イヤイヤ期の対応は?1歳、1歳半、2、3、4歳毎や特徴、食事について

Pocket

1歳、1歳半の特徴や対応は?

★1歳のイヤイヤの特徴は?

体も心も発達することで、自己が芽生えてくるのです。

また、「自分でやりたい!」という要求が大きく膨らんでくる時期でもあります。

しかし、その「やりたい」をママや大人に伝える手段が未熟なため、自分の要求が満たされないことに癇癪をおこすのです。

 

1歳のイヤイヤの対応は?

★できるだけ自分でやらせる。

★気をそらす。

★抱きしめる。

★その子が興味を持っているものでつる。

★場合によっては距離を置く。

 

1歳半からのイヤイヤ期の対応は?

自分でやらせてみる

心の準備をさせる

親の真似をさせてみる

いつも同じ順番・やり方で行動する

 

「魔の2歳児」や「魔のイヤイヤ期」とも呼ばれ大体2歳頃から始まると思われているイヤイヤきですが、1歳から既に始まっている子もいるようです。

イヤイヤ期は個人差はありますが、これまで穏やかだった子がなったりもするようです!

ママもイライラの原因になりますが、出来る事ならこれも我が子の成長の証しだと見守りたいですよね☆

 

2歳、3歳の特徴や対応は?

▼第一次反抗期「魔の2歳児」の特徴は?

魔の2歳児の反抗的な態度は、自分のしたいことと自分のできることのギャップから生じるフラストレーションによって引き起こされているといえます。

▼第一次反抗期「魔の2歳児」にはどう対応したらいい?

★気持ちを代弁してあげる

★言葉の発達を促す

★悲しそうに子供の拒否をいったん受け入れる

★時間が許す限り付き合う

★注意を他のものにそらす

★癇癪を起したときは放っておく

 

2歳はいよいよ本格的なイヤイヤ期の突入ですね!!

自分でしたい事が上手に出来なかったり思い通りにいかなかったりで泣いたり、癇癪を起したり、よくレジのところで床でバタバタ泣きわめいている子もこれに当てはまるでしょう。

こういう時に周りの目が温かいとママの心にも余裕が生まれたりするんですよね◎

 

*3歳の反抗期の特徴*

①何にでも「イヤイヤ」

②すぐに手が出る

泣きわめく

ものを投げる

*3歳の反抗期の対処法*

スポンサードリンク

★子供の気持ちを受け止める、スキンシップをとる

★時間に余裕を持つ、環境を見直す

★言い方を工夫する、子供に選ばせる

★やりたいようにやらせてみる

 

お互いにストレスにないように、例えば服選びに時間が掛かると分かっている事であれば、いつもより1時間早くから準備を始めて、焦らせなくてもいいように出来ればいいですね。

子供が納得して選ぶまで付き合ってあげたり、そうするとママも子供もイライラする事なく過ごせそうですよね◎

 

4歳の特徴や対応は?

4歳男の子の反抗期の特徴1、叩いて攻撃

4歳男の子の反抗期の特徴2、汚い言葉遣いで攻撃

4歳男の子の反抗期の特徴3、何でも「イヤー!」で攻撃

女の子の反抗期の特徴1、口答えをする

4歳女の子の反抗期の特徴2、何でもやりたがる

4歳女の子の反抗期の特徴2、すぐにへそを曲げる

 

①嫌な理由をとことん聞いてあげる

②子供に選ばせてあげる

③理由を説明しながら冷静に反応する

 

4歳になるともう「反抗期」と呼ぶそうです。

4歳にもされば、大人の言っている事をほぼ理解できていますし、またその反抗の仕方にも知恵がついてきます。

4歳になると男女にも違いが出てきて、男の子は汚い言葉や暴力的になってきて、女の子はおませが増して口達者になってきます。

でも、まだまだ甘えたい時期です。

たっぷり甘えさせて、ママもストレス発散をするようにしましょう★

 

食事の対応は?

★ご飯を食べない子供への対応!簡単なコツ★

 

①大好きなお友達は・・・

我が子に一番効き目があったのが、大好きなアンパンマンの登場です。

 

②褒めちぎる

子供はママの喜んでいる顔が大好き!
褒められるとたくさん食べるようになりました。

 

③見た目大事!

食事は見た目も大事。
盛りつけもちょっと工夫してみるといいかと思います。

 

食事は作り手も悩ませますよね^^;

好き嫌いなく何でも食べて欲しいが親の願いではありますが、どんどん味も分かるようになってきたり、色や見た目で食べたくなかったり、我が子もそうです^^;苦笑

私もどうしたら食べてくれるかな~と試行錯誤ですが、きちんと食べてくれた時は大げさな位褒めてますよ^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です