不妊治療とは?平均費用や芸能人、やめどきは?

Pocket

不妊治療とは?

子供を望む健康的なカップルが、避妊をせずに性交渉を一定期間続けても妊娠に至らない場合に、「不妊症」と診断されます。

一般的に「一定期間」は1年とされています。

不妊治療とは、この不妊症のカップルのために、薬や高度生殖医療技術を通じて妊娠の手助けをすることをいいます。

現在、不妊の原因は女性側と男性側、そして原因不明の場合があるとされています。

それぞれに適した治療をすることを不妊治療といい、現在では高度な技術で、顕微鏡、体内受精、体外受精などのことを指します。

不妊治療の費用平均は?

不妊治療は高いことで有名ですよね。それで躊躇する夫婦もいるんだとか!

一体いくらくらいするのでしょうか?

不妊治療と言っても、さまざまな方法があります。大きく分けて、一般不妊治療と高度不妊治療があります。

一般不妊治療というのは、タイミング法と人工授精のことで、体外受精、顕微授精というふうに段階を踏んでいくと高度不妊治療と呼ばれます。

一般不妊治療に関しては、ほとんどの場合健康保険が使えるので、それほど高額にはならない場合が多いですが、病院によっては、保険を適用させない方が回数ややり方の自由がきくため、あえて自由診療でやっているところもあります。

体外受精や顕微授精に対しては、ほぼ保険がきかないので、自費負担になります。

ある調査会社によると、不妊治療、妊娠までの平均治療期間は25ヵ月、平均治療費は140.6万円というデータがあります。

不妊治療に掛かるお金は種類にもよりますが、約100万円以上〜200万円だそうです。

とても気軽に払えるお金ではありません。

また一般の不妊治療だと、保険は効きますが、顕微受精は体外受精は保険が効かないところが痛いところです。

不妊治療費をされてる方は助成金や医療費控除などとうまく組み合わせているようです。

不妊治療の芸能人は?

最近では、不妊治療をしている事を公表したり、『妊活してます』と伝え芸能のお仕事をお休みした方もいました!そして不妊治療の末、無事に授かった人もたくさんいます!

どんな方達が不妊治療したのでしょうか?

4年以上も妊活して待望の妊娠発覚をした保田圭さん

5年以上も治療して妊娠した矢沢心さん

乳がん発覚前に2度流産を経験した「だいたひかる」さん

不妊治療をした芸能人「東尾理子」さん

不妊治療をしてた芸能人「大島美幸」さん

アンジェラ・アキさんが子宮外妊娠を乗り越え出産!

後藤真希さんが不妊症を乗り越えて出産・妊娠

不妊治療の末に授かった人、諦めた人、そして男性芸能人も不妊症の方がいました。

芸人の大島美幸さんは妊活宣言をし、そして不妊治療をして男児を出産しました!

妊活を宣言した勇気、彼女はとても素晴らしいと思います☆

不妊治療のやめどきは?

 

不妊治療のやめ時は大きく分けて二つです。

・妊娠、出産したとき

・何らかの理由で不妊治療を断念したとき

一つ目のやめ時は、いわば不妊治療のハッピーエンド、こちらの場合は特に問題はないでしょう。

問題は二つ目、不妊治療では医師からやめ時をアドバイスされることはあっても、最終決断はカップルで行われなければいけません。

①年齢

②金銭的理由

③心身の理由、その他の理由

不妊治療のやめ時はそのカップル次第ですが、不妊治療の末に授かった事で不妊治療をやめるのはハッピーエンドですよね^^

他にも年齢や金銭的な理由がありますが、精神的な問題も重大な理由の一つであります。

『ストレス』は不妊に関わず万病の元と言われています。

不妊治療をやめた途端授かったという話しもあるくらいなので、ストレスがたまった時は『やめる』ではなくて『休む』でもいいかもしれませんね◎

心の負担を軽く出来たらいいですね!

不妊の原因は?不明の場合やランキングは?

不妊の原因としては、大きく分けると「女性不妊」「男性不妊」「原因不明」3つに分類されます。

スポンサードリンク

WHO(世界保健機関)が行った不妊原因調査によると、約41%が女性のみ約24%が男性のみ女性男性ともに不妊原因を有しているのが約24%、原因不明が約11%となっています。

不妊症と聞くと、ついつい女性の側に原因があるのでは?と思われがちなところがありますが、実際は男性側に原因があった、という事も半数近く確認されているようです。特に日本では偏った偏見があるので、今後正しい知識が広がっていくと良いですね。

不妊の中でも、原因不明の不妊は10~35%と言われています。

1~3割と差があるのは、ホルモン値やヒューナーテストなどの基本的な不妊検査で異常が認められなかった場合と、精密検査(腹腔鏡検査など)でも異常が認められなかった原因不明不妊が混在しているからです。

現代の科学でも、いまだに異常がなく、原因不明となってしまう事も、かなりあるようです。

 

不妊の主な原因は?

