お七夜のお祝いの金額は?やり方や数え方、料理は?命名書はいつまで?

Pocket

お七夜とは?

「お七夜」たくさんある赤ちゃん行事の中で初めてのお祝いのことです!

赤ちゃんの生後7日目に行い、その子の健やかな成長を祈願します。

お七夜では親戚などを招き赤ちゃんの名前をお披露目する「命名式」も一緒に行うのが一般的です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

赤ちゃんが生まれると、その先たくさんの行事がありますが、1番最初の行事に「お七夜」があります。

これはなんと平安時代から続く行事だそうで、由来などはハッキリとは分かっていないそうです。

そして「お七夜」では赤ちゃんの名前を親戚などにお披露目する「命名式」が行われます^^

 

お七夜のやり方は?

しかし現在ではお七夜に当たる日がまだ入院中であったり、退院直後にあたるので、内輪だけでお祝いすることが一般的です。

赤ちゃんの名前を書いた命名書を披露したり赤ちゃんの手形や足型をとることもあります。

そして参加者全員揃ってお祝いの御膳をいただきます。

 

昔はこれがよくある行事で、赤ちゃんを取り上げてくれた「助産師」さんを呼んだり、親戚を呼びますが、最近は「お七夜」をする人も少なくなってきました。

私もお七夜はしませんでしたね^^

その理由も現在は7日目にあたる頃はまだ「入院中」の可能性が高いからです。

日本では手厚い看護をしてくれるので、初産は特に7日~8日入院します!

そのためお七夜をする人が少なくなってきたと言われています。

 

お七夜の数え方は?

赤ちゃんのお七夜・命名式日数の数え方は、生まれた日を「1日目」とし、7日目(生まれた日を0日として数えると生後6日目)の夜にお祝いをします。例えば、5月6日出産なら、5月12日の夜に、お七夜を行います。

 

生まれた日を「0日」と数えるか「1日」と数えるかは地域にもよるみたいですが、そこから6日か7日目に当たった日に「お七夜」をします。

なので先程も話したようにちょうどその頃は「入院中」の可能性もあるので、最近はお七夜をしない家庭が多いようです◎

命名式も大切ですが、14日目までに「出生届」を出すのも忘れないようにしましょう◎

 

お七夜の料理はお祝い膳?

お七夜料理の基本は、「赤飯」「尾頭付きの鯛」です。

これに、お造り(刺身)煮物吸い物天ぷらなどを加えます。

 

「おめでたい」時には昔から「お赤飯」や「鯛」などを振舞うことが多いです。

このお七夜でもこれらの「祝い膳」を用意しますが、退院したばかりのママは準備は出来ないので、パパや実母、または仕出し屋さんの頼むことが多いようです♪

また、これらをパパが準備する時のお助けアイテムが「クックパッド」が大助かりだそうです♬

お七夜やお食い初めのメニューが載ってあって、手作りの品を準備できたとの口コミが多かったです★

 

お七夜の命名書って?

奉書紙をはじめ命名書の用紙文房具店などでも市販されています。

またインターネットでも様々な命名書が販売されています。命名書のテンプレートもインターネットでダウンロード可能なため、それらを利用して妊娠中から準備しておくのが良いでしょう。

 

「命名書」は文房具店やネット、また赤ちゃん用品店「西松屋・バースデー・赤ちゃん本舗など」でも販売しています。

私は産婦人科で頂きましたが、私のように最近では産婦人科で頂く事も多いようですね★

 

命名書はいつまで飾る?

命名書を下げるタイミング特別な決まりはありません

目安としてお宮参りのころに下げる人が多いようですが出生届を役所へ提出した日床上げが済んだときなどに下げる人もいます。

命名書を「いつまで」飾るかですが、これには特に決まりはないようです。

その家庭様々で上記のように、「お宮参り」が終わってからや、床上げしたら、生後半年という人もいれば、「ずっと飾っている」という人もいました^^♪

 

命名書を書く人は誰?

お七夜の開催や命名書を書く際には

・誰が参加するのか

・誰が命名書を書くのか

そういったことを予め親族同士で話し合って決めておきましょう。

 

これも現代では祖父が書いてもいいし、ママやパパが書いてもいいし、周りに達筆な人がいれば、その方にお願いして書いてもらうのもありですが、何事も「話し合い」が大切なようです◎

私は親戚の叔父さんが書道家でしたので、親戚の叔父さんにお願いしました^^

 

お祝いの金額の目安は?

★一般的なお七夜の相場

5,000~10,000(ご祝儀あるいは酒肴料の名目として)

★名付け親へのお礼の相場

10,000~20,000(目上の人なので、品物か商品券が無難)

こちらが親戚などを呼んだ際のお祝いの相場になります。

また、名づけ親(たとえば恩師につけて頂いたなど)にはそのお礼として上記の金額を送るそうです◎

 

スポンサードリンク

また、お七夜は「内輪だけ」のささやかなお祝いになるので、友人や同僚などからはお祝いを頂かなくても失礼にはあたりませんとのことです^^

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です