ロンパースと肌着、カバーオールの違いは?新生児も?

Pocket

今回は、それぞれの違いについてまとめてみました。

肌着との違いは?

 

そもそもロンパースと肌着は、カテゴリが全く違うものです。

一般に、ロンパースは服として、肌着は下着として赤ちゃんに着せてあげます。

ロンパースは上下が一体型になっていて、オムツの交換も楽チンでとても便利です。

 

スポンサードリンク

 

肌着は色々な種類があり、紐で結んでとめるタイプ、ボディ肌着は股下をスナップでとめることができるのでアクティブに動くようになったときに重宝する肌着です。

http;baby-fashion.club

赤ちゃんの服を買うとき、肌着、ロンパース、カバーオールなど色んな種類が出てきてよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

 

カバーオールとロンパースの違いは?

 

ベビー服で良く耳にする、ロンパースとカバーオールは、どちらも似たような形をしていますが、一体何が違うのでしょう?

実際のところは、ロンパースとカバーオールにははっきりとした違いはなくて、細かい部分の違いで、分類されているようです。

 

ロンパースは頭からすっぽりかぶせて、お股まで覆うことができる、つなぎのような下着になります。

首が座ると上下に分かれた洋服を着せるようになりますが、そんなときでもお腹がでないので冷え防止にもなり安心ですし、股のスナップがあるのでオムツ替えもしやすいのが特徴です。

  • 長袖・半袖・ノースリーブ
  • 足は覆われていない
  • 股下スナップタイプ
  • 肌着としても使用可能なものが多い

 

カバーオールは、肌着やロンパースの上に着る、つなぎの洋服になります。

前開きのものが多く、足元までしっかりと覆われています。

夏は半ズボンタイプ、秋冬は長ズボンタイプ、半袖、長袖などいろいろな種類があります。

素材も季節によってさまざまで、コットンやフライス、フリース、ニットなどがあります。

カバーオールの特徴は、赤ちゃん用の洋服であること。

赤ちゃんの時期にしか着られないアイテムです。

  • 長袖・半袖・ノースリーブ
  • ズボンタイプが多い
  • 足が覆われている
  • 股下スナップタイプ
  • 洋服として使用

http;mamari ・MuGyuu

明確な違いがないんですね。通りで迷う訳です^^;

若干違うのは、足が覆われているかと、ロンパースが若干肌着寄り、カバーオールが、洋服寄りという感じでしょうか?

あまり気にしなくて良さそうですね。

新生児のロンパースは?

 

ロンパースのサイズは大体50~60㎝以上からになっています。

新生児の最初のロンパースはぴったりサイズの60㎝がおすすめのようです。

 

ロンパースには前開きタイプとかぶりタイプの2パターンがあります。

まだ首の座っていない時期は前開きタイプ、首が座り、寝返り等で服を着せるのが困難になってきたらかぶりタイプにするのがおすすめです。

成長に合わせて選びましょう。

http;マイナビウーマン子育て

すぐに成長するので勿体無い気がして、ついつい大きめのサイズを選びがちですが、上に何かを着るときに、中で肌着がかさばり、肌に負担になるようです。

やっぱり、ぴったりがベストなんですね。

肌の負担は減らしたいですが、家計の負担も気になるところです^^;

 

男の子にもロンパース?

男の子の服は女の子の服ほど色や柄の種類がない、と思っていませんか?

いえいえ、男の子のロンパースも可愛いデザインのものがたくさんありますよ。

まだまだロンパースは、はっきり性別は分かれているものは少なく、これから増えそうですね。デザインや色、キャラクターで男の子っぽいもの、女の子っぽいものと区別するのも良いと思います。

わたしは赤ちゃんの服を買い揃える時に、前もって何が必要か調べていたのですが、色々な種類の服が出てきて何がなんだか??となっていた時がありました。

画像で調べてみてなんとなくわかったものの、売り場に行ってみると種類が多くて余計に迷ってしまいました。

そんな時は、迷ってあれこれ買ってしまうよりも店員さんに聞くのがオススメです。

売り場の店員さんは女性の事が多く、言ってみれば先輩ママ。私が相談した店員さんは自分の経験もふまえて、いる物いらない物を丁寧に教えてくださいました。

みなさんも迷ったら、店員さんに相談してみてはいかがでしょう。

赤ちゃんのカバーオールとは?

