離乳食初期の食材の順番は?

Pocket

 赤ちゃんの離乳食初期、ごっくん期とは?

 

離乳食をスタートする月齢の目安は、生後5~6ヶ月頃が一般的と言われています。

離乳食初期のことを、「ごっくん期」と言います。

 

もちろん、個人差があるので、「5ヶ月に入った・・・、すぐに始めなきゃ!」
と思わなくても、大丈夫です。

 

スポンサードリンク

 

離乳食を始めるタイミングには、赤ちゃんの個人差が大きいので、様子を見ながら無理なく進めましょう。

 

具体的には、

  • あなたが食事をしている様子を、じーっと見ている
  • その時、赤ちゃんの口がモグモグ動いていたり、よだれが出ている

こんな様子が見られたら、そろそろ離乳食スタートのタイミングです。

離乳食全体に対して言えることですが、ママも赤ちゃんも、無理をしないことが一番です。

嫌がったり、まだ飲み込めないようなら、無理せずスタートするのは、ちょっと待ってみましょう。

そのくらい気持ちに余裕をもって、始めてください。

いよいよ始まる離乳食!

ママが食べているものに興味を示したり、食事しているのを見てよだれを垂らしてみたり、そんな仕草もまた可愛いですよね!

このような様子が見られたら離乳食スタートさせてみましょうね。

 

離乳食初期の野菜の順番は?

赤ちゃんの離乳食初期から始めてok!

と言われている食材のひとつが野菜です。

海外では初めての離乳食で、にんじんをピューレにしたものを食べさせる人もいます。

お粥に慣れてきたら、野菜を足して味や見た目のバリエーションを増やしましょう。

食物繊維が多すぎると、消化機能が未熟な赤ちゃんの胃腸に負担がかかってしまいますので、アクや苦味のある野菜、ゴボウなどの繊維が多い根菜は、後回しにした方が無難です。

ほうれん草や小松菜を使う時も、葉の柔らかい部分を調理しましょう。

粘り気の強い山芋や里芋などのイモ類が、かゆみの原因となることもありますので、離乳食初期におすすめの野菜を食べ進めてから、少量ずつ様子を見て与えましょう。

 

10倍粥に慣れてきたら食べさせることの出来る野菜。

野菜は食べれるようになって欲しいですよね。

素材そのものの味を好きになってくれるといいですね!

なかには初期のうちは避けたほうがいい野菜もあるので月齢別に調べながら食べさせていきましょうね。

 

離乳食初期のオススメ食材や順番、増やし方は?

離乳食初期に向いているおすすめの種類の野菜は、アクやクセのない、柔らかく甘みのある野菜!

 

初期におすすめの野菜は?

カブ

カリフラワー

キャベツ

きゅうり

小松菜

かぼちゃ

大根

玉ねぎ

チンゲン菜

トマト

人参

白菜

ブロッコリー

ほうれん草

水菜

モロヘイヤ

レタス

10倍粥に慣れてきたら、次は野菜、白身魚、お肉はささみからと赤ちゃんの様子を見ながら量を増やして進めていきましょう。

ひと手間かけて、ペースト状にすり潰すのがポイントですね。

離乳食の魚のオススメは?嫌がって食べない?

赤ちゃんが、ごっくん期から食べることが出来る魚は?

・真鯛

真鯛(まだい)は低脂肪でふっくらした身が、ゴックン期の赤ちゃんにもおすすめです。

アレルギーの心配も低い食材です。スーパーで見かける鯛は主に真鯛です。

・ひらめ

真鯛に挑戦して慣れたら、ひらめもゴックン期に挑戦できる魚です。

食感も淡泊で、くせがないので魚臭さを気にせず食べることができます。

・かれい

かれいは、ひらめ以上に低カロリーでコラーゲンが豊富な魚として有名です。

年間を通してスーパーでも購入しやすいのでメニューに加えると便利です。

低脂肪ですが、ひらめ同様に良質なたんぱく質を含むので、ゴックン期の赤ちゃんの離乳食にも適しています。

基本は煮て、中までしっかり加熱して食べます。

パサついたら、とろみをつけると飲みこみやすくなります。

さつまいもやかぼちゃと合わせると風味が変わります。

最初は赤ちゃんのアレルギーや体調をチェックしたいので、魚単品の調理でチャレンジしてください。

ゴックン期から食べることができる魚でも、モグモグ期や離乳食後期になってからチャレンジしても大丈夫です。

 

ごっくん期から食べられる白身魚ですが、なかなか嫌がる子もいます。

我が子も生臭いにおいが嫌なのか食べてくれませんでしたね;;

なので餡でとろみをつけたり10倍粥に混ぜたりと工夫しました。

それでもダメな場合は臭いが原因かもしれないので、赤ちゃんが大好きな粉ミルクで味付けしてみるのもいいかもしれません。

色んな食べ方でお魚も好きになってくれるといいですね♪

 

赤ちゃんの離乳食初期、野菜スープの活用は?

