赤ちゃんの体温が低い?高い?平熱は?

Pocket

赤ちゃんの体温が高い?低い?

 

赤ちゃんの体温が高い原因は?

 

赤ちゃんの体温が基本的に大人よりも高めですが、それでも高いと、とても心配ですよね。

考えられることといえば、熱中症や乳幼児突然死症候群になる可能性があるとされています。

原因としては以下のことが考えられますので、チェックしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

 

そのため、体温管理は赤ちゃんの命を繋ぐために必要不可欠なお世話と捉え、こまめにチェックしてあげましょうね。

室温が高すぎる

興奮しすぎ

服の着せすぎ

 

赤ちゃんの体温が低い原因は?

 

先程て反対に、赤ちゃんの体温が低いと、風邪をひく原因になったりしてしまいます。

赤ちゃんの体温が低いときの主な原因は以下のようです。

 

体温を下げ過ぎないように配慮しましょう。

エアコンや扇風機の風

汗をかいたまま放置

身体に触れるもの(肌着やオムツ)が冷たいことが原因

 

体温が高い場合も低い場合も環境の影響を受けていることが多いです。

なので、まずは赤ちゃんにとって不適当な環境でないかを確認してあげて下さいね。

大人にとって快適な状況と赤ちゃんにとって快適な状況が違っている時があります。

定期的に赤ちゃんの体温を把握し、その他の様子(顔色、機嫌など)と関連させていくことが望ましいでしょう。

 

赤ちゃんの体温調整機能はいつから?

 

人間は恒温動物なので、常に一定の体温を保つために、暑ければ体温を下げようとし、寒ければ体温を上げようとします。これは、体温調節機能の働きによるものです。

 

赤ちゃんがハイハイをはじめて、活発に動きまわるようになってくる生後8ヶ月頃には、赤ちゃんは少しずつ体温調節ができるようになってきます。

ただし、身体は小さく、体温調節中枢の機能は大人と比較すると未発達なので、特に2歳になるまではしっかりと気を配ってあげる必要があります。

生命維持にとってとても大事な「体温調節」機能です。

とても複雑な仕組みで行われています。

ただし、8か月位までは赤ちゃんは自力での体温調節が十分に行えない場合もあるので注意が必要です。

ママやパパがきちんと気にかけて、調整してあげて下さいね。

 

赤ちゃんの体温は38度が病院の目安?

赤ちゃんは平熱が大人よりも高めなので、何度で病院に連れていけばいいのだろう?と不安になりますよね。

受診するには、一般的に38.0度が目安とされています。

状況によりますので、あくまでも目安の体温です。

具体的にどのようなパターンがあるか見て見ましょう。

 

例えば38.7度でも機嫌が良く食欲がある状態であれば、受診を見送り様子を見ます。

3日以上高熱が下がらない(朝下がっても夜上がる)、発疹や下痢が止まらないなど他の症状がひどい、周りで同じような症状の感染症が流行している時にかかりつけ医を受診します。

 

例外は以下の場合です。

次に挙げる症状①と②(のうちの一つ)に当てはまる場合、今すぐに医療機関を受診して下さい。

① 38.0度以上の熱がある

② 生後3か月未満

  • 無表情で元気が全くない
  • 手足を全く動かさず、一日中寝たようにしている
  • 何も飲まず、食べない
  • おしっこが出ない、極端に少ない
  • 顔や皮膚全体の色が悪く、息苦しそう
  • 初めてけいれんを起こした

 

赤ちゃんを含め、子どもは体温が割合高いです。

また、体を動かすことによっても、すぐに体温が上昇します。

38度を超したからと言って、すぐに病院へ行かなければならないものではないのですが、高温という状態は何かのサインであることもあります。

ママやパパの注意深い見守りが必要になってきますね。

赤ちゃんの体温は変わりやすく、大人よりも大きく体温が変化します。

高すぎたり低すぎたりすると心配ですよね。対処方法などはあるのでしょうか。見ていきましょう。

 

赤ちゃんの平熱はどの位?

