に参加してみると、今までママ1人で悩んでいたことがも相談したり、打ち明けることも出来ますし、専門家からアドバイスや指導もして貰えます。

接しやすくなったり、話せるようになったり、我が子を導くのも親の役目です、子供もいつか独り立ちしなければなりません。模索もしも何かの障害に気付いたら早めの療育をしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.