未熟児とは?定義は?発達障害はいつ分かる?特徴は?

Pocket

未熟児や低体重で生まれてきた場合、やはり障害があるかないかは一番最初に心配してしまうことかもしれません。

この先どう成長していくかは未熟児であってもなくても心配の種ですから、未熟児であったらより一層気になる事ですよね。

 

スポンサードリンク

未熟児の障害の確率や関係性は?

 

在胎週数35~37週未満の早産児では、正期産児と成長は、ほとんど変わらないようです。

34週未満の早産児は、6歳の時点で約8割以上が普通学級に就学し、通常と同じような学校生活を送れるようです。

在胎週数が、おおよその目安として使われているようですね。

 

体の機能が完全にでき上がる前に生まれてくると、正期産児と比べて注意欠如多動性障害、学習障害、聴力障害などになりやすい傾向があるとされています。

在胎週数が28週未満だった低出生体重児・早産児は脳性麻痺や精神発達遅滞、視力障害などのリスクが高く、長期のフォローアップが必要です

障害が残る可能性があると診断された場合、乳児の段階で的確に状態を掴むことは難しいので、定期的に検診を受けて経過を見守ります。

 

ある程度成長しないと分からないことも、まだまだ多いようですね。

可能性が疑われる場合は、フォローアップで経過を見ていくようです。

しかし、生まれるのが早ければ早いほどリスクが高い傾向にあると言えそうな印象はありますね。

 

障害が残る確率については、極低出生体重児では5パーセント以下、超低出生体重児では5~10人に1人の割合と言われています。

しかし現在、日本の医療は日々発達しています。

手厚いサポートを受けることにより、障害が残りにくくなったりもするようですね。

未熟児で生まれるとやはり、障害の確率は高くなるでしょう。

しかし、新生児医療はとても高い技術があります。そして、こうしている今も進化し続けてくれています。

昔だと諦めるしかなかった事も今は助かったり、リスクが減ることも多いそうです。

発達障害なども理解されることが増えたり、新たにわかってきたこと、早期からの治療が可能になったことで生活のしにくさが軽減されてきています。

 

未熟児の特徴は?

皮膚が薄く赤っぽい

体温調節、呼吸機能が未熟

免疫力が十分でない為、感染症にかかりやすい

消化吸収の機能が未熟なので、直接ママから母乳を与えることはせず、哺乳瓶で授乳を行う。

皮膚が赤黒かったり、たくさんの管で繋がれていたり、目を逸らしたくなる姿ではありますが、未熟児で生まれるとNICUやGCUに入ることがほとんどです。

そこで24時間体制でしっかり管理してもらいます。

お医者さんや看護師さんがきちんと見守ってくれるのでとても安心できます。

 

未熟児の障害はいつ分かるの?

すぐ発覚するもの、成長するにつれて発覚するものと分かれます。

障害と言っても種類は数多く存在します。

 

未熟児の赤ちゃんの障害が分かるまでにはバラツキがあり、一概には言えないようです。以下に一例を見ていきましょう。

 

両親のいずれかが遺伝子病の保因者だったり、お母さんが35歳以上の場合は、出生前検査の一環として、妊娠9~11週に超音波検査を行うことがあります。

胎児スクリーニング検査を妊娠11~13週に行うと

ダウン症や18トリソミー、13トリソミーのほか、染色体異常が起きている確率が高いかどうかを知ることができます。

超音波検査で異常が見つかるのは、経膣から経腹での検査に切り替わる、妊娠12~15週であることが多いようです。

障害の有無は、お腹の中にいる時から上記のような検査をして分かるものもあれば、成長して小学生くらいになってわかるものもあったりと、一概には言えません。

しかし、あらゆる可能性をお医者さんは教えてくれます。

心配な事はお医者さんや看護師さんに相談してみるといいかもしれません。

最近では未熟児という言葉をあまり聞かなくなった様な気がしませんか?

