初節句のお祝いはいつ、何をする?早生まれは?内祝いはいつ?人気は?

Pocket

初節句とは?なにをする?

 

「節句」とは、それぞれの季節の節目に赤ちゃんの健康を願い、邪気をはらう行いをするものです。

そして、生まれて初めて迎える節句のことを「初節句」といいます。

昔は、多くの節句がありましたが、現在は、5つの節句が年中行事として残っていて、それぞれ伝統的な方法でお祝いをします。

 

スポンサードリンク

 

節句とは、元来「特定の日に神様と人が食を共にする」という「節供」から来ています。

そのため、昔は親戚や仲人さんなども招いて盛大に行なったようです。

しかし時代とともにライフスタイルも変化したため、最近では身内だけで行なうことも多いようです。

 

以前は、赤ちゃんの成長を祝って、皆で盛大に食事をするものでした。

しかし、時代の変化などもあり、規模が縮小され、身内だけで行うことが多いようです。

今でも盛大に行う場合もあります。

 

初節句のお祝いはいつ?早生まれは?

初節句のお祝いはいつ?

女の子は桃の節句、男の子は端午の節句(5月5日)を初めて迎える日が初節句にあたります。

 

早生まれは?

2月生まれの女の子や4月生まれの男の子は、生後間もない時期に初節句を迎えることになるので、翌年に初節句のお祝いをすることもあります。

両親から、男の子には「鎧兜」「武者人形」「鯉のぼり」などが贈られ、女の子には「ひな人形」が贈られます。

これらが子どもを災いから守り、身代わりになってくれる存在として重宝されてきました。

かつては母方の実家から贈られる習慣がありましたが、現在では両家が折半して贈ることが多いようです。

また、男の子は「柏餅」「ちまき」など、女の子は「ひなあられ」「菱餅」などを用意して、お祝いの飾りに添えるように準備しましょう。

基本的には、女子は3月、男子は5月を迎える時期になっています。

女子は雛人形、男子は武者人形を飾ることが多いです。

ただし、2月生まれの女子、4月生まれの男子などは、生後間もないので、一年後にお祝いをする家庭も多いようです。

正式な決まりなどはありませんので、ご家族で相談して、良いと思われるお祝いの日取りを決めていきましょう。

お祝いの内容は地域によっても特色があったりするようですね。

各家庭の状況に合わせることが大事でしょう。

 

内祝いはいつ?人気は?

 

通常の場合、初節句でお祝いをいただいても内祝いの必要はないといわれています。

初節句に招くことがお礼とされるようです。

ですので、初節句祝いをいただいたにも関わらず、初節句に招待できなかった人などへは、キチンとお返しするようにしましょう。

 

その際、一般的な菓子折りや日用品のセットに加えて、初節句にちなんだ「柏餅」や「ひなあられ」などをプラスする楽しみもあります。

 

一般的には、初節句のお祝いでは、両家の家族や親戚などを呼んで、みんなで祝宴を行います。

 

自宅で行う場合は前もって、いただいたお人形などを飾り、お披露目しましょう。

とはいえ、現在ではあまり堅苦しいことを考えず、家族や親しい人が集まって、ホームパーティのような祝宴にすることも多いので、自分たちのスタイルにあったお祝いを。

基本的に内祝いの金額は、いただいた金額・品物の半額程度が相場です。
ただし、身近な方から高額のお祝いをいただいたり、品物の値段がわからない場合などは、無理に相場にこだわらず、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
お子様のためにいただいたお祝いですので、お返しの内祝いもお子様の名前で書きます。

 

初節句に来ることが出来た人には内祝いはしなくても良いとされています。

しかし、遠くに暮らしていたり、都合があったりなどで一緒に食事ができない場合もあります。

そういった際は「内祝い」を送ります。

子供の名義で贈り、表書きには「内祝」や「初節句内祝」などと記します。

 

スポンサードリンク

金額の目安は頂いたお祝いの半額程度が良いようです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です