赤ちゃん療育園や療育センターとは?費用の目安は?発達遅延に効果?

Pocket

療育園とは?費用の目安は?

一般的な幼稚園と療育園との違いは?

身辺自立に重点をおいた園生活スタイル

療育園の一日の流れはおおよそ一般的な幼稚園と同じようなスタイルなのですが、その内容には大きな差があります。

スポンサードリンク

療育園でもっとも重視していることは、通っている園児の身辺自立です。

食事・排泄・身の回りの世話が自分でできるようになることが当面の目標になります。

これは通常の幼稚園でも取り組む事かもしれませんが、療育園に通うお子さんというのはその発達特性により身辺自立が平均より遅れている場合がほとんどです。

「一人でスプーンを持って食事ができない」

「オムツがまだ外れない」

「洋服の着脱が一人でできない」

など、一般的な幼稚園では「ちょっとその面倒までは頼みにくい」というようなことでも、療育園では職員の方がその園児に合った接し方で身辺自立を促してくれます。

基本的には幼稚園と同じ内容なのですが、大事な事はその子のペースに合わせてくれるというところが違います。

幼稚園は団体行動ですが、発達障害のある子は出来る事が平均的より遅れているので、ゆっくりその子のペースに合わせて一緒に育ててくれるので安心ですね^^

また家庭との連絡もこまめに行っていて、親御さんも安心して任せられるのが『療育園』のポイントです。

費用の目安は?

費用は国からの補助があるため、入所時に障害者受給者証を取得することで、一般的な所得(年収850万円以下)の家庭だと上限4600円ほどの負担で通わせることができることがわかりました。

 因みに強制ではないので拒否をしても構わないとのこと。

療育園の費用は国と自治体からの補助がある為、収入によりますが上限が設けられ1割程で通えるそうです。

スポンサードリンク

療育センターとは?費用の目安は?

療育センターとは、一般的に障害のある子どもに対して、それぞれに合った治療・教育を行う場所のことを言います。

どのような支援を行っているのかやどんな機能を持った施設かは、施設によって異なります

『療育センター』といってもひとくくりに出来ないところがあります。それは子供の障害の内容や、それに合わせた治療方法や教育内容も違う為です。

色々なセンターがあるので、お子さんに合った療育センターを見つけ、焦らずゆっくりでいいので、お子さんのペースに合わせ療育を進めていきましょう◎

療育センターの施設利用にかかる費用と減免措置

受給者証を取得することで国と自治体から利用料の9割が給付され1割の自己負担でサービスが受けられます。

障害児施設給付制度は、児童福祉法に基づき、障害児通所給付費あるいは障害児入所給付費として国と自治体から利用料の9割が給付されることにより、自己負担1割でサービスを受けることができる制度です。

負担額は世帯の収入によって変わり、サービスが受けられる日数もこの受給者証に上限が記載されています。

受給者証をもらうと国と自治体から9割給付され、自己負担は1割で療育の利用が出来るようです。

療育が必要と分かったら市区町村に相談をし、障害者手帳を発行してもらい、受給者証を貰える手続きをしましょう。

療育は発達遅延に効果?

一般的に言葉の獲得、社会性の確立の時期に療育をスタートさせる「早期療育」が効果的だと言われています。

特に生活スキルがなかなか身に付きづらい発達障害のお子さんは、早い段階から療育をスタートさせることによって、生活面において適切な対応ができるようになります。

発達障害の子供は体の使い方が得意ではありません。

そのため早めに療育をスタートさせ、療育のプログラムを受ける事によって適応能力が身につくのです。

早ければ早いほどいいと言われているのはそういった背景からです。

またお家で出来る事はたくさんあるので、雑巾しぼりや、食器を運んだり、色んな事をさせてみましょう!

それが手のひらの感覚を鍛える事につながるそうです☆

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.