年子のメリットとデメリット、大変な事や時期はいつまで?

Pocket

大変な時期はいつまで?

*年子育児、恐怖の「最初の3ヶ月」*

★上の子の赤ちゃん返り

★下の子が寝ない

★ダブルで襲う夜泣き

 

年子は『最初の3ヶ月』が最も大変だと言われています。

逆にこの3ヶ月を乗り越えると年子育児にも慣れてきて、楽になってくるようでした。

しかし、それまでが大変なので誰かに来てもらったり、何かを諦めたり、家事を手抜きしたりするなどして、ママの負担を少しでも減らしていきましょうね☆

 

大変なことは?大変じゃない?

大変なことは?

★妊娠中も上の子のお世話があり、なかなか休めない

★2人同時に抱っこしたり、寝かしつけに時間がかかったり、ママの体への負担が大きい

★上の子が卒乳していないと、授乳が2人分になり、1日の授乳時間が長くなる

★予防接種や検診スケジュールの管理が大変

★おでかけの荷物が多い

★おでかけのときに目が行き届かなくなることがある

★おむつやおしり拭きのような消耗品が2人分必要なので、出費が多い

★小学校入学、卒業、受験、成人式といった行事が続くので、経済的負担が一度にくる

★反抗期や思春期に入るのが同時期なので、子供たちと向き合うのが大変

 

大変じゃないと思えるときは?

1.いつでも家に同世代の子どもがいる貴重な環境

2.時に仲間で時にライバル

3.ケンカするほど仲がいい

 

大変な事が多い年子育児、下の子を妊娠しても上の子は1歳前後まだまだ甘えたい時期だし、赤ちゃんだけではなく金銭面や思春期など大変な事は続きます。

ですが辛い、苦しいばかりではありません。年子ならではの良かった事もたくさんあります☆

2人で遊んでくれるようになった時はママはとても楽になりますよ^^

 

年子のメリットとデメリットは?

 

メリットは?

メリット①赤ちゃん返りがない事が多い・子供達が仲良く成長できる

メリット②保育園入園が有利になる

メリット③保育園や幼稚園の割引(補助)がある

メリット④育児が一気に終わる!/仕事復帰しやすい!

メリット⑤赤ちゃん用品などの育児用品をそのまま使える

メリット⑥思春期・大人になってからも仲良し!

メリット⑦周りに協力して貰え易い

 

デメリットは?

デメリット①精神的・体力的に幼少期は大変!

デメリット②お金が一気にかかる

デメリット③世間の冷たい声は少なくない

デメリット④思春期丸かぶりは大変!

 

年子でも2.3歳差でも、凄い年が離れた兄弟でも、結局はそれぞれにメリットやデメリットはあります。

世間的には大変だねと言われる年子ですが、かわりにいい事だってたくさんあります!

私の友人は年子の姉妹ですが、いつも仲良くて友達みたいな姉妹で、羨ましく思いましたよ^^♪

 

年子のベビーカーの人気やおすすめは?レンタルも?

スポンサードリンク

横型ベビーカー

①シートの特徴

リクライニング角度や背もたれの高さなど乗り心地の面は、左右のシート共に同じ様に作られています。そのため、双子の赤ちゃんにおすすめです。

持ち運びが楽

③食事が便利

縦型ベビーカー

①シートの特徴

横型と違い前席と後席で赤ちゃんの条件や乗り心地に差がある場合があります。なので、縦型は、年子や少し歳の離れた兄弟にもおすすめです。

②安定性が自慢

③狭い場所も通れる

2段ベビーカー

①現在の主流

最近流行なのがこのタイプです。代表格はニュージーランドのフィルアンドテッズになります。

②奥行きも短い

③一人乗り用にもなる

第三子が座れるようになってから縦型二人乗り用のベビーカーをレンタルしました。ついでにステップ(ベビーカーに付けて子どもが立って乗る)をつけてもらってレンタルしました。短い期間だったので、ウチはレンタルで十分でした。』

 

双子や年子用のベビーカーも種類が豊富なんですね!!

縦型、横型はよく見かける事もあるし知っていましたが、2段ベビーカーなるものがあるとは驚きでした☆

また、意外と買っても1歳になって歩くようになると乗りたがらないし、真夏や真冬は使わないしで、使用する期間が短いので、レンタルもオススメですよ☆

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です