端午の節句の由来を簡単に説明すると?意義は?何歳まで?

Pocket

端午の節句とは?簡単に説明すると?

★端午の節句が5月5日なのは

端=はじまる 午=午の月/午の日」という意味があり、午の月は(旧暦の5月)であること、「午」が「五」に通じることから。

★端午の節句の由来

本来は宮中での厄払いの行事であり、もっと古い時代では女性の神事だった(若い女性たちの豊穣祈願の厄払い)
男の子のお祝いになったのは武家社会になってから。

5月5日と言えば、今で言えば男の子のお祝いですが、実は「端午の節句」には深い意味があり、そしてもっと驚きなのは、男の子のお祝いではなく、元は女性の厄払いの日だったそうなんです!!

そしてこの端午の節句は中国から日本に伝わったそうです★

その由来も素敵なものでしたよ^^

 

端午の節句の由来を簡単に説明すると?

端午の節句の由来は、中国から伝わった風習ともともと日本にあった風習が合わさったと言われています。

中国では、厄払いのために菖蒲(しょうぶ)や 蓬(よもぎ)を軒に飾ることで、邪気を払うという風習がありました。

日本では、五月忌み(さつきいみ)という風習がありました。五月忌みとは、男は家の外へ出払い、女だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを払い身を清める儀式が行われていました。

子供向けに説明するポイントは?

★端午の節句(子供の日)には、こいのぼりや鎧や兜を飾ってお祝いをすること。

★鎧や兜には、子供を守ってくれる意味があるということ。

★子供の日は、子供の成長を願う日ということ。

子供に、もしもいつか聞かれたら「○○君が幸せに大きくなってねとお願いして兜やこいのぼりを飾る日なんだよ」

どうしてこいのぼりか?を聞かれたら「○○君を守ってくれるからだよ」と簡単に分かりやすく教えましょうね^^♪

また、何故こいのぼりなのかを聞かれたら、「このお家に男の子がいる目印だよ」と教えるといいそうです(^^♪

 

端午の節句の意義は?

★鎧や兜の飾り物(五月人形)の意味や由来

武家社会において、鎧や兜というのは戦では大変活躍するもので、身を守るために欠かせないものです。

そんな武士たちの象徴でもある鎧や兜で、子供たちを守ろうという意味があったのですね。
★こいのぼりの意味や由来

この鯉のぼりは「竜門」という滝を鯉だけが登り切って竜になったことから、立身出世の象徴とされています。鯉のぼりの鯉のように、立派になることを願っていたことが由来としてあります。

柏餅・ちまきの意味や由来

柏餅の「柏」は、新芽が出るまで古い葉が落ちないので、家系が絶えない縁起の良い木とされてきました。

一方のちまきは中国に由来があり、中国の人々に愛された「屈原」と呼ばれる人が、5月5日に川に身を投げて死んでしまい、その遺体を魚が食べてしまわないようにとのことで、ちまきを川に投げ入れたことによるものです。

端午の節句には色々な意義があります。

お祝いには兜やこいのぼり、そしてお祝いのごちそうにはちまきは付き物ですが、それぞれに意味があるようでした★

また中国から伝わった古い古い歴史ですが、「屈原」さんという人が関係していたのですね!!

 

端午の節句とは何歳まで?

端午の節句の飾りは、男の子が無事に成長するのを願って飾るものなので、何歳までという決まりごとはありません

しかし、10歳を過ぎると恥ずかしがる子も多くなるようです。

だから、だいたい小学校から中学校くらいまで飾っている方が多いです。

もし、可能ならお守りの意味で年ごとに出して飾るのが望ましいですね。

これもお雛様と同じなのではないかと思います。

その家庭それぞれかなとも思いますが、小学校高学年にもなると恥ずかしくなる子もいるようです。

スポンサードリンク

それでも、子供を守ってくれるお祝いの儀式なのでなるべく続けていけたらいいですよね^^♪

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です