未熟児の体重増加や増え方の目安は?増えない原因や保育器に入るのは

Pocket

体重増加、増え方の目安は?

出生体重が1500 g以上の赤ちゃんは、産後1-2週間で元の出生体重まで戻ることが予想されます。

出生体重が1500 g未満の赤ちゃんの場合は、2-3週間かかるでしょう。

 

スポンサードリンク

その後、平均的な体重増加は体重1 kgあたり10-16 g/日で、小さい赤ちゃんほど速く増えます。

小さく生まれた赤ちゃんは「まずどんどん体重を増やしましょう」とお医者さんに言われる事がほとんどです。

ちょっと増えていれば嬉しいし、増えていないと心配になりますが1日で考えるよりも、1週間で増減を見て増えていれば上出来でしょう。

必ず、体重は増えますのであまり深刻に考えすぎないでくださいね。

体重が増えない原因は?

予想される体重増加よりも、体重増加のペースが遅い時は、適切な量の母乳を飲めていないのでは、という可能性もあります。

 

その他考えられる原因は?

  • 感染症・低体温症・鵞口瘡・貧血
  • 授乳回数が少ないこと
  • 飲ませる量が、必要な量より少ない場合

体重の増加が少ない場合病院に入院中であればすぐに検査をしてくれるでしょうし、特に問題がなければ母乳量を増やすなどの措置をしてくれるはずです。

スポンサードリンク

もし退院後でしたら、病院に相談してみると良いかもしれません。

感染症など体に問題が生じていたら、そちらの治療が優先になります。

母乳やミルクが点滴栄養に変わり体重増加が一旦ストップする事もありますが、体調が戻るとまた母乳やミルクが栄養となり体重も増えるので心配はいりませんよ。

保育器に入るのは?

産まれた時の体重が2,500g以下の赤ちゃんは、低出生体重児と呼ばれます。

未熟児も同様に産まれた時の体重が2,500g以下ですが、それに加えて体の機能も未熟の場合を未熟児と呼び区別されています。

小さく産まれた赤ちゃんは、保育器に入ることで、ママのお腹の中にいた頃と似たような環境に戻り、発育を促してくれるようです。

不当軽量児とは、低出生体重児・未熟児よりも体重が少ない赤ちゃんのことを指します。

多胎(双子)や、染色体異常が原因となっていることが多いようです。

栄養状態が悪く、心不全、多血症などの病気を引き起こしやすいため、保育器に入り成長を促したり、治療をする必要があります。

合併症や異常がある場合は、NICU(新生児集中治療室)に入ることになります。

2500g以下で生まれた赤ちゃんは保育器に入ることが多いようです。

また、何か体に異常がある場合も保育器に入ることがあります。

保育器に入る赤ちゃんを見ると心配で不安にもなりますが赤ちゃんも頑張っています。

ママやパパも赤ちゃんを応援してあげましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です