赤ちゃんの白湯はいつからいつまで?温度や量、飲ませ方や保存方法は?

Pocket

白湯はいつからいつまで?

白湯を飲ませる時期ですが、赤ちゃんに母乳やミルク以外で『水分補給』として与えたい時は、生後2ヶ月あたりから与えても良いそうです。

離乳食前に母乳やミルク以外の味に慣れさせる事を目的とした場合であれば、離乳食前の生後4~5ヶ月頃からが良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんに「水分補給」のひとつとして「白湯」を飲ませたりしますが、赤ちゃんに白湯を飲ませる時期はいつからというのはその飲ませる「目的」によっても違うようです。

お風呂上りの水分補給としてなら、「生後2ヶ月」あたりからで、母乳やミルク以外の他の味にも慣れさせたいのであれば「生後4~5ケ月」の離乳食前に与えるのがおすすめなようです^^♪

 

白湯の作り方や温度は?

★お湯を沸かして作る方法

①やかんまたは小さめの鍋に、適量の水を入れます。

②火にかけて、10分ほど沸騰させます。

③火を止めてから、お湯を消毒した哺乳瓶に移して冷めるのを待ちます。

★電子レンジでチンして作る方法

①マグカップなどの耐熱容器に適量の水を入れます。

②電子レンジで1分半~2分ほど過熱します。

③容器を電子レンジから取り出し、お湯を消毒した哺乳瓶に移して冷めるのを待ちます。

赤ちゃんに作る白湯の作り方はやかんにかけて作る方法と電子レンジで作る方法と2パターンあります☆

また、温度は「ぬるま湯」が赤ちゃんにとっては「適温」になるので、それくらいの温度になるまで冷ましておきましょう◎

 

また、どうしても水道水を赤ちゃんに与えるのが気になる人は赤ちゃん用の「ミネラルウォーター」が売ってあるのでそちらを使用するといいでしょう◎

 

白湯の量の目安は?

赤ちゃんが摂る水分量は、母乳+ミルクで、体重1kgあたりに対し1日100mlです。

もっと水分を欲しがるようであれば、20~30ml程度の白湯を与えるとよいですが、赤ちゃんの月齢、または飲める量に合わせ調整しましょう

 

離乳食前は1日に与えるミルクの量は決まっていますので、あまり白湯を飲ませ過ぎないようにしましょう◎

あまり飲ませ過ぎるとミルクが飲めなくなってしまいます。

また、最初はこの白湯の味が苦手な子もいるので、スプーンですくって飲ませてあげるのがいいですね(^_-)-☆

 

白湯を飲まない?

白湯の温度が赤ちゃん好みの飲みやすい温度かどうかを確認してみましょう。

麦茶は飲むのであれば、ベビー麦茶に水を少しづつ混ぜて慣らしていき、だんだん麦茶の量を少なくしましょう。

お風呂がりに水分補給がわりに「白湯」や「麦茶」を飲ませようと我が子もしましたが、なかなか飲んでくれなかった記憶があります^^;

そして離乳食を食べるようになってきて、いまは1歳半ですがミネラルウォーターや麦茶も大好きでグビグビ飲むようになるので、嫌がるなら無理に離乳食前に飲ませる必要はないようですね◎

 

また、よく「果汁」や「アクアライト」などを飲ませると自分の母やおばぁちゃんに言われますが、「虫歯」にもつながることから今は飲ませたりしていないようです☆

 

白湯の飲ませ方は?

スプーンで与えて問題ないようなら、哺乳瓶やスパウトに白湯を入れて飲ませていきます。

もし、離乳食前の準備段階として白湯を与えると考えているのなら、哺乳瓶ではなくスプーンで白湯を与えてみましょう

まず、赤ちゃんの好みにもよりますが、赤ちゃんの唇にちょんと白湯を湿らせてみて嫌がらないようで飲ませてみましょう♪

離乳食が始まる時であればスプーンで与えましょう!!

 

離乳食前であれば、哺乳瓶やスパウトなど、赤ちゃんが好きな飲み方で飲ませてあげましょう(*^^*)ノ

 

保存方法は?

『常温は絶対にやめた方がいいです。

衛生的に悪いです。
冷たくなりすぎることはありません。

お湯と水のバランスを変えればいいだけですから』

こちらは「赤ちゃんの純水」という赤ちゃん用のミネラルウォーターの保存方法です。

スポンサードリンク

水道水からであればその都度、やかんや電子レンジで加熱し、ミネラルウォーターであれば「冷蔵庫」で保存するのが「衛生的」にも良いですよね☆彡

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です