カバーオールは、「脚まで布で覆われている物が多い」のが特徴です。

夏でも下着を着た上にカバーオールを着たり、生地が厚い物であれば上着変わりになったりします。

一般的なカバーオールの特徴をあげてみます。

 

•長袖・半袖・ノースリーブ
•ズボンタイプが多い
•股下スナップタイプ
•洋服として使用

 

裾にゴムが入っているものもあり、足が出ないように工夫されていますので冬のお出かけにおすすめです。

ロンパースはよく耳にしますが、カバーオールと言うものがあるんですね。

足まですっぽり覆われているカバーオールは冬の寒い時期にはピッタリだと思います。

持っていない方は、冬に備えて赤ちゃんのために用意してあげると良いかもしれませんね。

赤ちゃん、新生児のカバーオールのオススメは?

新生児用カバーオールは、汚れが目立たないものや繰り返し洗濯してもくたくたにならないもの、着替えやすいデザインのものを選びましょう。

素材も色々なものがあります。夏には綿やガーゼ素材などの通気性や吸収性の良いもの、冬にはキルトやフリースなどの保温性が高く厚みのあるものを選ぶといいでしょう。

ツーウェイオールやドレスオールタイプは、新生児のうちはボタンを留めずにドレスのように使用し、足を動かすようになったらボタンを留めてズボンのように着ることができます。

成長に合わせた着させ方ができるので経済的ですよ。

赤ちゃんに着せるものなので可愛いものを選びがちですが、着替えやすく肌に優しいなど、おすすめされているものも揃えておきたいですね。

これから赤ちゃんの服を揃えようと思っている方は、おすすめされているようなカバーオールを選んであげると良いかもしれませんね。

赤ちゃんのカバーオールの着こなしは?

外に出るときは女の子なら、フリルのついたかぼちゃパンツやブルマがかわいいですね。

また男の子は短パンをはかせるという着こなしでよいでしょう。

外にいてもあたたかく感じるくらいの日は2ウェイオール1枚で十分。

夕方の肌寒さが心配だったら、ベストや靴下など防寒アイテムを持参して。

肌寒い日は肌着+2ウェイオールにカーディガンをプラス。

羽織るだけで手軽に体温調節ができるので、お出かけ時にも大活躍。

一枚あると便利ですよ!

気温が低めの日は、カバーオールの上からポンチョを着せたスタイルがおすすめ。

ポカポカ陽気の日は2ウェイオールやカバーオールの上に薄手のカーディガンをオン。

カーディガンは体温調節に役立つだけでなく、きちんと感も出せるので、おめかしシーンにもピッタリ。

 

あたたかい日にお家で過ごすなら、肌着の上からカバーオールを着せるだけでOK。

気温によっては半袖でも十分です。

春は気温差が激しい季節です。

寒い日は肌着を重ね着する、暑い日は素足にするなど、その時々の気温や体感温度に合わせてママがコーデを調整してあげましょう。

赤ちゃんにもかわいい着こなしをしてあげたいですよね。

女の子には可愛らしさ、男の子には格好良さを着こなしで表現してあげるとよりかわいくなるかもしれませんね。

同時に暑さ・寒さ対策も必要ですね。

カバーオールを型紙で手作りも出来る?

型紙があれば、袖の部分の布を替えて作ってみるなどすると、何着も同じものを作ることができます(^^)

フリース、ニット、綿ジャージ、スムースや天竺(Tシャツの生地)などがおすすめです。

ミシンメーカーのブラザーが無料で型紙を公開しています。

自分で作った服を赤ちゃんに着せてあげたいと思うお母さんは多いと思います。

スポンサードリンク

型紙があれば作ってあげることが出切るようなので、手作りを考えているお母さんは是非試してみてください。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です