二人目不妊の確率は?芸能人は?諦めどきは何歳?障害児の可能性は?

Pocket

不妊治療の諦めどきは何歳?

何もしないで諦める前に

そこまで授かりにくい身体ではなく卵管の流れを良くするだけでも妊娠できるのに、そのまえに諦めてしまっている「2人目不妊」の方が意外とたくさんいるそう。

 

スポンサードリンク

 

1人目出産の際の出血などで卵管がつまってしまい、2人目不妊につながるケースはかなり多いそうです(もちろん、ほかにもいろいろな原因はありますが)。

私は卵管造影検査でとおりが良くなったことで妊娠に至ったのですが、これって実はすごくすごく大切なことだと思うんです」

諦めるも諦めないも自分や家族としっかり話し合って納得して答えが出るといいですね!

諦めたと思ったら出来る時もあるし、治療をやめたら出来たり、治療自体がストレスやプレッシャーになっているとなかなか出来ない事もあるようです。

 

2人目不妊は障害児の可能性が多い?

実は、2人目不妊と障害児が生まれる可能性について、関係性があると言われているようです。原因を見ていきましょう。


2人目不妊は様々な原因がありますが加齢が関係してきます。

年齢をかさねることに精子と卵子が劣化していきます。


染色体異常が発生する確率は年齢とともに増加します。

ダウン症の発生率は20代の出産では0.1%だったのに対して35歳で0.3%、40歳では1%というデータもあります。

2人目だからといって必ずしも障害児が生まれてくる訳ではありませんが、可能性はあるのだそうです。

それは当たり前ですが、一人目よりも加齢していることや、産後の疲れが取れていないことなど様々な要因があります。

障害児にならない為には、妊娠前から葉酸を摂取することが大切だと言われています!

サプリでも食品からでも、葉酸を摂りましょう☆♪

 

二人目不妊の確率は?

全体の妊娠率でいうとその52.9%。5割強の方が妊娠されています。

年齢別だと34歳以下の方が72.4%35~38歳の方が42.9%、39歳以上の方だと33.3%の確率で妊娠されました。

1人目不妊の場合と妊娠率に大きく差があるかというと、そこは何ともいえませんね。

確かなのは1人目の時と同じように、条件として年齢が上がると妊娠率は下がってくるということです。

二人目不妊の確率でも、35歳未満は72.4%と、まだまだ高く可能性もありますが、やはり年齢が上がるにつれて妊娠率は下がるようなのです。

特に二人目不妊は、一人目不妊の方よりも、高齢になってきている事が原因ともあげられています。

 

二人目不妊、不妊の芸能人は?

不妊治療の末、無事に赤ちゃんを出産した芸能人の方々です。

 

東尾理子さん

批判覚悟で自らの不妊治療をオープンにし、不妊に悩む人たちへ励ましのメッセージを送り続けています。

 

大島美幸さん

妊活に専念するため、芸能界を休業

念願の第1子を人工授精で授かったことを発表しました。

 

矢沢心さん

「ベビ待ちゴコロの支え方-あきらめない妊活、31のコツ」を出版

タイミング療法、人工授精、体外受精をされて6年でやっとご懐妊だったようです。

 

ダイアモンド☆ユカイさん

「精子がないと言われた」という記者会見を見た方は、多いのではないでしょうか?男性側が原因の不妊も多いんです。

すごく精神的に辛い時期を乗り越えて無事に、可愛い双子を授かっておられますね!

 

ジャガー横田さん

子宮筋腫と高齢が原因で不妊となり、治療を行っていたところストレスで治療をやめることを決意します。

スポンサードリンク

その後、奇跡的に自然妊娠で授かっておられます。

芸能人でももちろん、不妊に悩み苦しみ、そして不妊治療をして授かった人達がたくさんいます!

ダイアモンド☆ユカイさんのように、男性側に問題がある場合もありますし、ジャガー横田さんのように治療を諦めた時に自然妊娠する場合もあります。

『ストレス』にならない事が大事なのかもしれませんね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です