最近聞くのは低出生体重児や早産児などが多いですよね。

では未熟児ってどんな赤ちゃんの事を言うの?

小さく生まれると発達障害になりやすいって聞くけどどうなの?

と考えるママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの未熟児の定義とは?

 

現在では、未熟児とは「身体の機能が十分に成熟していないうちに生まれた赤ちゃん」のことを指します。具体的には、出生体重が2,500g未満、かつ早産で産まれた赤ちゃんのことを指します。

以前は2,500g未満の赤ちゃんのことを総称して、未熟児と呼んでいました。

しかし、体重が軽く生まれても身体機能には問題がない赤ちゃんもいれば、逆に2,500gを超えていても、身体機能が未熟な赤ちゃんもいます。

 

結果的に、出生体重だけで未熟児と決めるのは適切でないと判断され、赤ちゃんの身体機能も考慮し、出生児の分類がされることが多くなりました。

 

未熟児と言われ想像するのは小さく生まれた赤ちゃんですよね。

しかし現在の定義では「身体機能が未熟な赤ちゃん」を指すので大きさで判断は出来ないようです。

お医者さんによっては、今でも以前の呼び方で、未熟児というのは出生体重が2,500g未満の赤ちゃん、という意味で使っていることもあるようなので、不明瞭な時は、どちらの意味で使っているのか確認しておいた方が良さそうです。

未熟児とは言わないの?

出生体重の分類

 

☆低出生体重児

2,500g未満の出生児のことです。

 

☆極低出生体重児

1,500g未満の出生児のことです。

 

☆超低出生体重児

1,000g未満の出生児のことです。

 

低出生体重児には、妊娠期間は十分だが小さく産まれた場合と、早産で産まれた場合の2つがあります。

 

在胎週数で分類

ママのお腹の中にいた期間を在胎週数といいます。

 

☆早産児

在胎37週未満で産まれた赤ちゃんのこと

☆正期産児

在胎37~42週未満で産まれた赤ちゃんのこと

☆過期産児

在胎42週以降に産まれた赤ちゃんのこと

 

未熟児の定義が身体的に未熟となって出生体重が関係なくなったので、出生体重だけで分類する場合には3つにわけられます。

こちらは体重だけの分類なので身体的な機能の未熟さは関係ありません。

また、在胎週数で分類されることもあり、こちらも3つに分けられます。

発達障害や自閉症との関係性は?

早産の早い時期に生まれた赤ちゃんでは、脳内で出血を起こすリスクが高くなります。

脳出血が軽度であった場合、大半には何の症状もなく正常に成長していきます。

脳出血が重度で会った場合、脳性麻痺や発達の遅れ、学習障害のリスクが高くなります。

 

未熟児や早産児、低出生で生まれた赤ちゃんに発達障害が多いと言われることがあります。

ほとんどの赤ちゃんは正常に育っていくようですが、身体の機能が未熟な状態で生まれてくることには、どうしてもリスクを伴ってしまいます。

発達障害は脳機能の障害が原因と考えられてるので、早い時期に生まれると脳内出血が起こるリスクが高く、結果的に脳機能に障害が出て発達障害になるリスクも高いとされているようです。

発達障害はいつ分かる?

発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群を含む広汎性発達障害または自閉症スペクトラム、ADHD、学習障害などがありますが、一人一人の子供に現れてくる症状はとても多様です。

発達障害は男の子に多いといわれ、男の子が多動なので目立ちますが、逆に女の子はおとなしいのでわからないことも

知的な遅れがある場合

言葉の遅れや、身辺自立ができないなど、3歳までを目安にわかってくるようです。

知的な遅れがない場合

小学校に上がってからわかるということもあり、なかなか気がつかないこともあります。

 

 

赤ちゃんの発達は個人差がありますし、なかなか早い時期にわかるということは難しいかもしれません。

1歳半検診で発達障害の可能性があると言われる子もいれば、学校に入ってから勉強についていけず学習障害がわかる子も居ます。

しかし、早期の発見と療育がその子を伸ばすとも言われているので発達障害の特徴をよく知っておくと、早くに気づくことが出来るかもしれません。

赤ちゃんが小さく生まれると、不安がたくさんありますよね。

ずっと小さなままなのかな?

