二人目不妊の原因は男性やストレスも?治療の開始ややめどき、タイミング法?

Pocket

原因不明?カンジタや男性、ストレスや甲状腺も?

『2人目不妊』という言葉を最近よく聞きます。

兄弟を作ってあげたい!

そうは思っていてもなかなか授からず…

その原因は色々あるようでした。

二人目不妊の主な原因とされているものを見ていきましょう。

 

加齢による原因

日本生殖医学会のデータによると、女性の場合、不妊の割合が25歳~29歳では、8.9%ですが、30歳~34歳では14.6%、40歳~44歳では28.9%とのことです。

30歳を超えてくると、年を重ねるごとに卵子の質などが低下しやすくなる事などがあり、妊娠が難しくなってくるようです。

 

スポンサードリンク

 

男性も原因?

加齢による影響は、女性だけではなく、もちろん男性にもあります。

45歳以上の男性の精子は、25歳未満の男性の精子に比べて、自然流産の確率が高くなるという研究結果もあります。

 

ホルモンバランスが原因?

ホルモンバランスの崩れは、加齢以外にもストレスや低体温、肥満や痩せすぎ等が大きく関係していると言われています。

ホルモンバランスは気をつけていても、加齢と共に崩れやすくなっていくようです。

 

一人目出産時のトラブルが原因

出血や感染症により、臓器の癒着などが起こっている場合、排卵された卵子を卵管がキャッチ出来ないといった排卵障害の原因となる可能性があります。

一人目の出産の際の予期せぬトラブルが原因となる場合もあるようです。

 

元々不妊の要因を持っている?

一人目はたまたま上手く妊娠したけれど、婦人科系の病気や、男性側に不妊の要因を持っていた可能性が考えられます。

出産後に婦人科系の病気にかかったということも考えられ、出産回数に関わらず、不妊の要因を持っている可能性があります。

 

カンジダが原因で不妊になる?

直接の原因となることはなくても、膣カンジタ症によって膣に炎症が起きるので、間接的な原因にはなることはあります。

 

ストレスも不妊の原因に?

ストレスは生殖ホルモンに影響を与え、不妊の原因にもなり得るようです。

ストレスは万病の元ですので、上手くコントロール出来るようにする事も必要ですね。

 

甲状腺に問題?

普段の健康診断ではわからない病気なので、一度検査をしてみるといいかもしれません。

不妊の原因には考えられる事がたくさんあります。

日々の育児や家事での疲労やストレス、さらに子供が出来ない事へのストレスが原因で、さらに不妊に繋がる事があるようです!

『ストレス』は様々な体の不調を起こすので、適度にストレス発散を心がけましょう☆

 

不妊治療の開始時期や、やめどきは?

生理が3回以上再開、授乳終了予定の1か月前

 二人目不妊の治療が可能となるのは生理が3回以上来ている授乳終了予定の1か月前もしくは授乳が終了している、という条件を満たす場合です。

産後1年以上経ってからが目安

スポンサードリンク

授乳期は大体生後10か月までが目安ですので、二人目不妊の治療に入れるのは産後1年以上経ってからと考えてください。

生理が来たら基礎体温をつけておく

不妊治療では、女性の体の変化を知れる基礎体温は有用なデータとなるので、毎朝基礎体温をつけましょう。

 

不妊治療を開始するタイミングは、産後1年、生理が再開したら、授乳終了予定の1ヶ月前、もしくは授乳が終了した、この3つの条件が揃ったら不妊治療を考えてみましょう。

 

治療費とやめどきはシビアに考える

高度生殖医療(体外受精・顕微受精)は費用も高額。

凍結受精卵のストックがある、または一度だけ採卵を行なう場合、全ての受精卵を移植しても妊娠できなければ、その段階で治療を終了する(せざるを得ない)と考えている人が多いようです。

 

諦めたくはないですが、不妊治療をやめる決断をする人もいます。

それは治療費であったり、高齢化だったり…または夫婦のセックスレスだったり色々問題があります。

不妊治療がストレスになり、そのストレスが原因で不妊に繋がる事もあるようです。

夫婦それぞれの理由で”やめ時”があるようでした。

 

不妊治療で子連れはNG?

「子連れ不可がネックになり、結局、不妊治療専門ではないクリニックで治療を受けている人もいると聞きます。

 

不妊治療へ行く際には色々注意が必要なものです。

それは「子連れで不妊治療」です。今では子連れNGにしているクリニックも増えてきているようです。

一人目で苦しんでる人からしたら、「私は一人も出来ないのに」という声があるのです。

そうは言っても、ただでさえお金の掛かる不妊治療、なるべくお金をそれ以上掛けたくない、両者とも悩みを抱えているのですね。

最近では2人目専用の不妊外来が出来て、フロアーが違ってお互いに気を遣わずに治療出来るという点は有り難いですよね!

 

不妊治療にタイミング法?

 

タイミング法とは?

排卵の時期にタイミングを合わせて性行為を行うことです。

女性側の基礎体温のグラフを見ながら排卵の日を正確に割り出して行うものと、排卵誘発剤を使用して人工的に排卵を促した上で性行為を行うものの二通りがあります。

自分で出来るタイミング法

病院を受診せず、自分たちでタイミング法を実践する場合には、まずご自分の排卵日を知ることが大切です。

 

1人目の出産後、2人目を妊娠しにくくなります。そこで比較的初期段階で用いられるのが「タイミング法」です。

まずは生理がちゃんとした周期できていて、基礎体温を毎日はかり、自分の排卵日を予測する事が大切です。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です