赤ちゃん産後うつ症状のサインは?暴れるのも症状?姑が原因?

Pocket

産後うつ症状のサインは?

産後うつ病の症状は、案外分かりにくいものです。いつも一緒ににいる家族でも見過ごしてしまう恐れもあります。

小さな変化や不調のサインを見逃さず、早めに医師などの専門家へ相談するなどして対策を打つことで、重症化する前に止められる可能性も高くなります。

 

スポンサードリンク

 

こんな症状が出たら「産後うつ」のサイン?

産後うつ病は、不安感や抑うつ感をはじめ、意外とも思える症状も含まれます。

 

ちょっと疲れているだけかな?などと思って「これが産後うつのサインだなんて気づかなかった」と、サインを見逃すということがないように、産後うつの症状を以下で見ていきましょう。

 

・赤ちゃんが可愛くない
・育児や家事をしたくない(やろうとしても何から始めたらよいかわからない)
・赤ちゃんを傷つけてしまいそう(または、傷つけてしまいそうな自分が怖い)
・育児や新生活への不安
・慢性的な疲労感
・食欲不振
・不眠症
・親としての自信がない
・母親失格だと思える

実際に一過性のものもある反面、長引いて症状が複合的に現れたり、悪化してくると自傷や赤ちゃんへ当たってしまうなど、大変危険な状態となるケースもゼロではありません。

どうしても子育てで孤立してしまうタイプの親子がいます。

以前よりも実家から離れて暮らすことも多くなっているのかもしれません。

孤立して子育てをしている親子が苦労をする中で、親がうつ病(産後うつ)になってしまうということもあるようです。

暴れるのも、うつ症状?

口だけが乱暴で、手を出す事をしないのであれば大丈夫だと思います。

手を出す(叩く、殴る)すれば虐待ですのですぐに児童相談所なりへの相談をお勧めします。

奥様、産後うつではないですか?

一度精神科への受診(相談)された方がいいと思います。

スポンサードリンク

出産後にうつになる女性は多く居ます。

産後うつと呼ばれますし、珍しいものではありません。

理想と現実が離れすぎていると疲れるんです。

時間が経てば安定しますが・・・・

それまでの我慢ですね。

産後うつの特徴の一つとして、赤ちゃんとの関わりの不適切さがあります。

育児放棄に近い状態になったり、暴言、暴力などの暴行をしてしまったりというケースがあります。

状況が悪化していくと「児童虐待」につながっていくことも有り得ます。

この状況は、赤ちゃんにとっても、親にとっても不幸なものです。

できるだけ早めの対応が望まれます。

場合によっては、近隣の方から児童相談所への通報されることもあります。

社会全体が、以前よりも児童虐待に敏感になっており、疑わしいような場合でも通報することが多くなっています。

児童相談所の職員やその他の機関の職員が、家庭を訪ねてきて、状況によっては、赤ちゃんを保護(一時預かり)ということもあり得ます。

大騒ぎになってしまうことが予想されます。

そういった事になる前に、早めにできる対応をすることが望ましいです。

姑が、うつ症状の原因?

 

いつの時代にも、どの家庭でも問題となるのが「嫁姑問題」ですね。

 

世代間ギャップや、そもそも他人なのですから

「意見の食い違い」があることは至極当然です。

それを結婚したからといって赤の他人様には変わりません。

私は夫が次男・別居ですのでほどほどの距離を保ち良い関係を築いている方だと言えます。

ただ言い方を変えれば「嫁的に都合がいい姑」と割り切っているからです。

 

姑との関係を負担に感じ、それがきっかけとなって、産後うつになってしまう場合もあります。

姑が良い形で影響を与えることもあるのですが、どうしても悪い形で影響を与えてしまうことが多いようです。

距離感を調整することで、負担感を減らすことができる場合が多いです。

姑のことが好きでも嫌いでも、いずれにしろ適度な距離を保てないとストレスになり、それが原因で産後うつの原因になる可能性があるようです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です