赤ちゃんは大人よりもあったかいですよね。

初めてだっこするとその熱さに驚くパパママもいるのではないでしょうか。特に眠たい時はいつもよりもっと熱いですよね。

そんな赤ちゃんの平熱はどれくらいなんでしょうか。

 

赤ちゃんの平熱は、1歳くらいまでは36.5~37.5度が平均です。

個人差があるので、36.5度寄りの子もいれば37.5度近い子もいます。

大人だと微熱かな?くらいの体温ですね!赤ちゃんの平熱は高めなようです。

普段から検温をして「うちの子の平熱は○○℃くらい」という目安を持っておくと、いざ発熱しているかもしれない!?という時の判断基準になりますよ。

体温を測ることで体調の異常などにすぐ気付けるようにもなります。

平熱が高い原因や対処方法は?

しかし、平熱がずっと高いと不安になりますよね。

平熱が高い原因やそれに対する対処方法などはあるのでしょうか。

考えられる原因3つをご紹介します。

室温が高すぎる

赤ちゃんは体重の割に身体の表面積が大きく、暑い環境では熱を取り込みやすいのです。

また、汗腺が未発達で汗をかいて熱を放出することができないため、温度の高い場所ではすぐに熱が高くなってしまいます。

赤ちゃんは少しの室温の変化にも反応します。赤ちゃんのいる場所が暑くなってはいませんか?

室温は部屋の間取りや天井と床でもかなりの差が出るので、赤ちゃんがいる位置に室温計を付けるなどの工夫もよさそうですね。

興奮しすぎ

体温を測る前に、赤ちゃんが泣いていたり興奮したりしていると、体温が高くなることがあります。

興奮すると熱くなるのは大人も同じですね。赤ちゃんの場合は反応がより顕著です。少し待って落ち着けば、体温も落ち着いてくるようなので、問題ないようです。

服の着せすぎ

背中やお腹に汗をかいていませんか?汗をかいている場合は、着せすぎですので一枚脱がせましょう。

服を着せすぎていないですか?赤ちゃんは平熱が高いので大人より1枚薄着なくらいでいいそうですよ。

平熱が低い原因や対処方法は?

逆に、平熱が低すぎるという場合もとても心配になってしまいますよね。

では今度は平熱が低い原因3つを、ご紹介します。

エアコンや扇風機の風

夏場、赤ちゃんの体温が低い一因として、エアコンや扇風機などの風に直接当たっていることが考えられます。

赤ちゃんは体も小さく皮下脂肪が少ないため、身体の表面から熱が奪われやすいのです。

赤ちゃんがいる場所の空気の流れをチェックする必要がありそうですね。直接赤ちゃんに冷風が当たっていませんか?

直接風があたる場所などで出ていると赤ちゃんは、すぐに体温が下がって身体が冷えてしまいます。体温調整が苦手なので、暑さも寒さも注意が必要ですね。

汗をかいたまま放置

汗をかいたままにしておいたり、入浴後にきちんと身体を拭けていなかったりすると、水分の蒸発とともに熱が奪われ、身体が冷えて体温が低くなってしまうのです。

大人でも汗をかくと、体が冷えますよね。

赤ちゃんの体表でも同じことが起こっているんです。しっかりと、かつこまめに拭いてあげる必要がありそうですね。

身体に触れるもの(肌着やオムツ)が冷たいことが原因

身体に直接触れる衣類やオムツ、布団、チャイルドシートなどが冷たいと、赤ちゃんの体温は奪われ、低くなってしまいます。

特に寒い時期は、新しい肌着に着替えるときや布団に入ったばかりのときなどに冷たく感じるので、これらによって熱が奪われてしまうのです。

冬場は、赤ちゃんに着せる衣服などはあらかじめこたつやストーブの前などで温めておくとよさそうですね。

赤ちゃん用の体温計は必要?

