赤ちゃん利き手、利き腕はいつきまる?指しゃぶりで分かる?左利きは気づく?

Pocket

赤ちゃんの利き腕、利き手は、いつから決まる?

 

利き腕、利き手は時代や場所を問わずに9割ほどが右利きなんだそうです。なんだか不思議ですね。また、男性の方が左利きが多いそうですよ。個人的にはAB型の方にも左利きが多いような気がしますが、私の周りだけなんですかね??

 

スポンサードリンク

 

しかし、そもそも「利き手」の定義が国によっても異なり、ある作業では右手、別の作業は左手と、両手が使える両利きの人も存在することから、利き手の比率は参考程度にとどめておくのが良いかもしれません。

生後5ヶ月頃になると、近くにあるおもちゃなどをつかもうとします。

このときは、おもちゃの近くにある方の手で取ることが多いようです。

 

6〜7ヶ月ころ

おもちゃに伸ばす手は、どちらか一方に限られることが多いのですが、この時点では利き手は決まっていません。

1歳くらいになると、指差しも始めますが、左右の差は特にありません。

 

2~3歳頃
絵を描いたりスプーンを使ったりするようになると、子供がものを左手でつかむことがあります。

「もしかして左利きなのかな」と気になりますが、2歳頃でもまだ利き手は決まっていません。

 

4歳頃
アメリカの発達心理学者であるアーノルド・ゲゼルが、利き手について詳しい研究を行ったところ、「幼児期は利き手が一定ではなく、両手が使われたり、利き手が交代したりする過程を経て、4歳頃に固定される」という結果が得られました。

この研究結果が広く知られているということもあり、現在では「利き手は4歳頃に決まる」と考えられています。

以前は、左利きの場合は、右利きに直してしまうことが多かったです。

世の中の多くのものが右利き用に作られていたからです。例えば、一般的に売られているハサミは、右利き用のものです。

左利きの人がそのハサミを使うと上手く切れません。そういった不便が世の中にたくさんありました。

しかし、最近は左利きの人が不便でなく暮らせるような道具がいくつも売られるようになりました。

例えば先ほど例に出したハサミも左利き用が売っています。

無理に利き手を直そうとすると、そのことによるストレスなどが原因で発育不全になってしまうこともあると言われています。

赤ちゃんの指しゃぶりで利き手が分かる?

先述の通り、利き手は4歳ごろで固定されますが、利き手の予測として指しゃぶりをしている手を参考にするという研究も進んでいます。

実際、1000人の妊婦さんを対象に胎児のころから調査し、胎児の間指しゃぶりをどちらの手で長くしているかが利き手の予測になるとされています。

実施に、胎児の間右手ばかり指しゃぶりをしている場合かなりの確率で右利きになるということもわかっているのです。

あくまで決定するのは4歳とされていますが、ある程度の傾向から予想はできるようですね。

生れる前のお腹の中の写真でも指しゃぶりが分かるものもあります。

そういった仕草と利き手が関係あるとされています。おもしろいですね。

赤ちゃんの左利きは気付く?

自分の子供がどっちの手が利き手か調べる指標として以下の事を試してみるとより分かり易いみたいですので一度試してみてはどうでしょう?

  • 目の前に置かれたものを取ろうとする手
  • 食べ物を掴んで口に入れようとする手
  • かき混ぜる手の動きが左回りか右回りか

こうやって書いてみると通常使っている手が利き手に間違いないです。

子どもの小さな頃の仕草で利き手は分かるとされています。

1~3歳くらいまでは利き手がはっきりと決まらない時期もあるそうです。

4歳くらいではっきりしてくることが多いようです。

スポンサードリンク

上に書いてあるようなことをしてみるとほぼ同じ手でするようになるようです。

 

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です