産後の生理再開の前兆は茶おりや腹痛?不順?平均は?

Pocket

産後はいつから生理が始まるのでしょうか。

妊娠出産を経て、体の変化も気になりますよね。今回は生理について見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

産後生理再開の前兆は?茶おり?腹痛?

いつ来るかわからない産後の生理、前兆などはあるのでしょうか。

あったら素早く準備したいですよね。

産後の生理再開のタイミングは人によってさまざまに異なりますが、7~8割程度のママは8ヵ月以内に生理が再開されるようです。

では、前兆について詳しく見ていきましょう。

 

産後に初めて生理が起こる兆候としては、生理痛のような痛みや食欲の増進があげられます。

また、頭痛や乳房の張り、おりものの増加などの兆候が出るひともいます。

これは普段の生理前の状態と重なりますね。

生理は面倒だから再開は遅い方がいいと思う方もいらしゃるかもしれませんが、第2子をはやく!と思っている方には嬉しい前兆かもしれませんね。

 

産後生理再開の平均はどれくらい?

前にも述べましたが、7~8割の方が8ヵ月以内に再開したということです。

ここではもっと詳しく見ていきましょう。

一概にいつとは断言できません。平均的には産後8カ月で70~80%の人が生理が再開しますが、産後1~2カ月で始まったという人もいれば、1年半以上こない人もいます。

この生理の再開でもやはり個人差がとても大きく出るようですね。

生理がなかなか来ない場合は育児ストレスなども考えられすので、来るのが遅くても焦らず生理来ないラッキーというくらいの気持ちでいましょう。

 

完母の産後生理再開の平均は?

実は生理の再開には授乳の影響がとても大きいのです。

生理再開にはいろいろな理由が考えられますが、一番大きく関わっているのは「プロラクチン」というホルモンです。

このホルモンは母乳を与えていると脳下垂体から分泌されるホルモンですが、プロラクチンには排卵を抑える作用があることが分かっています。

 

完全母乳だと常にこのホルモンが分泌されるんですね。

 

授乳で考えると、1日に5回以上授乳をしている場合や、1回の授乳時間が10分以上の場合、夜間の授乳をおこなっている場合などは生理再開が行われないとされています。

ホルモン分泌は特に夜間の方が活発に行われるので、夜間に授乳している場合は特に生理再開が遅れる傾向があります。

 

夜に授乳するママも多いと思います。その時にホルモンの分泌が活発になっているんですね。

プロラクチンが多めに分泌されている期間は、生理再開しにくいとされています。

育児の大変なさなか、生理を遅らせてあげようという自分から自分の体へのいたわりかもしれませんね。

 

一般的に離乳食がはじまり授乳の回数が減った時期や卒乳を迎えた後に再開することが多い傾向にあります。

母乳が終わったころが再開のタイミングなんですね。

 

産後の生理不順。間隔が変わる?

出産を経ることで生理不順になったり間隔が変わることはあるのでしょうか。

出産によって体質が変わり、以前と生理の内容が変わることは事実ではありますが、量が増えたり減ったり、期間が短くなったり長くなったりと、どちらになるかは個人差が大きいです。

どちらに転ぶかはわからないようですね。

軽くなったという人もいれば重くなったという人もおり、なんにも変らないというひともいるようです。

 

そして産後生理の不順はというと

たとえば、慣れない子育てで脳が疲れていると、子宮も緊張してしまい、自由に動く事ができなくなってしまいます。

そんなときに新しい命が宿っても、うまく育てることはできませんよね。

なので、生殖機能を一時的にストップさせてしまいます。

育児に慣れて、新しい命を受け入れる体が整うと、しだいに生理も順調になっていきます。

ストレスによっても変わるようですね、ママがストレスを感じない環境や周りのサポートがとても大切ですね。

スポンサードリンク

今はまだタイミングではないんだなと、焦らずに落ちついて受け入れてみましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です