赤ちゃんの便秘に綿棒でも出ない時は?効果は絶大?

Pocket

赤ちゃんの便秘対策でよく使用される「綿棒」ですが、その効果はかなり絶大とも言われています。

しかし一方で、綿棒をしても便が出ない赤ちゃんもいるようで…。

今回は赤ちゃんの便秘対策の1つ「綿棒」のやり方や、それでも出ない時の対処法などをご紹介いたします。

 

赤ちゃんの便秘に綿棒は効果絶大??

赤ちゃんはよく便秘になりやすいですが、その際に便秘対策として「綿棒」を使用するママも多いと思います。

その効果はかなり絶大との口コミもあります。

では、どのようにして綿棒を使い便秘対策するのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

まずは用意するもの!

• 大人用綿棒

• ベビーオイル(オリーブオイルやワセリンなども可)

• 汚れるためオムツ替えシートorペット用シーツ

 

やり方は?

①赤ちゃんを仰向けの体勢で寝かせ、足をM字に広げましょう。

②綿棒にベビーオイルをたっぷりと含ませます。

③赤ちゃんのお尻の穴に綿棒を当て、クルクルと円を描くように挿入していきます。

④しばらくくるくる円を描きながら、おなかをのの字マッサージしてあげたり軽くさすります。

⑤15秒から20秒くらい刺激した後は、綿棒を引く抜き、今度は指で肛門を刺激してみましょう。

 

綿棒を使用する際に「ベビー用綿棒」と紹介している人もいますが、赤ちゃん用は細すぎて刺激するには足りないそうなので、大人用の綿棒が調度いいようですね◎

 

病気がひそんでいる可能性もある?

赤ちゃんの便に血便が出たり、嘔吐を繰り返す、あまりにも体重が増えないor減り過ぎているなど、「生まれつき」腸や肛門に異常がある場合もあります。

次に症状が見られるときは病院を受診し、治療していく必要があります。

 

鎖肛

生まれつき赤ちゃんの肛門が開いていないこと。

生まれて胎便(初めてのうんち)が生まれてから24時間以内に出ない・今後の成長過程で障害が出るなどの症状が現れる

 

Hirschsprung病

赤ちゃんの肛門は開いてはいるのだが、腸の部分がいつも収縮しているので便が出にくい状態。

症状が表れにくく、また重くならないことが多い為、1歳くらいまで気付かないことが多い。

 

赤ちゃんの便秘、家でできる対処法は?

赤ちゃんが便秘になった時、特に機嫌も悪くなくいつもと同じように元気であれば次の対策法を赤ちゃんに試してみてください☆

スポンサードリンク

 

「の」の字マッサージ

よく大人でもしたことがある人はいるかと思いますが、赤ちゃんのお腹を「の」の字を書くようにマッサージしてあげましょう。

まだ筋肉も未発達な赤ちゃんにこのマッサージは効果的です^^

 

体を動かしてあげる

「運動不足」が原因で便秘になっている可能性もあります。

特にハイハイ前の赤ちゃんは自分で動くことができないので、ママが足を上下動かしてあげたり、ベビーマッサージなどをしてあげましょう。

 

綿棒で刺激する

先程もご紹介したように、赤ちゃんの便秘対策に「綿棒」は有名な話しです◎

「大人用」の綿棒でベビーオイルを含めて綿棒の綿が見えなくなるくらいまで入れて、優しく刺激してあげましょう。

 

綿棒をする時のベストタイミングは?

✿授乳や食事の30分後がベストな目安です。

このように、綿棒を使用しての解消法は食後30分後くらいが「ベストタイミング」です。

30分後くらいが1番赤ちゃんの腸の働きが活発になるからです♪

 

綿棒しても出ない時はどうすればいい?

効果抜群と言われている綿棒での便秘対策をしても、それでも赤ちゃんの便が出ない!という時もあるようです。

そんな時は一体どうしたらいいのでしょうか?

 

生活習慣を見直してみよう!

赤ちゃんはとても繊細で、寝るのが22時を過ぎていたり、朝起きるのも遅かったりなどの生活習慣の乱れが便秘の原因になっている可能性があります。

規則正しい生活を送ることで体内の循環や発達にも繋がり、食欲を促し、そして便秘にも効果が見られるので、まずは生活習慣や生活リズムを見直してみましょう◎

 

オリゴ糖が効果的?

オリゴ糖とは、糖類の一種である単糖が2~10個結合したもので、結合の仕方によって20種類ほどのオリゴ糖があるといわれています。

大腸でビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれる働きをし、特定保健用食品にも指定されています。

 

実は母乳にも「オリゴ糖」が含まれていて、粉ミルクにもオリゴ糖が含まれています。

このように「オリゴ糖」は赤ちゃんに身近な存在となっています。

粉ミルクや食品にオリゴ糖をプラスしてみましょう◎

 

小児科で相談してみよう!

いくつかの対策法を試してみても、それでもうんちが出ない時には、掛かりつけの小児科を受診するようにしましょう◎

1週間に及んでしまったり、赤ちゃんが元気でもママが心配で仕方ない時にも小児科を受診すると安心しますし、浣腸してもらったり対処してもらえます!

 

*最後に*

我が子が便秘で苦しんでる姿はできれば見たくないですし、何とかしてあげたくて仕方ないですよね!

赤ちゃんに合った方法で、便秘解消してスッキリしてあげましょう◎

 

また、日数に限らずママが心配で仕方ない時には気持ち的にも赤ちゃんも「スッキリ」するので迷わず小児科を受診してみてくださいね^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です