療育手帳の更新に必要なものは?できなかった時や判定は?

Pocket

療育手帳の更新に必要なものは?

更新に必要なものは、各都道府県や政令指定都市で異なる事がありますので、確認してください。

 

スポンサードリンク

≪≪一般的には≫≫

*手帳交付申請書(更新の場合は手帳更新申請書、再交付の場合は手帳再交付申請書)
役所の窓口で貰えます

*お子さん本人の顔写真(上半身)1枚
正面を向いており帽子などを着用していないもので、顔全体がはっきり分かるもの。


大抵の場合縦4cm×横3cmで、大抵の場合申請から1年以内の撮影。


保護者の印鑑
認め印。朱肉を使わないシャチハタ不可。

更新の時に必要なものは申請書と印鑑と申請を受ける人の顔写真です。

療育手帳を受け取る子の顔写真が必要なのですが、正面を向いてる写真があればいいのですが、難しい場合もあるので、そういう場合は、これはどうか?と申請窓口に聞いてみましょうね!

療育手帳の更新時期は?

次回更新期間は、年齢や障害程度によって異なります。


手帳に記載されている“次回判定日”の約1ヶ月前になりましたら、更新の案内通知をだします。

申請や更新の時期についてのワンポイントアドバイス

成長や適応の悪くない方は、年齢が上がるにつれて知能指数も上がっていくことがあるため、高校受験や就労のタイミングで申請または更新となると、非該当になって交付されなくなることもあります。

お住まいの地域の更新の間隔を考えながら、取得や更新の時期を検討することも一手だと思います。

更新時期はそれぞれ違います。年齢によって更新の年数は異なるそうです。

また、更新の通知が来るか来ないかは自治体によっても違うので、引っ越し等をしたら必ず確認するようにしましょうね◎

また、更新の時に再度判定をするのですが、その時に知能指数が上がっていたり、軽度になっていたりすると更新はされない事もあるようです。

納得がいかない人は不服申し立てをする事が可能ですが、判定する人はまた同じ機関なので、よっぽど覆す何かがないと難しいようです^^;

療育手帳が更新出来なかった時は?

言われたのは、「IQ75以下でないと…」

「今回は、手帳の申請はできません

「お子さんのIQが境界値を超えていますので…。75以下でないと、手帳は申請出来ないんです。

え?数値だけで判断されるの?

そもそも療育手帳は知的障害者のためのものであり、発達障害者のためのものではないということは、私も前もって知っていました。

しかし、生活の困難度に応じて申請できるということも聞いていました。

更新を受けられなかった方の口コミでしたが、療育手帳には診断基準があるので、その基準を満たしていないと療育手帳はもらえないようです。

また、更新時に、再判定しますが、その時、初めて受けた時より軽くなっていたり、IQが高くなっていたりすると更新出来ない事があるそうです。

不服申し立ても出来ますが、基本的には2年待ってまた申請するそうです。

2年待つのは長いですよね><

療育手帳の更新や再審査、再判定について

療育手帳の更新のタイミングですが、就学前(小学校入学前)までは2年毎の更新になっています。

 

 

就学後は3年毎です。

療育手帳の更新にかんしては更新月の1ヶ月前くらいに役所からその旨の通知が来ます

 

18歳以上で療育手帳を更新する場合は「障がい者更生相談所」というところで行われているようなので注意が必要です

「再判定不要」と表現している所もあります。

ただし、長い年月の中で障害程度が重くなる方も居ます。その場合には、希望すれば再判定を受けることができます。

上記が更新について口コミでしたが、自治体や市区町村によっても違っているので、更新が必要な場合は必ずお住いの市区町村の相談窓口で聞いてみましょう。

または、更新する頃になるとその旨の通知がくるようなので、届いたら更新しに行きましょう。

 

療育手帳の判定方法は?

療育手帳は、申請すれば必ず取得できるわけではなく、障がいの程度や知能指数によって判定され、交付されるかどうかが決まります

都道府県によって、具体的な判定基準や判定ランクの設定は異なります。

判定方法は申請すれば必ず取得出来るものではないようです。

都道府県が決めた判断基準に沿って判定結果は出しているそうです。

また、重度の設定区分分けも自治体によって違ってくるそうですよ。

重度Aだとそれなりの割引制度を使えるそうですが、かといって自分の子が重度Aと診断されるのも辛いものがあって、親からすると、そこは複雑な心境になりますよね。

 

療育手帳の判定の区分は?

療育手帳の等級(認定区分)は、地方自治体によって大きく4つに分かれます。

 

A区分・B区分

A区分:IQが35未満(重度知的障害以上)、もしくは、IQが50未満(中度知的障害以上)で身体障害がある

・B区分:IQが35~49(中度知的障害)

 

A1区分・A2区分・B1区分・B2区分

・A1区分:IQ35未満(重度知的障害以上)

・A2区分:IQ35~49(中度知的障害)で3級以上の身体障害がある

・B1区分:IQ35~49(中度知的障害)

・B2区分:IQ50~69(軽度知的障害)

 

A区分・A区分・B区分・C区分

・A区分:IQ20未満(最重度知的障害)

・A区分:IQ20~34(重度知的障害)

・B区分:IQ35~49(中度知的障害)

・C区分:IQ50~69(軽度知的障害)

 

1級・2級・3級

・1級:障害者手帳の1級と同程度

・2級:障害者手帳の2級と同程度

・3級:障碍者手帳の3級以上と同程度         

判定区分は地方自治体によって呼び名が4つに分かれているようです。

療育手帳を貰う時、自分の住んでいる自治体ではどの区分か教えてもらえるでしょう。

ほとんどはIQで判断しますが、1級〜3級で区分分けする街もあります。

その場合は障害者手帳の区分分けとほぼ同じ等級となっているようです。

 

療育手帳の厚生労働省の判定基準は?

スポンサードリンク

障害の程度の判定

1 障害の程度は、次の基準により重度とその他に区分するものとし、療育手帳の障害の程度の記載欄には、重度の場合は「A」と、その他の場合は「B」と表示するものとする。

 

(1) 重度
一ハ歳未満の者
昭和三九年三月一三日児発第一九七号児童局長通知(「重度知的障害児収容棟の設備及び運営の基準について」)の1対象児童の(1)又は(2)に該当する程度の障害であって、日常生活において常時介護を要する程度のもの

一八歳以上の者
昭和四三年七月三日児発第四二二号児童家庭局長通知(「重度知的障害者収容棟の設備及び運営について」)の1の(1)に該当する程度の障害であって、日常生活において常時介護を要する程度のもの

 

(2) その他
(1)に該当するもの以外の程度のもの

2 障害の程度の区分については、1に定める区分のほか中度等の他の区分を定めることもさしつかえないものとする。

3 障害の程度については、交付後も確認する必要があるので、その必要な次の判定年月を指定するものとする。

上記が厚生労働省が発行した判定基準であります。

難しく感じますが、療育手帳を貰う基準と同じ内容の事が書かれています。

療育手帳を貰えるのは区分AとBに分け(区分分けは自治体により異なります)そしてまたそれが18歳以上か未満で違ってきます。

また更新の期間は就学前だと2年毎、就学後は3年毎だそうです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です