妊娠初期症状で腰痛はいつから?場所は左?対策は?

Pocket

妊娠初期は腰痛がひどい?

★腰周りがズーンと重たい感じ

★座っているのもツラいほど腰が痛い

★骨盤のあたりに痛みを感じる

★腰から背中にかけて痛い

★腰から足の付け根が痛く、足が重い

 

スポンサードリンク

 

「腰痛」はなんとなくお腹が大きくなってきた「妊娠後期」のイメージがありますが、「妊娠初期」でも腰痛になることがあります!

生理前に腰痛になる人はなりやすいかもしれません、私もほんとに初期でしたが、腰が痛いなぁと思ったら「妊娠」していたことに気づきました☆

また「腰痛」になりやすい人はデスクワークや運動不足、冷え性の人など腰痛になりやすい人など生活習慣から来る人もいるようです!

 

妊娠初期症状で左側だけ腰痛は?

体の右側だけ左側だけが痛むのは、こうした姿勢の変化片側だけに負荷がかかってしまうことも関係しています。

ただし、体勢を変えても右側、もしくは左側の腰の痛みだけが治らないという場合、子宮筋腫卵巣嚢腫などの病気も考えられるので、お医者さんに伝えて診察してもらう方が安心ですね。

腰痛の主な原因は先程話した「生活習慣」によるものもありますが、「右側だけ」「左側だけ」ということもあります。

まず「左側」が痛む場合ですが、妊娠初期の分泌される「リラキシン」というホルモンが原因の可能性があります◎

出産に向けた体づくりをしていくために、その影響で腰痛が起きるのかもしれませんね!

 

妊娠初期症状で右側だけ腰痛は?

もし右側にだけ激しい痛みを感じたら、妊娠中期から後期にかけて発症することが多い病気「水腎症」の可能性があります。

妊娠中に大きくなった子宮が尿管を圧迫することによって、尿を十分に排出できなくなってしまう病気です。

気付かずに放置すると尿が腎臓にまで溜まってしまい、腎臓が腫れ上がってしまいます。

「右側」だけが痛む場合、特に「激痛」が伴う場合には上記のような病気が隠されている事があります( ;∀;)ノ

左側にも右側も「激痛」が走るのは何かが起きている証拠ですから、早期発見・早期治療のためにもすぐに病院を受診しましょう◎

 

妊娠初期の腰痛の対策は?

★妊婦用の補正下着で骨盤を支える

★ストレッチや体操、マッサージ

妊娠初期に腰痛を感じたら、まずは無理せずに「休息」を取る事が大切です( ˘ω˘ )☆

きっと赤ちゃんが「ママ休んでね」と言っているサインですからね◎

また、温かいお風呂にゆっくり浸かることもいいでしょう★

そしてマッサージしてあげましょう!

ただし、妊娠中のマッサージは無理がないように優しくしてあげましょうね^^

 

妊娠初期の腰痛はいつから?5週目以降?

妊婦さんのすべてがそうだというわけではありませんが、多くの方が妊娠超初期の段階腰に痛みやだるさを覚えます

妊娠初期に腰痛が起こる原因を以下に挙げてみましょう。

受精卵が着床した時点で既に「妊娠3週目」になっています。

そして「妊娠超初期」と呼ばれる時期はこの3週目~妊娠5週目の間のことになります。

そして妊娠5週目~15週までを「妊娠初期」と言います。

 

腰痛や妊娠初期症状やつわりなどの色んな症状が出るのは個人差がありますが、多くの人がこの「妊娠超初期」で何かしらの書状が出ています。

ちなみに妊娠5週というと「胎嚢」が確認されるか遅れているとまだ確認できない、そんな時期になります。

「腰痛」も「妊娠超初期」や5週過ぎたあたりから出始める人もいるようです!

 

妊娠初期の腰痛は湿布?

市販の湿布には大きく分けて3つの区分があります。

第1類医薬品・・・妊娠中の使用禁止

第2類医薬品・・・産婦人科医、薬剤師に要相談

第3類医薬品・・・妊娠中、授乳中の使用可(アレルギーやかぶれには注意

妊婦さんは色んな事に気を付けなければならない事が増えてきます。

風邪など引くと市販薬の薬は飲めませんし、それと同様「湿布」も使用していいのと悪いのがあるそうです。

スポンサードリンク

裏を見て確認するのもいいですが、分からない場合はお店の店員(または薬剤師)に聞くのがいいかもしれませんね^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です