いつかは追いつくのかな?

どういう経緯をたどって成長するんだろう?

気になることでいっぱいだと思います。

今回は、そんな未熟児として産まれた赤ちゃんについて見ていきましょう。

成長過程や特徴は?

本来の出産予定日から年齢を数えた修正月齢を目安に発達は進んでいくので、お座りやつかまり立ち、伝い歩きなどの獲得できる運動機能の時期は遅くなる傾向があります。

言葉や知能の発達の遅れがみられることもありますが、年齢が大きくなるにつれて、体格も大きくなってくると、急激に発達が追いつく場合もあります。

 

お腹の中で充分な栄養を得ることができなかった分、本能で大きく成長しようとする傾向があります。

栄養不足で産まれた赤ちゃんは、出生後に母乳やミルクからの栄養をより多く吸収しようとしていることがわかっています。

そのため、通常の赤ちゃんよりも体が大きくなるペースが速く、将来的には肥満や高血圧などのメタボリックシンドロームになりやすい傾向にあります。

修正月齢で見ていくこと以外に、成長過程で変わった事は特にありません。

焦らずに、修正月齢を目安に成長を見ていきましょう。

年齢を重ねるごとに徐々に周りに追いついていく事が多いようです。

成長が遅い、遅れる?

発育ペースが遅いと感じられることがあっても、将来的にはその成長も正期児に追いつき、小学校に入学する頃には同等の成長を見せてくれると言われています。

2~3カ月ほどの遅れが見られることはあっても、心配するほどではない場合が多いのです。

やはり、小さく生まれた分最初の発育は遅れがちのようです。

赤ちゃんの2~3ヶ月の成長の違いは大きいですよね?

ゆっくりでも確実に成長はしていくので安心して下さいね。

成長が追いつくのは?

目安として、出生体重が1500g以上の早産児は1歳頃まで

出生体重1250~1500gの早産児は2歳頃までには、身長・体重、発達ともに正期産児に追いつく(キャッチアップする)ことが多いようです。

出生体重がそれ以下の早産児も、もう少し時間はかかりますが、ほとんどが6歳頃、遅くとも9歳頃までには身長・体重、発達ともに追いつくとされています。

 

2~3ヶ月の遅れが埋まるようになるのは、出生体重にもよりますが一般的には1歳~3歳と言われています。

正期産で生まれた赤ちゃんでも成長には個人差があります。

大きな赤ちゃんも小さな赤ちゃんも、その子のペースでの成長を見守っていくことが大切ですね。あまり心配しすぎなくても、いずれ追いついてくれるようです。

ただし、何かしらの病気や障害などがある場合や、個人差による成長のペースなどにより、想定よりも発育が追いつくのが遅くなる可能性も考えられます。

 

成長ホルモンが関係してる?

一般的に2、3歳頃を目安に病院を受診するよう勧められるのは、SGAや早産などで小さく生まれた赤ちゃんもその頃になると標準値の範囲内に追いつく場合が多いのですが、1割ほどのお子さんが3歳を過ぎても標準値に追いつかないため、その原因を調べて必要があれば治療を開始するからです。

未熟児で生まれたから成長ホルモンの分泌が悪い、ということが必ずしも起きることはありません。

成長がゆっくりなのも成長ホルモンが関係しているわけではなさそうです。

スポンサードリンク

しかし、3歳を過ぎても身長が標準値の範囲内に入らない場合は成長ホルモンの分泌が悪い可能性も含めて検査、必要があれば治療を受けることができます。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です