二人目出産は早い?怖い?準備リスト、陣痛は?

Pocket

早い?遅い?傾向かある?

一般的に、経産婦は「予定日より早く産まれる」といわれていますが、これも個人差があり、お母さんや赤ちゃんの状態によっても変わってくるので、一概には言えないようです。

 

スポンサードリンク

 

経産婦の傾向は?

出産の展開が早い/分娩時間が短い

体の変化に気付くのが遅い

経産婦の陣痛の兆候と間隔

おしるしがないからと油断しない

微弱陣痛にも注意

経産婦は陣痛開始後のスピードに注意

後陣痛がつらい

産後の肥立ちが早い

2人目だから気持ちに余裕がある

よく「2人目は早いよー」と言われたりしますが、それは個人差があるようです。

2週間前に産まれてくる子もいれば、予定日通り、予定日超過して陣痛促進剤使ってもなかなか出てこない子もいまふ。

赤ちゃんの個性らもうそこから始まっているので、出産ストーリーも人それぞれ違います。

周りと比べず、そしていつ産まれてきてもいいように準備しておきましょうね^^♪

 

怖いときはどうすれば?

 

恐怖の種類は?

経産婦はお産の進みが早いという恐怖

出産の痛みを知っているからこそ怖い想像をしてしまう

上のお子さんと離れて出産に挑む不安感

やっぱり未知なる世界である怖さ

 

恐怖の乗り越え方は?

「一度乗り越えたのだから大丈夫!」という気持ち

初産の経験を活かしたお産を!

赤ちゃんのために良いお産をしよう

お産は女性の特権だという意識をもつ

痛みは永遠に続く物ではない

恐怖心を抑えなくて良い、ありのままを受け入れて

上のお子さんの存在を意識する事

上の子を出産した経験があるから、あの痛みが分かるから、そしてその痛みが何時間掛かるか分かるからこそ、『怖い』と思うのです。

ですが、逆に分かるからこそ、『良いお産』に出来ます。

目の前の痛みや苦しみより、産まれてくる喜びや赤ちゃんにやっと逢える楽しみをイメージして乗り越えましょうね☆

 

陣痛は軽い?時間は?

一般的な出産時間としては、「初産婦で12~15時間」「経産婦で5~7.5時間」といわれています。

 

経産婦は赤ちゃんが産まれてくる産道が1人目の出産の時に一度広がったことがあるので、分娩が1人目よりスムーズで時間が短いそうです。

陣痛から出産までの流れも人それぞれ違うので、「短い」「早い」とは断定は出来ませんが、一人目の時に産道が広がる事で、産まれるまでの分娩時間は短いと言われてるのですね!

ですので、経産婦の方は「陣痛が始まったかな?」と思ったら、早め早めに病院に連絡した方が良いようです。

 

二人目出産の準備品リストは?

 

おさがり

抱っこ紐 

ベビーカー

バウンサー 

プレイマット

ベビーバス 

哺乳瓶

 

新しいもの 

紙おむつ

おしりふき

ガーゼハンカチ

沐浴セット(沐浴剤や沐浴布)

スキンケア用品

赤ちゃん用洗濯洗剤

赤ちゃん用せっけん

新生児用綿棒

哺乳瓶の乳首

 

季節に合わせたもの

肌着

布団や毛布

ベストなどの防寒着

二人目の準備は上の子のお下がりで大丈夫なものと、(主に服だったり、家具だったり)買い足す必要があるもの(衛生面的なもの)があります。

また、ベビーベッドなど、二人目だからこそ必要になる家具もあったりします。

家庭環境などに合わせて準備しましょう☆

また、二人目の出産準備が終わったら、入院準備もして、早めに終わらいつ陣痛がきてもいいようにスタンバイしてましょう♪

 

予定日より超過したら?

 

予定日超過の原因は?

子宮口が硬い

ママの体力が不足している

子宮の居心地がいい

運動不足気味

 

予定日の超過のリスクは?

羊水が少なくなる

羊水が濁る

胎盤機能不全が起きる

赤ちゃんが成長しすぎる

 

スポンサードリンク

気分転換は?

気分転換をする

陣痛を促す運動をする

アロマオイルでリラックス

陣痛が来るジンクスを試す

自分の時間を大切にする

予定日まではいつ産まれてくるのかなとドキドキしますが、超過すると焦りや不安が出てきます。

でも、こればかりは理由は分かりません。

赤ちゃんがいつ来てもいいようにどーんと!かまえて待ちましょうね^^♪

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です