イヤイヤ期がない子の特徴は?ご飯を食べない?

Pocket

赤ちゃんのイヤイヤ期の行動の特徴は?

着替えを拒否する

お手伝い

おむつ替え

イヤイヤ期の主な行動は年齢によっても変わってきます。

1歳から始まる子はオムツ換えや着替えの時に嫌がります我が子はお風呂の時頭を洗うのを嫌がるのでいつも悪戦苦闘してます!!笑

 

2歳頃になるとさらに自我が芽生えて出来る事も増えてきます。

なので、例えばスーパーで買って欲しい物を買ってもらえないと床に寝転んで泣き叫んだりなんて、よく見かける光景ですよね?

これがそのイヤイヤ期の特徴です!

また3歳くらいのイヤイヤ期は何でも自分でしたい年頃なので、思い通りに出来ない事でイライラするそうです。

女の子だと自分で全部洋服を選びたいから、時間が掛かります、朝の忙しい時間にされるとママもイライラしますよね><  

ですが、時間をいつも着替える時間よりもっと前に着替えさせるとお互いに気持ちに余裕もてて怒らずに済むかもしれませんよ^^v

 

赤ちゃんのイヤイヤ期と発達障害との違いは?

※発達障害と言うのは、ハッキリと分かるようになるまでには、時間がかかるものです。

 

発達障害にみられる傾向は?

・物事に強いこだわりがある(執着する、整列したがる)

・感覚が過敏である(音に過敏、触覚、味覚に過敏など)

・発語が遅い、または独特である

・多動性、衝動性がある(落ち着きがない、突発的な動きが多い)

・強い癇癪がある

・睡眠に特徴がある

・コミュニケーションに特徴がある

魔の2才児に表れると言われる「癇癪」がこの発達障害の特徴と似ています。でも判断出来るには時間が掛かります。

自閉症や発達障害などは小学校1年生位になって先生から言われる場合もあります。

落ち着きがない子は注意欠陥症の可能性もありますが、それも集団生活を始める小学生にならないと分からないものです。

その時がくるまでずっと「自分の子は発達障害かも?」と思ってモヤモヤした日々を過ごすより、子供との楽しい時間を過ごしましょうね^^♪

 

イヤイヤ期と反抗期との違いは?

★イヤイヤ期とは?

(2歳児):子供は表現したいけど、上手くまだ言葉を伝えられないから怒る

★第1次反抗期とは?

(3歳児):明らかに言葉を理解してきている。理解したうえで反抗する。注意→反対の事をする

年齢で言えば3歳までがイヤイヤ期で、話が分かるようになってからを「反抗期」と呼ぶのですね!

また『イヤイヤ期』は何に対してもイヤ!イヤ!と何でも反抗したくなるもので、『反抗期』は目的の事に対して理由があって反抗している事を言うそうです☆

イヤイヤ期が終わってもさらに反抗期がくるのかと思うと辛いですね(T^T)

3歳になると昼寝もしなくなる子もいて、ママは体力の限界を感じ、幼稚園に入れちゃう人もいるようです!

 

ご飯を食べない時の対応方法は?

★子どもが「ご飯を食べてくれないイライラ」が一瞬で消える裏技★

〜食べないときにオススメの工夫5つ〜

(1)少なく盛り付ける

(2)色々な大きさにする

(3)お腹を空かせる

(4)食器を楽しめるようにする

(5)一緒に作る

食器を投げられたり、ご飯をぐちゃぐちゃにしたり、ママも泣きたくなってきますが、コツがあるようです☆♪

野菜は食べてくれるけど、ご飯は食べてくれない、そもそも野菜が食べてくれないなど、その子によって色々こだわりが出てきます。

何でも食べる子になって欲しいけど難しいですよね^^;

 

我が子も見た目でダメな食べ物あったり、場所が変わるといつも食べてる物でも食べてくれなくなったりしますよ><

生活リズムを見直してみて、たくさん公園などで遊ばせたりお腹を空かせてみましょう!

食器を変えてみたり、みじん切りして混ぜてみたり、工夫してみましょうね^^

イヤイヤ期がないのは大丈夫?原因は?

