赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?早い遅い?判断や確認方法は?

Pocket

赤ちゃんは首が座るまで抱っこにも気を使いますよね。

首はいつごろ座るのでしょうか、座ったタイミングを見極める方法もご紹介します。

首がすわるのはいつ?時期は?

赤ちゃんの首がすわるのはいつごろになるのでしょうか。個人差もありますが、平均的な月齢はおおよそ3~4か月です。

一般的に、赤ちゃんの首すわりは、生後3ヶ月頃から始まります。

それまでに、赤ちゃんの体の筋肉は全体を通して徐々に発達していきます。

その中でも最初に発達するのがこの首周りの筋肉で、頭を支えることができるようになりますよ。

スポンサードリンク

しかしこれはあくまでも目安であり、遅い子も早い子もいるので遅いからといって過度に心配しなくてもよさそうです。

3~4か月というと、ちょうど生後100日前後ですね。

百日祝い(お食い初め)という一生食べ物に困らないように願う行事があったりするころです。

表情が豊かになり、人見知りもまだないのでいつでもにこにこの赤ちゃんが多い時期ですね。

首がすわるのが早い?遅い?

うちの子は首がすわるのが遅いんじゃないか…もしくは早い!?という心配をするパパやママも多いと思います。

赤ちゃんそれぞれで首のすわりの遅い早いの個人差はあるのでしょうか。

発達が早いと、生後1~2ヶ月頃から徐々に兆候を表す赤ちゃんもいますが、しっかりと首がすわったと感じるのは生後4ヶ月頃が最も多く、生後5ヶ月が終わる頃には完了しています。

早い子は生後1~2か月でもうすわり始めるんですね。

赤ちゃんの首すわりは、成長段階のひとつです。

この時期は発達スピードに個人差が特に大きくでる時期なので、他の子と比べようとせず、赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

多少遅いと感じても、焦らずにママやパパが遊びを通して少しずつ促すことが一番の練習になりますよ。

スポンサードリンク

赤ちゃんの時期はさまざまな発達がものすごいスピードで行われています。

焦らずゆっくり見守ることが、赤ちゃんにとってもパパママにとっても一番よさそうですね。

個人差のあるものなので、神経質になり過ぎないようにしましょうね。

首がすわる判断や確認方法は?

うちの子首がすわってきたかな??と思っても、本当にすわっているのか首すわりが完全に終わるまで分かりませんよね。

抱き起しや抱っこの仕方も慎重になりそうです。

首が座ったことを確認する方法はあるのでしょうか。

主な確認方法を3つご紹介します。どの方法もゆっくり慎重にやってみてくださいね。

うつぶせに寝かせてみる

うつぶせに寝かせて、自分で頭を持ち上げることができれば、首の筋肉が発達してきている証拠です。

これは首すわりの中でも、最も早く赤ちゃんが習得できるようになる動きです。

腕などを補助として使うこともあるため、首以外の筋肉を連動させることができているか確認することもできます。

うつぶせは発達段階を確認するよい方法ですが、窒息の危険があるので目を離さないようにしましょうね。

縦抱きにして、赤ちゃんの身体を少しだけ斜めにしてみる

赤ちゃんの脇の下に手を入れて向かい合うようにして、少しだけ赤ちゃんの体を傾けるように縦抱きをします。

赤ちゃんが重力に逆らい、首を少しでも持ち上げたら首がすわったと判断して良い状態です。

首がすわっていないと前後左右にガクンと傾いてしまうので、ゆっくり行いましょう。

初めての縦抱きはどきどきしますね!

あおむけの状態から両腕を持って引き起こす

首すわりを確認するために使えるのが、よく聞く「引き起こし反応」という方法です。

赤ちゃんをあおむけに寝かせ、両手を持って優しく引っ張ってみましょう。

体が首と一緒に持ち上がれば、首がすわっている証拠。

赤ちゃんの腕が抜けないようしっかり持ってあげる必要があり、同時に力を入れすぎたり、勢いよく引っ張ったりしないように気をつけましょう。

いかがでしたか?発達のスピードも個性の一つです。

一緒に成長を楽しめるといいですね!

スポンサードリンク
最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.