分娩の所用時間が短い?長い?初産や経産の平均は?定義や帝王切開とは?

Pocket

分娩の定義とは?

分娩とは胎児、および胎児付属物(胎盤、卵膜、臍帯、羊水)が娩出力(陣痛・子宮収縮と腹圧)によって子宮から母体外に完全に排出、あるいは娩出され妊娠を終了する現象をいいます。

 

スポンサードリンク

 

分娩の定義に関しては上記の様になります。よくある質問で「分娩と出産は同じじゃないの?」とありますが、「分娩」は「母体」を中心に考えてる場合に用いられる用語で、「出産」は「胎児」を中心に考えている場合にの用語を使います。

出産のストーリーは十人十色です。さて、今回はそんな「分娩」に関する気になる情報をまとめてみたいと思います^^♪

 

帝王切開分娩とは?

帝王切開とは、妊娠・出産時になんらかのトラブル経膣分娩が難しいと医師が判断した場合に選択される分娩方法です。麻酔をかけて外科的にお腹と子宮壁を切り開き、そこから赤ちゃんを直接取り出します

手術自体は1時間ほどで終わるものなので、母体や赤ちゃんへの負担が少なくて済むメリットがあります。

出産の仕方の一つに「帝王切開」があります。逆子や何らかのトラブルで経腟分娩が難しい場合にこちらの帝王切開での出産となります。

また、この帝王切開はあらかじめ「予定日」を決めて出産する場合と、これまで経腟分娩の予定だったが何らかのトラブルで「緊急帝王切開」で赤ちゃんを取り出す方法と2パターンあります◎

帝王切開の人は「普通に産んであげれなかった」と自分を責めてしまう人もいますが、帝王切開術も立派な出産です。

陣痛などの痛みはありませんが、術後2週間は安静にしていなければいけません◎「お腹を痛めて産んだ」立派なお産ですよ( ˘ω˘ )

 

分娩所要時間とは?

分娩第1期:分娩開始から子宮口全開大まで

分娩第2期;全開大から胎児娩出まで

分娩第3期;胎児娩出から胎盤娩出まで

分娩の「所要時間」というのは人によって様々なので、これといって「具体的」には決まっていません。

大体が「あの位から陣痛開始した」といった具合に分娩終了後におおよその時間を想定して決められるそうです◎

 

上記のように「分娩」は大きく3つに分けられます。

分娩の「定義」としては10分間隔で陣痛が始まり規則正しくきたら「分娩」の開始としてるそうです!

では、分娩の所要時間、初産婦と経産婦とは違いがあるのか見てみましょう♪

 

初産婦の分娩時間の平均や正常は?

初産婦さんの平均的な分娩時間は15時間~16時間ほどといわれており、この平均時間で出産するのが望ましいといわれています。

初産婦で、30時間未満「正常分娩」といいます。

よく初産の場合は結構時間が掛かると言われますよね!

私もその位掛かるんだと覚悟していましたが、有難いことに?初産ですが「5時間」で出産しました^^

やっぱり、出産時間も本当に人それぞれです。私の場合は、よく動いて(スクワット、掃除、トイレ掃除)や毎日散歩もしていたので、その効果もあったかなと思います★

私の友人では20時間掛かった、全部で42時間掛かったなんて友達もいました!!

 

経産婦の分娩時間の平均や正常は?

分娩全体の目安時間は、初産婦は16~16.5時間
経産婦は7.5~8時間と、約半分になるのです。

経産婦(2人目以上を出産する人)で、15時間未満「正常分娩」といいます。

経産婦は初産の頃よりも「早い」と良く聞きますよね!!

上記の報告によれば、なんと初産の頃の半分の時間で生まれてくるようです◎

また、生まれてくるまでのスピードも早いため陣痛が15分間隔になったら病院へ向かうように言う産婦人科が多いようです^^

 

分娩時間が短い影響は弛緩出血?

妊娠中赤ちゃんや羊水によって大きく伸びていた子宮の筋肉が、出産後徐々に縮んでいくのに対して、正常に子宮収縮が起こらないことによって、出産後の胎盤が剥がれた後で大量出血が起こること弛緩出血といいます。

この「弛緩出血」は分娩時間が短いと起こりやすいだけでなく、分娩時間が長くても「子宮が疲れ」収縮する元気がなくなり、この「弛緩出血」を引き起こすとも言われています。

 

分娩時間が長い影響は?

通常の分娩時間よりもかなり長い時間かかること遷延分娩といいます。

遷延分娩だと、初産で30時間以上、 経産婦で15時間以上かかります

微弱陣痛

陣痛が強い(過強陣痛)

あんな痛いのが何時間も続いたらもう疲れるし、大変ですよね^^;

その長く掛かる原因に「微弱陣痛」や「過強陣痛」があるそうです。

私も分娩時間こそ早かったけど「微弱陣痛」でなかなか我が子は下りてきませんでしたね^^;

スポンサードリンク

対処法としてはやはり「運動」をし体力をつけることだそうです★

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です