未熟児の障害はいつ分かる?確率や関係性、特徴は?

Pocket

未熟児や低体重で生まれてきた場合、やはり障害があるかないかは一番最初に心配してしまうことかもしれません。

この先どう成長していくかは未熟児であってもなくても心配の種ですから、未熟児であったらより一層気になる事ですよね。

 

スポンサードリンク

未熟児の障害の確率や関係性は?

 

在胎週数35~37週未満の早産児では、正期産児と成長は、ほとんど変わらないようです。

34週未満の早産児は、6歳の時点で約8割以上が普通学級に就学し、通常と同じような学校生活を送れるようです。

在胎週数が、おおよその目安として使われているようですね。

 

体の機能が完全にでき上がる前に生まれてくると、正期産児と比べて注意欠如多動性障害、学習障害、聴力障害などになりやすい傾向があるとされています。

在胎週数が28週未満だった低出生体重児・早産児は脳性麻痺や精神発達遅滞、視力障害などのリスクが高く、長期のフォローアップが必要です

障害が残る可能性があると診断された場合、乳児の段階で的確に状態を掴むことは難しいので、定期的に検診を受けて経過を見守ります。

 

ある程度成長しないと分からないことも、まだまだ多いようですね。

可能性が疑われる場合は、フォローアップで経過を見ていくようです。

しかし、生まれるのが早ければ早いほどリスクが高い傾向にあると言えそうな印象はありますね。

 

障害が残る確率については、極低出生体重児では5パーセント以下、超低出生体重児では5~10人に1人の割合と言われています。

しかし現在、日本の医療は日々発達しています。

手厚いサポートを受けることにより、障害が残りにくくなったりもするようですね。

未熟児で生まれるとやはり、障害の確率は高くなるでしょう。

しかし、新生児医療はとても高い技術があります。そして、こうしている今も進化し続けてくれています。

昔だと諦めるしかなかった事も今は助かったり、リスクが減ることも多いそうです。

スポンサードリンク

発達障害なども理解されることが増えたり、新たにわかってきたこと、早期からの治療が可能になったことで生活のしにくさが軽減されてきています。

 

未熟児の特徴は?

皮膚が薄く赤っぽい

体温調節、呼吸機能が未熟

免疫力が十分でない為、感染症にかかりやすい

消化吸収の機能が未熟なので、直接ママから母乳を与えることはせず、哺乳瓶で授乳を行う。

皮膚が赤黒かったり、たくさんの管で繋がれていたり、目を逸らしたくなる姿ではありますが、未熟児で生まれるとNICUやGCUに入ることがほとんどです。

そこで24時間体制でしっかり管理してもらいます。

お医者さんや看護師さんがきちんと見守ってくれるのでとても安心できます。

 

未熟児の障害はいつ分かるの?

すぐ発覚するもの、成長するにつれて発覚するものと分かれます。

障害と言っても種類は数多く存在します。

 

未熟児の赤ちゃんの障害が分かるまでにはバラツキがあり、一概には言えないようです。以下に一例を見ていきましょう。

 

両親のいずれかが遺伝子病の保因者だったり、お母さんが35歳以上の場合は、出生前検査の一環として、妊娠9~11週に超音波検査を行うことがあります。

胎児スクリーニング検査を妊娠11~13週に行うと

ダウン症や18トリソミー、13トリソミーのほか、染色体異常が起きている確率が高いかどうかを知ることができます。

超音波検査で異常が見つかるのは、経膣から経腹での検査に切り替わる、妊娠12~15週であることが多いようです。

障害の有無は、お腹の中にいる時から上記のような検査をして分かるものもあれば、成長して小学生くらいになってわかるものもあったりと、一概には言えません。

しかし、あらゆる可能性をお医者さんは教えてくれます。

心配な事はお医者さんや看護師さんに相談してみるといいかもしれません。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です