赤ちゃんの健やかな成長を願う行事の数々①~長寿を願って~

Pocket

日本では「お七夜」「お宮参り」「百日祝い」など、赤ちゃんが誕生してから育った日数によってお祝いをしてきました。

区切りごとをに子どもの健全な成長を記録したり、見守ったりということができます。また、親子や親類が良い関係を築くことにつなげることもできます。

「お七夜」「お宮参り」「百日祝い」

「お七夜」は、誕生から一週間後に名前を書いた紙を神棚などに貼りました。昔は今よりも誕生直後に亡くなることも多かったので、この時期に命名していたそうです。

現在では、母子の退院の時期でもあるので、退院祝いとして、親戚など内輪の人達でお祝いする場となっていることが多いです。

「お宮参り」は、氏神様(地域の守り神)に赤ちゃんが生まれたことを報告し、今後の健やかな成長を祈願するための行事です。家のそばの神社に行くのが一般的です。

男子は生後30日、31日、女子は生後31日、33日が良いとされています。しかし、最近は母親や赤ちゃんの体調を見ながら日程を選ぶことが多くなっているようです。

「百日祝い」は「お食い初め」とも言い、生後百日の時点で、その子が生涯食べるものに困らないように食事の真似をさせる行事です。

食事は、伝統的な一汁三菜の膳です。尾頭付きの鯛、赤飯や紅白の餅、香の物、焚き物、吸い物となります。その他に、歯が丈夫になるように「歯固め石」も出されます。

また、「出産祝い」、「内祝い」などの風習もあります。昔は「出産祝い」として、男子には「のし目模様の門月広袖」、女子には「友禅模様の紋付着物」を妻の実家から祝い着として送り、それを「お宮参り」の際に着せることになっていました。

こういった風習がなぜできたのか?

こういったものは、日本の風土の中で長い年月をかけて出来上がってきたものです。こういった風習だけではありませんが、長い時間をかけて出来上がってきたものは、その社会にとってとても意味のあるものであることがが多いです。

植物がその土地に合ったものが自然と増え、昆虫などによって種が運ばれてもその土地に適さないものは根付いていかないように、風習などもその土地の暮らしに適していないものは、廃れていってしまうのだと思います。

現在の社会は急激に情報化社会が進んでいます。人類の進化の歴史においては、どの時代も常に変化をしていたのですが、今の変化はスピードが尋常ではありません。

AIの進歩なども含めて、人間の能力以上のスピードで進んでしまっているように感じます。「シンギュラリティ」と呼ばれるAIが人間を超えるされる点は2045年だとされています。

こういった時代だからこそ、先人たちが培ってきた伝統的な風習が大事になってくるのではないかと思います。

 

 

 

執筆者

鈴木 邦明(すずき くにあき)
小田原短期大学 保育学科 特任講師


小学校の教員として22年間勤め、現在は短大で健康教育を教える。
「心と体の健康」をテーマに、健康教育、幼保小連携、学級経営など幼児・児童に関する多方面な研究活動を行う傍ら、執筆や取材協力など多数手掛ける。

研究用HP
http://www.geocities.jp/ks20010630/

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です