赤ちゃんの成長曲線とは?頭囲の測り方は?早いと良い?遅いと良くない?

Pocket

赤ちゃんの成長曲線とは?

赤ちゃんの成長曲線は、厚生労働省が10年ごとに行っている、全国の乳幼児を対象とした発育調査のデータをもとに、体重や身長を男女別に集計して成長推移をグラフにしたものです。

現在は、平成22年に厚生労働省が実施した「乳幼児身体発育調査」の結果が最新のデータになっています。

赤ちゃんの成長曲線は、パーセンタイル(百分位数)という統計方法によって作成されています。

簡単にいうと、全体を100として捉えたときに、小さい方から数えた数値のこと。

50が中央値で、3~97番目の数値が記載されています。

成長曲線は、赤ちゃんの平均的な成長の数値を示しています。

自分の赤ちゃんの状態をある程度知ることができます。

母子手帳などにも記載されていますので、定期的に行われる乳児健診時などの際に、赤ちゃんの身長や体重の値を表に記入していくと成長度合いを把握できます。

ただし、注意事項があり、あくまでも標準的な数値が示されているので、その値から外れていたとしてもそれだけで病気などだとは思わない方が良いです。

生まれつき大きい赤ちゃんもいますし、小さい赤ちゃんもいます。

未熟児で生まれた子どもは、生後3か月とだとしても、平均よりはかなり小さいはずです。

そういったその子どもの状況を把握しながら数字と関わると良いと思います。

 

成長曲線の頭囲の正しい測り方は?

 

正しくは、後頭部の一番出っ張っている所と、眉間を結んだ線を計ります。

後頭部がいびつで出ている部分がはっきりしない場合は、眉間からまっすぐ一直線になるように測ります。

たとえが恐ろしいですが、眉間から垂直に輪切りにしたような感じです。

耳の上を通るときに、メジャーがゆがまないようにするのがコツです。

横を向けて確認するといいです。

頭囲の測定はなかなか難しく、きちんと測れていないことが多いようです。

親がやろうとするとなかなか難しいものです。

パパなどと協力して、ふたりで計るとスムーズに出来そうですね。

 

赤ちゃんの成長が早いのは良い?

発育が良いことは嬉しくはあるものの、成長曲線を上回りすぎると、それはそれで何かの病気かと不安に感じてしまいます。

また、身長が上回っている赤ちゃんの場合は同じように体重も上回っている場合が多く、この場合心配はいりません。

パパやママが高身長であることもありますし、食欲旺盛で母乳やミルクをたくさん飲む赤ちゃんだってもちろんいます。

次の段落にも書いてあるのですが、発育は早ければ良い、ゆっくりならば良いというものではありません。

遅れるよりは早い方が親としては安心をしますが、例えば、ハイハイなどは出来るだけ長い期間やっている方が良いとされています。

ハイハイをすることで、体幹などが鍛えられるとされています。

個人差の、ほとんどは遺伝や体質によるものの場合が多く、多少成長曲線を上回っている分には、あまり気にしないで良さそうです。

 

赤ちゃんの成長が遅いのは良くない?

体重の増え方には個人差がありますが、生まれてから1ヶ月で約1,000g増加するのが標準といわれています。

女の子は男の子に比べ、体重の増え方がゆるやかな傾向がありますが、他にも特に新生児期には一度体重が減少する時もありますし、母乳やミルクをあまり飲まない少食の赤ちゃんもいます。

このように赤ちゃんの発育や体重の増え方には様々な要因から個人差が生じやすいため、単純に体重だけで発育を評価するのは難しいと言えます。

 

個人差があるので、過度に心配する必要はないと思います。

基本的に、食欲があって元気で機嫌良く過ごしているのであれば、成長曲線を多少下回っていても、必要以上に慌てたり不安に感じる必要はありません。

ただし、まれに病気である場合もあります。

スポンサードリンク

しっかりと赤ちゃんの様子を見て、状況によっては、医師の診断を受けてみることも必要でしょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です