 

赤ちゃんの体温を測るのは意外と骨の折れる作業ですよね。

そんな子育てママ向けの赤ちゃん用の体温計を見ていきましょう。

赤ちゃんの体温を測るのは大変です。赤ちゃんは服を脱がされるのが苦手なので、脇に体温計を挟もうと服を開けると泣いて身をよじったりします。

また嫌がらない子でも、体温計に興味津々で触ったり引き抜こうとしたり。検温に時間がかかる体温計だと、正確に測る前にエラーになる、なんてことも…。

 

体温計には大きく分けて2つのタイプがあり、検温時間はかかるけれど正確な電子体温計と、検温時間は短いけれど誤差が出やすい赤外線式体温計があります。

脇に挟むタイプは電子体温計、おでこや耳などで測るタイプは赤外線式体温計が多いので、シーンや赤ちゃんの性格などと合わせて選んでみて下さい。

赤ちゃん用の体温計はあった方が良いと思います。

記事にもあるように、赤ちゃんの体温を測るのは大変な場合もあります。

大人用の体温計よりも、より赤ちゃんにとって使いやすく作られている体温計の方がスムーズに測ることができます。

赤ちゃんの体温計は、おでこ式、耳式?

 

赤ちゃん用体温計に求めるのは重要なのは、正確性と速さではないでしょうか。

両方いっぺんに。といきたいところですが、なかなかそうもいきません。

最近は正確さも速さも備えたものが増えていますが、それでもどちらを重視するかは考えないとなりません。

 

正確性に測りたいなら「予測式電子体温計」

大人であらば誰もが使ったことのある、脇に挟んで使用する体温計を「電子体温計」といいます。先端に取り付けられたセンサーが体温をとらえ、デジタルで表示します。

電子体温計には2つの種類があり、体温上昇をそのまま実測する「実測式体温計」と、短時間で予測値を演算する「予測式体温計」に分かれます。

実測式に関しては検温に10分ほどかかるものが多い一方で、予測式は早いものであれば20秒ほどで検温可能です。

予測式体温計でも十分に正確な検温が可能ですので、赤ちゃん用体温計に高い正確性を求める方であれば「予測式体温計」がおすすめです。

 

すぐに測りたいなら「赤外線式体温計」

 

耳に差し込むものやおでこに当てるものが多く、身体や皮膚表面から放射される赤外線量を接触部のセンサーが測定することで検温することができます。

速いものでは1秒で検温可能というものもあります。脇に挟むタイプと違い服を脱がせる必要がなく、よく動く赤ちゃんや忙しいお母さんに向いています。

しかし、電子体温計に比べるとやや精度が落ちることと、おでこで測るものは発熱時におでこを冷やしていると正確な検温ができな場合があることにご注意ください。

「おでこ式」「耳式」など計測の方法の違いなどから様々な体温計が市販されています。

非接触式は短時間で測ることができるというメリットがあります。

しかし、正確さに難があるというデメリットもあります。

赤ちゃんが体温計を嫌がる時は?

おとなしく体温を測らせてくれる赤ちゃんの方が珍しいのではないでしょうか?^^;

まずおすすめするのは、やはり短時間で測ることのできるタイプの体温計の使用です。

 

遊びを取り入れる

子供が検温を嫌がる理由の一つは、「拘束される」ことにあります。

たとえ、それがお母さんの膝の上であっても、身体を押さえられ、自由に動けないと言うことに反発をしています。

そのため、検温をする際、遊びを取り入れてあげると良いでしょう。

たとえば、手を使った遊び歌があります。

そして、膝の上に子供を乗せる「バスごっこ」。

検温の時間は“拘束”ではなく、“楽しい”時間なのだと感じさせてあげましょう。

体温を測ることだけでないですが、赤ちゃんが嫌がることを、遊びながらやってしまうという方法があります。

赤ちゃんが嫌だという思いを忘れてしまうように上手に遊びを取り入れてみてください。

赤ちゃんの体温計おすすめ、人気は?