野菜スープはとても簡単に作ることが出来ます。

食べさせたい野菜(例えばキャベツ、玉ねぎ、人参)何種類でも一緒に鍋にいれてコトコト♪

野菜そのものの素材の”だし”が出来上がりそのままスープとして使用してください。

 

≪野菜スープの活用法≫

鍋で煮込んで残った野菜たちはミキサーやブレンダーなどにかけて初期はペースト状や、中期や後期になれば粉ミルクを足したポタージュにしたり、米粉にいれてパンケーキやおやきにしたり、野菜スープのバリエーションはとっても豊かです。

色々なレシピを試してみましょうね!

 

豆腐の冷凍保存やレンジ調理は?

豆腐をレンジにかけるのは、殺菌の意味があります。

25gで20秒の加熱で十分です。

豆腐は温めすぎると硬くなる性質があるため、豆腐の量を少なくするときは加熱時間も短くしましょう。

もちろん、沸騰したお湯にくぐらせても殺菌になりますが、軟らかく小さい絹ごし豆腐は沸騰したお湯の中で崩れてしまいがち。

そのためレンジ加熱が便利という理由もあります。

冷凍保存する場合豆腐を冷凍する場合は、必ずレンジ加熱か湯通しして殺菌しましょう。

さらに初期の場合は、すり潰すか裏ごしをしてから保存袋、または製氷器に入れて冷凍します。

使うときは凍ったまま調理するか、レンジで解凍します。

高野豆腐のように使いましょう!

冷凍した豆腐は水分が抜けて、高野豆腐のようなポソポソとした食感になります。

そのため、お湯で伸ばしても喉ごしが悪く、嫌がる赤ちゃんもいるでしょう。

お粥やかぼちゃスープ等のように、とろみのあるものに混ぜると食べやすくなります。

豆腐も冷凍保存できるようですね、オススメは初期の頃ペーストの時期がいいと思います。

豆腐ペーストを状ではなくそのまま冷凍するとぼそぼそしていて赤ちゃんは食べてくれないかもしれません;

豆腐もポタージュにしたり、後期になってくるとハンバーグに使えたり初期から大活躍の食材です。有効的に取り入れたいですね!

 

バナナの加熱方法、冷凍方法などは?

バナナは生の新鮮な状態で使うのが一番望ましいですが、やむを得ないときは離乳食初期でも冷凍保存が出来ます。

初期はすりおろしてから与えることが多いですが、すりおろしたあとに冷凍すると黒くなって見た目が悪くなってしまいますので、バナナを一口大に切ってからくっつかないようにアルミ板などに並べてラップで密閉し冷凍するようにします。

使うときは取り出して常温に置いておくと10分ほどで溶けてきますので、半冷凍の状態で使うとすりおろしやすいです。

バナナなどの果物類は特に加熱しなくても良いとされていますが、前述のとおりアレルギーが懸念される場合は加熱処理してからあげるようにしましょう。

加熱することによってアレルゲンが減ってきます。もちろんレンジも使うことができます。

初期のころはバナナをすりつぶした状態で500w10秒くらいずつレンジの様子を見ながら加熱していきます。

少量の時は焦げやすいので、目を離さないようにしてくださいね。

ごっくんが慣れてきたらすりつぶさなくてもレンジで加熱すればトロトロになるので、その状態ですりばちなどに入れスプーンで押しつぶしてあげても良いでしょう。

初期から食べられるバナナ。

栄養価も高く甘くて美味しい、大好きな赤ちゃんも多いでしょう。

まれにアレルギー反応も出ることもあるので注意しながら与えていきましょう。

 

トマトのブレンダーや冷凍は?

トマトの調理はまず「湯むき」から始まります。

赤ちゃんにとってトマトの皮と種はとても飲み込みにくい上に消化も悪いのでしっかりと取り除いてあげましょう。

≪湯むきの方法》

1.トマトのへたを取り、へたと反対側に十字の切り目を入れる

2.トマトのへた部分にフォーク等を刺し、沸騰したお湯の中にいれる

3.冷水につけて切り目の部分から皮を取る

≪種の取り方》

1.トマトを横半分に切る。

2.スプーンなどで種をかきだすように取る

湯むき、種取りが出来たら細かく切ります。

トマトは7~8ヶ月になると生でも食べさせられる食材なのですが、ゴックン期の今の時期は火を通しましょう。

湯むきだけでは火が通っていない場合があるので、刻んだトマトは電子レンジで加熱しよう!

そして、レンジで加熱した後は、ブレンダーなどでペースト状にしていきます。

トマトを丸ごと冷凍しても問題はありませんが、種や皮を取り除いておけば必要な時にすぐに使えて便利です!

トマトの種や皮は口当たりが悪く、消化の負担にもなるのでトマトに十分慣れるまでは取り除いてあげましょう。

皮を取り除くには湯むきが一般的ですが、離乳食期には生のままスプーンの背で裏ごしすると楽チンですよ。

 

冷凍したトマトの消費期限は1カ月と言われていますが、新鮮なものを衛生的に調理することが基本である離乳食では1~2週間が目安です。

できるだけ早めに使いきるようにしましょう。

トマトが冷凍出来るとはビックリですね!

赤ちゃんが食べやすいように皮をむき種を取り、ごっくん期の頃はブレンダーを活用してペースト状にしましょう。

スポンサードリンク

ペースト状にするとトマトスープにしてもいいですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です