赤ちゃんの体温が高い?低い?体温調整機能はいつから?38度が病院の目安?

Pocket

赤ちゃんの体温が高い?低い?

 

赤ちゃんの体温が高い原因は?

 

赤ちゃんの体温が基本的に大人よりも高めですが、それでも高いと、とても心配ですよね。

考えられることといえば、熱中症や乳幼児突然死症候群になる可能性があるとされています。

原因としては以下のことが考えられますので、チェックしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

 

そのため、体温管理は赤ちゃんの命を繋ぐために必要不可欠なお世話と捉え、こまめにチェックしてあげましょうね。

室温が高すぎる

興奮しすぎ

服の着せすぎ

 

赤ちゃんの体温が低い原因は?

 

先程て反対に、赤ちゃんの体温が低いと、風邪をひく原因になったりしてしまいます。

赤ちゃんの体温が低いときの主な原因は以下のようです。

 

体温を下げ過ぎないように配慮しましょう。

エアコンや扇風機の風

汗をかいたまま放置

身体に触れるもの(肌着やオムツ)が冷たいことが原因

 

体温が高い場合も低い場合も環境の影響を受けていることが多いです。

なので、まずは赤ちゃんにとって不適当な環境でないかを確認してあげて下さいね。

大人にとって快適な状況と赤ちゃんにとって快適な状況が違っている時があります。

定期的に赤ちゃんの体温を把握し、その他の様子(顔色、機嫌など)と関連させていくことが望ましいでしょう。

 

赤ちゃんの体温調整機能はいつから?

 

人間は恒温動物なので、常に一定の体温を保つために、暑ければ体温を下げようとし、寒ければ体温を上げようとします。これは、体温調節機能の働きによるものです。

 

赤ちゃんがハイハイをはじめて、活発に動きまわるようになってくる生後8ヶ月頃には、赤ちゃんは少しずつ体温調節ができるようになってきます。

ただし、身体は小さく、体温調節中枢の機能は大人と比較すると未発達なので、特に2歳になるまではしっかりと気を配ってあげる必要があります。

生命維持にとってとても大事な「体温調節」機能です。

とても複雑な仕組みで行われています。

ただし、8か月位までは赤ちゃんは自力での体温調節が十分に行えない場合もあるので注意が必要です。

ママやパパがきちんと気にかけて、調整してあげて下さいね。

 

赤ちゃんの体温は38度が病院の目安?

赤ちゃんは平熱が大人よりも高めなので、何度で病院に連れていけばいいのだろう?と不安になりますよね。

受診するには、一般的に38.0度が目安とされています。

状況によりますので、あくまでも目安の体温です。

具体的にどのようなパターンがあるか見て見ましょう。

 

例えば38.7度でも機嫌が良く食欲がある状態であれば、受診を見送り様子を見ます。

3日以上高熱が下がらない(朝下がっても夜上がる)、発疹や下痢が止まらないなど他の症状がひどい、周りで同じような症状の感染症が流行している時にかかりつけ医を受診します。

 

例外は以下の場合です。

次に挙げる症状①と②(のうちの一つ)に当てはまる場合、今すぐに医療機関を受診して下さい。

① 38.0度以上の熱がある

② 生後3か月未満

  • 無表情で元気が全くない
  • 手足を全く動かさず、一日中寝たようにしている
  • 何も飲まず、食べない
  • おしっこが出ない、極端に少ない
  • 顔や皮膚全体の色が悪く、息苦しそう
  • 初めてけいれんを起こした

 

赤ちゃんを含め、子どもは体温が割合高いです。

また、体を動かすことによっても、すぐに体温が上昇します。

38度を超したからと言って、すぐに病院へ行かなければならないものではないのですが、高温という状態は何かのサインであることもあります。

スポンサードリンク

ママやパパの注意深い見守りが必要になってきますね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です