 

排卵障害(PCO・内分泌不全)

ホルモンの異常により、卵子を排卵しない状態

 

キャッチアップ障害(卵管采不全)

卵子を卵管に取り込む卵管采が機能しない状態

 

卵管因子(卵管通過障害)

卵管が何かの原因で詰まっており、卵子が通れない状態

 

着床・内膜因子(子宮内膜症・黄体不全)

子宮内膜の異常や内膜を維持するためのホルモンを分泌する黄体の機能に異常がある状態

 

子宮頸管因子(CMの分泌不全)

精子の通り道である子宮頚管の機能が異常

 

子宮因子(子宮奇形)

子宮の形に奇形があること

 

セックスレス(EDなど)

性交渉がない状態

 

免疫因子(抗精子抗体等)

精子を異物と認識して免疫で攻撃する状態

 

男性因子(精子因子・ED・射精障害等)

精子が少なかったり、なかったり、運動率が低い状態

 

原因不明

 

以上が、主な不妊の原因ランキングでした。

不妊の原因となるものは、様々で女性側に問題があったり、男性側に問題があったり、または原因不明だったりと、本当に様々なのです。

男性は小さい時に高熱を出したりした事で生殖機能に影響が出て男性不妊に繋がる事が原因の多くにあるようです。

不妊の原因、女性は?男性は?ストレスも?

 

女性不妊の主な原因は?

 

排卵の問題

卵子が育たない、排卵しない

 

卵管の問題

精子や卵子、受精卵が通れない

 

着床障害

受精卵が着床できない

 

子宮内膜症

卵管の癒着や着床障害を引き起こす

 

抗精子抗体

精子を殺してしまったり、動きを止めてしまう

 

加齢

年齢が上がると卵子の老化がすすみます

 

男性不妊の主な原因は?

精子の異常

精子の通路障害

性交障害

 

 

不妊とストレスの関係性は?

 

ストレスは女性だけではなく、男性にも関係してきます

男性は勃起不全や射精が上手く出来なくなる可能性が出てきますし、さらには男性ホルモンが低下すると性欲や精子の減少など

不妊の原因には女性に理由がある場合、男性に場合がある場合、そして両者共に言えるのは『ストレス』が多く関わってきています。

不妊とストレスは切っても切れない関係なのです。

現代はストレス社会の世の中なので、いかにストレス発散出来るかが重要です。

ストレスは不妊に関わらず、大きな病気をも引き起こす、大敵なのです。

思い切って、リフレッシュしてみるのもいいのかもしれないですね。

不妊治療助成金、国の所得制限は?

特定不妊治療というのは、体外受精、顕微授精、凍結胚移植といった高度不妊治療のことをさします。

人工授精やタイミング法などといった方法では、この助成金はもらえないようです。

 

 年齢

 不妊治療開始時に妻の年齢が43歳未満

 

 所得

 夫婦の合計所得が730万円未満年収ではなく手取り額です。

 

 夫婦関係

 戸籍上の夫婦のみ(事実婚は対象外)

 

 医師の診断

 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された方

不妊治療の助成金には治療法によっては決まりが色々とあって、助成金の出る治療と出ない治療とがあるようです。

顕微鏡や体外受精、体内受精はとても高額です、助成金があることで、不妊治療してみようと決意する夫婦が増えたようです!

色々な方法があるので、調べたり教えてもらったりすると、新しい発見があるかもしれないですね。

不妊治療助成金、国の医療費控除は?

不妊治療の医療費控除の対象となる費用は、不妊治療の検査代、治療費、お薬代、不妊治療のための鍼治療やマッサージ代です。

病院に行くときの往復の交通費も対象となります。

不妊治療は、治療費がかなり高額で家計の負担になります。医療費控除が出来ると大変助かりますね!!

電車やバスなど公共の交通機関を使用した日と交通手段、駅名、料金などを忘れずにメモしたり、取っておきましょう。

タクシーは怪我をして動けないなどの仕方のない理由がある時のみOKのようです。

スポンサードリンク

条件なども、きちんと把握しておくと安心ですね。

また最近は男性の不妊治療への国からの助成金が出るようになったそうです☆

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です