産後クライシス離婚の原因や割合は?復縁や慰謝料は?

Pocket

産後の離婚したい原因や割合は?

厚生労働省の離婚率の調査によると、全体の婚姻数に対する離婚率は約35%と、3割を超える夫婦が離婚に至っていることがわかります。

このうちの約76%は子どもが産まれてから10年以内に、さらにそのうちの3割以上が、子どもが0〜2歳の間に離婚しているのです。

 

統計によると出産後2年以内の離婚が多いとそうです。

「産後うつ」などの原因が影響し、夫婦の人間関係がしっくりいかなくなってしまうと考えられます。

この話しからも分かるように、産後の環境の変化による産後クライシスの状態でかなり多くの夫婦が離婚に至っている、ということをよく表していると言えるでしょう。

その時期は、互いに難しい時期だということを意識するだけで状況は変わってくると思います。

復縁の為には?

復縁したいなら焦らずに距離を縮める

元旦那と復縁したいと思っても、急に親密な空気に持っていかないようにしましょう。

一度心が離れてしまった2人が、また心を通わせるには、かなりの時間が必要ですので、焦らずじっくり距離を縮めましょう。

 

勝手な思い込みはNG

女性は男性と別れても、気持ちのどこかで「この人は自分のことをまだ好きにちがいない」という勝手な思い込みがあり、ついつい相手の気持ちを勝手に解釈してしまいがちです。

一旦落ち着いて、周りの意見を聞いたり、客観的に自分と相手を見つめて、現状を把握してみましょう。

 

離婚の原因となった理由の対処法を考えておく

離婚の原因は何だったのでしょうか。相手の浮気やパワハラなど、復縁してまた同じようなことがおきないとも限りません。

復縁前には、未然に再び同じような事にならないような方法や、そうなった時の対処方法も考えて、考えられる準備はあらかじめしておきましょう。不安要素を減らしておけば、その分安心に繋がりますよ。

 

明るい自分をアピール

男性は明るく自立した女性を好む傾向がありますから、大変な気持ちを伝えつつも、「子供たちが可愛くて毎日が幸せなの!」と、元旦那が羨ましがるようなポジティブな態度で明るい自分をアピールしてみて下さい。

元旦那も会うたびに愚痴を聞かされ続ければ、うんざりしてしまうかもしれません。明るく自立している姿を見て、やり直すイメージが湧くのかも知れませんね。

 

元旦那との接点を探してみる

離婚をしてから元旦那と復縁するためには、愛が復活するよう2人が向き合える時間を確保する必要があります。

一時の勢いで離婚をしてしまったもののやはり「復縁したい」と考える人も少なくないようです。

注意が必要なのが、相手が同じことを考えているとは限らないということです。

新しいパートナーがいるかもしれません。

慎重に行動を取る必要があるでしょう。

慰謝料はもらえない?

 

離婚の慰謝料というのは「離婚することで受ける精神的苦痛に対して支払われるお金」のことです。

ですので、離婚時に必ず支払われるといったものではなく、精神的苦痛に対して一方が請求するものなのです。

 

夫の不倫や浮気、DVやモラハラなどが離婚の原因になったとき、妻は精神的苦痛を受けたとして夫に対して慰謝料の請求ができます。

産後クライシスを始め、性格や価値観の違いなどが原因の場合だと、具体的な精神的苦痛の内容や、責任の有無などが曖昧になるので、慰謝料の請求も難しいようですね。

 

相手からの不当な行為を受けていないやお互いの責任が同程度である場合は慰謝料の請求は難しいことが多いようです。

他にも慰謝料の支払いは第三者に請求できる場合があります。

離婚の原因が夫の浮気である場合、不倫相手と夫が共同で不貞行為を行っていると考えられるため、その責任も共同で負うことになります。

離婚の際の慰謝料の請求は状況によってできる場合とできない場合があります。

「精神的苦痛」に対して慰謝料が支払われるものです。

不倫や暴力など、相手側に明らかに問題がある時は慰謝料は出ますが、性格の不一致などの場合は出ません。

慰謝料の請求に関しては、原則離婚が成立してから3年が時効となりますので、期間を

過ぎると請求ができなくなりますので注意してくださいね。

スポンサードリンク

離婚などを考える際は、きちんとそういったことを考えておく必要があります。

 

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です