今は、「いやいや期がない」と心配かもしれませんが、1歳半まで自己主張が激しくて大変だった場合や3~4歳を過ぎてから始まる子も多くいます

 

スポンサードリンク

 

もちろん、イヤイヤ期がない子だっているようです^^

赤ちゃんにもそれぞれ性格があるようにイヤイヤ期もある子ない子ってきっとあるでしょうね!

 

1歳頃には実はもう始まっていて、魔の2歳児と言われる頃には落ち着いている子もいれば、その反対で全然来ないと思ってたら遅めの3〜5歳で来るという子も!!

 

イヤイヤ期がない子の特徴は?

1・パパ・ママと子供の価値観が同じである場合です。

2・子供のイヤイヤ期にパパ・ママが気付いてない場合です。

3・自己主張が上手くできない子供の場合です。

4・イヤイヤ期の時期が早いもしくは遅い場合です。

 

イヤイヤ期がない子の特徴としては上のような特徴があるようでした↑↑↑

親がしてあげたい事と、子供がしてあげたい事が同じな価値観が一緒の場合は、子供がイヤイヤ期にならなくても済むようなんです◎

 

また、親が気付いてないなんて事もあるそうです!!

1歳頃から食事とか、夜泣きとか、色んな場面で見てるとそういうものなのかも?と思ってイヤイヤ期とは思っていないのかもしれないですね^^♪

 

イヤイヤ期がないのは賢い?発達障害?関係は?

★イヤイヤ期がないと賢い子に育つの?

また、イヤイヤ期がないからといって
子供がかならず賢い子に育つ、なんてことは絶対にあり得ませんので、注意して下さいね!

イヤイヤ期がないと障害があるの?

「イヤイヤ期」と発達障害の症状は似ており、実際、この頃に発達障害を見つけることは困難です。

 

よくイヤイヤ期がこない子は「賢い」なんて言われていますが、それはあり得ない事のようです。

 

もしかすると「賢い」のではなく「我慢している」可能性もあります。

下の子が出来てお兄ちゃんやお姉ちゃんになって褒められたいという願望からや、小さいながらにも「親の期待に応えたい」と思いながらイヤイヤしない子もいるようです。

そういった子は後々、爆発したりして大変になる可能性もあるので、イヤイヤ期が無いからと言っても子供の様子をよく観察しておくといいでしょう◎

 

また、イヤイヤ期と「発達障害」については実際その症状に似ているようです、ですが1,2歳のうちに発達障害と判断するには難しいものがあります。

 

集団生活において段々と人と違う部分が現れ、分かるようになってくるといいます。

だけど、その日がくるまで「我が子は発達障害かも」と思って暮らすのはもったいない日々の過ごし方です。

 

障害があっても我が子は我が子です。

愛おしい存在には変わりありませんのでモヤモヤして過ごすより愛情いっぱいに育てましょう^^♪

 

イヤイヤ期のピークはいつ?平均は?

このように平均を出すと、約2歳から始まり、まるまる2歳を通して3歳で終わるみたいですね。

ということは、一番子供を育てるのに苦労する時期はやはり皆さんが言われているようにこの2歳なんですね。

 

イヤイヤ期のピークの平均はおよそ「2歳」なようです。

これはまた個人差もあると思いますが、1歳半ごろ自我が芽生え、段々手に負えなくなり、2歳はそれがピークになって、そして言葉が分かってくる3歳になると落ち着いてくるようなのでした^^

 

イヤイヤ期のピークの期間は?

★2歳から3歳までがピークです

この時期は、ちょうど言葉が出てきはじめる時期です。

でもまだまだ下手で、思ったことをうまく言葉で表現できません。

少しなら自分でできることも増えてくるでしょう。

 

イヤイヤ期はママもストレスたまりますが、実は子供もストレスを抱えているのです!

思っていることがママに伝わらない、やりたいことを上手に出来ない、など段々と自分で出来る事が増えてくる分、やりたいのにというもどかしい思いを子供もしているのだそうです。

スポンサードリンク

いつ終わるのか気になるイヤイヤ期、ですがママも子供もストレスなく過ごせたらいいですよね☆彡

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です