赤ちゃんの平熱が高い、低い原因や対処方法は?

Pocket

赤ちゃんの体温は変わりやすく、大人よりも大きく体温が変化します。

高すぎたり低すぎたりすると心配ですよね。対処方法などはあるのでしょうか。見ていきましょう。

 

赤ちゃんの平熱はどの位?

赤ちゃんは大人よりもあったかいですよね。

初めてだっこするとその熱さに驚くパパママもいるのではないでしょうか。特に眠たい時はいつもよりもっと熱いですよね。

そんな赤ちゃんの平熱はどれくらいなんでしょうか。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの平熱は、1歳くらいまでは36.5~37.5度が平均です。

個人差があるので、36.5度寄りの子もいれば37.5度近い子もいます。

大人だと微熱かな?くらいの体温ですね!赤ちゃんの平熱は高めなようです。

普段から検温をして「うちの子の平熱は○○℃くらい」という目安を持っておくと、いざ発熱しているかもしれない!?という時の判断基準になりますよ。

体温を測ることで体調の異常などにすぐ気付けるようにもなります。

平熱が高い原因や対処方法は?

しかし、平熱がずっと高いと不安になりますよね。

平熱が高い原因やそれに対する対処方法などはあるのでしょうか。

考えられる原因3つをご紹介します。

室温が高すぎる

赤ちゃんは体重の割に身体の表面積が大きく、暑い環境では熱を取り込みやすいのです。

また、汗腺が未発達で汗をかいて熱を放出することができないため、温度の高い場所ではすぐに熱が高くなってしまいます。

赤ちゃんは少しの室温の変化にも反応します。赤ちゃんのいる場所が暑くなってはいませんか?

室温は部屋の間取りや天井と床でもかなりの差が出るので、赤ちゃんがいる位置に室温計を付けるなどの工夫もよさそうですね。

スポンサードリンク

興奮しすぎ

体温を測る前に、赤ちゃんが泣いていたり興奮したりしていると、体温が高くなることがあります。

興奮すると熱くなるのは大人も同じですね。赤ちゃんの場合は反応がより顕著です。少し待って落ち着けば、体温も落ち着いてくるようなので、問題ないようです。

服の着せすぎ

背中やお腹に汗をかいていませんか?汗をかいている場合は、着せすぎですので一枚脱がせましょう。

服を着せすぎていないですか?赤ちゃんは平熱が高いので大人より1枚薄着なくらいでいいそうですよ。

平熱が低い原因や対処方法は?

逆に、平熱が低すぎるという場合もとても心配になってしまいますよね。

では今度は平熱が低い原因3つを、ご紹介します。

エアコンや扇風機の風

夏場、赤ちゃんの体温が低い一因として、エアコンや扇風機などの風に直接当たっていることが考えられます。

赤ちゃんは体も小さく皮下脂肪が少ないため、身体の表面から熱が奪われやすいのです。

赤ちゃんがいる場所の空気の流れをチェックする必要がありそうですね。直接赤ちゃんに冷風が当たっていませんか?

直接風があたる場所などで出ていると赤ちゃんは、すぐに体温が下がって身体が冷えてしまいます。体温調整が苦手なので、暑さも寒さも注意が必要ですね。

汗をかいたまま放置

汗をかいたままにしておいたり、入浴後にきちんと身体を拭けていなかったりすると、水分の蒸発とともに熱が奪われ、身体が冷えて体温が低くなってしまうのです。

大人でも汗をかくと、体が冷えますよね。

赤ちゃんの体表でも同じことが起こっているんです。しっかりと、かつこまめに拭いてあげる必要がありそうですね。

身体に触れるもの(肌着やオムツ)が冷たいことが原因

身体に直接触れる衣類やオムツ、布団、チャイルドシートなどが冷たいと、赤ちゃんの体温は奪われ、低くなってしまいます。

特に寒い時期は、新しい肌着に着替えるときや布団に入ったばかりのときなどに冷たく感じるので、これらによって熱が奪われてしまうのです。

冬場は、赤ちゃんに着せる衣服などはあらかじめこたつやストーブの前などで温めておくとよさそうですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です