赤ちゃんのおすわりはいつから?時期や練習は?倒れる、出来ない、遅いのは?

Pocket

おすわりはいつから?時期は?

赤ちゃんのお座りができる時期は、およそ生後6~7ヶ月くらいです。

まだまだぐらぐらと不安定感がありますが、生後8~9ヶ月頃には安定して座ることができるようになります。

スポンサードリンク

赤ちゃんが「お座り」をし始めるのは、ちょうど「離乳食」を食べ始める頃から、赤ちゃんの個人差はありますが、お座りできるようになる赤ちゃんが増えてきます☆

我が子も現在1歳半ですが、5,6か月ごろには離乳食を食べさせていたので、大体この時期なのかなと思います^^♪

練習は必要?

お座り無理をせず、赤ちゃんもママも楽しみながら座りの練習すると良いかもしれません。

⑴赤ちゃんをお座りさせて、腰を支えてあげて上体を安定させてあげる

⑵手を伸ばして遊べるように、前におもちゃを置く

無理のない程度でいいので「首が据わり始めたら」or「離乳食」付近の4か月~5か月頃から「練習」を始めるといいそうです♬

ソファーに座らせてみるのでもいいですし、「バンボ」のような「補助的イス」で練習するのもいいかもしれません☆彡

私も私のひざのうえに座らせてみたり、ソファーに一緒に座ってみたりしながら座らせていたので5か月から離乳食を開始したのですが、5か月にはちゃんと座っていたような気がします(うろ覚え。笑)

おすわりで倒れるのは?

①お座り期には授乳クッション

②フローリングにマットを敷く

③赤ちゃん用のヘッドギア

④リュックを背負わせる

⑤屋内では裸足

可愛い我が子の「転倒」だけは避けたいですよね!!

特に「頭」を打ってしまうことからは絶対に避けたいものです◎

ママ達も「対策」をしているようで上記のような方法で守っているようです◎

我が家もマットを敷いて転んでもいいようにしたり、滑らないように家の中では「裸足」で過ごすようにしていました^^♪

おすわりが出来ないのは?

✿筋力が発達していない

✿頭が大きい

✿股関節が硬い

✿おむつが汚れている

✿おすわりへの興味が薄い

✿床が固くていやだ

✿抱っこしてほしい

✿座り方がわからない

ずべての赤ちゃんが5,6か月頃から「お座り」ができる訳ではありません。赤ちゃんも個人差があるようで「ゆっくり」成長する赤ちゃんもいます。ですから温かく見守りましょう◎

また、お座りをしない原因には次のようなようことが考えられるので、当てはまるようでしたら環境を見直してみましょうね(^_-)-☆

おすわりが遅い、しないのは?

お座りが遅いという子供の中には、お座りという子もいます

なので、お座りが遅いからと心配になりましが、その前にうつ伏せ寝返りは出来ているのか?を確認してみましょう。

スポンサードリンク

お座りができないと「何か病気なのかな?」と心配する親もいますが、必ずしもそうとは限らないので、それだけで「発達障害」と関連づけるべきではないと言えます◎

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です