赤ちゃんの体温計は大きく分けると、電子体温計と赤外線式体温計の2種類に分けられます。

 

①電子体温計(予測・実測式)

いわゆる、一般的な赤ちゃんのわきの下に挟んで測定するタイプの体温計の事です。

これ以上上がらない温度(平衡温)になるまで測る「実測式」と、平衡温の予測値を短時間で表示する「予測式」があり、赤ちゃん用には測定時間が短く済む予測式が便利ですよ。

最近では、電子体温計は、測りはじめは一旦予測式ですぐさま体温を測定し、その後測定を続けると実測式に切り替わり、より正確な体温を測定していく、というタイプのものが販売されている事がほとんどです。便利になりましたね。

 

②赤外線式体温計(耳・おでこなど)

 

皮膚の上から、かざすだけで測れる体温計です。手間要らずですぐに体温を測定出来るのが特徴です。

身体や皮膚表面から放射される赤外線熱量をセンサーで測定することで体温が測れます。

とにかく数秒で測定できて便利な事が特徴です。やはり人気も高いです。

ただし、やはり速い分だけ電子体温計に比べて測定値に誤差が生じやすいというのは否めませんので、使い方次第でとても重宝しますね。

赤ちゃんの正面から計ると嫌がることが多いので、脇などから、視界に入らないようにコッソリ計るのがポイントのようですよ。

 

使用上の注意点は?

 

耳で測るタイプの体温計

耳式の体温計は、鼓膜周辺で体温を測ります。

体温計はできるだけしっかり耳の中に入れるのがポイントです。

体温計の先が鼓膜に向いていないと、正しい計測ができません。

わずか1秒で測ることも可能ですが、誤差が生じる場合もあるので、コツや傾向をつかをだり、使い慣れておくとより安心ですね。

 

非接触式の体温計

 

非接触式の体温計は、体深部の温度により近い舌下温度を表示しています。

わきに挟むタイプの体温計よりも高く測定される傾向があることを理解しておきましょう。

 

より正確に体温を測りたいのであれば、脇で測るタイプの体温計との併用もおすすめです。

現在、様々なタイプが市販されています。

「実測式」「予測式」のそれぞれの特徴があります。

赤ちゃんの様子やライフスタイルなどを考えて、自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

正確な体温計、正確な測り方は?

正確さを求めるなら、やっぱり脇で測るタイプ?

誤差を少なく正確に測りたいのであれば、少し時間はかかるものの脇タイプの体温計がおすすめです。

脇をしっかり閉じて測ることで、体内の温度が脇に集中し温まります。完全に温まった時の平衡温(へいこうおん)が正確な体温で、しっかり測るには10分ほどの時間が必要とされています。

現在販売されている電子式体温計は、大半が予測式となっているので、おおよそ30秒ほどで平衡温に近い予測体温を測ることができます。

正確な測り方をするためには?

短いものでは15秒もあれば測ることができるので、おもちゃなどで少し赤ちゃんの気をそらすようにすれば、誤差の少ない体温が上手に測れそうですね。

上の記事にもあるように正確さを考えると脇で測るタイプのものになります。

しかし、本当に正確に測るには10分程度の時間がかかってしまいます。

15秒程度で測ることのできる「予測式」の便利さも捨てがたいものです。

大人用の体温計で代用は?

大人用と子供用の体温計との違いは?

大人用の体温計で赤ちゃんの体温を測ることもできますが、赤ちゃん専用に作られたものは大人のものに比べて柔らかい素材で作られたり、脇に挟みやすい形状になっていたりするものもあります。

 

体温計にはいくつかの種類があり、脇以外で測るタイプのものがあります。

やっぱり測りやすさ、というところで違いが出てくるようですね。

赤ちゃんがじっとしていてくれるならいいかもしれませんが、嫌がったり、暴れてしまって上手く測れない。

予測体温を表示するタイプなどは、短時間で測りたい。という場合は試してみても良さそうですね。

赤ちゃん用の体温計のメリットは?

・大人用のものに比べて短時間で体温を測ることができるものが多い。
・赤ちゃんのことを考えた形状や柔らかさで安心。
・赤ちゃんの脇にフィットして測りやすい。
・温度計など体温計以外の用途にも使えるものがある。

大人用のものでも代用できなくはありませんが、赤ちゃん用が1つあった方が良いように思います。

必要な時に壊れてしまうこともあります。

スポンサードリンク

私の家では、大人用1個、赤ちゃん用1個の計2個の体温計がありました。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です