赤ちゃんの人見知り、いつからいつまで?しない?激しい?

Pocket

赤ちゃんの人見知りは、いつからいつまで?

 

赤ちゃんは、成長段階で人見知りをすることがあります。

主に心の成長が関係していて、ママという存在を認識できるようになったと同時に、他人に「近づきたい気持ち」と「怖いと感じる気持ち」が葛藤することで起こるといわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

月齢が低いと、これまで誰が抱っこしても問題なかった状態が、ママ以外の抱っこを嫌がったり、なかにはパパの抱っこでも泣いてしまったりすることもあります。

赤ちゃんの人見知りは、早い子だと生後5ヶ月頃から始まりますが、生後6~7ヶ月頃に始まるケースが特に多いようです。

個人差があるので、1歳を過ぎてから始まるケースや、生後8ヶ月くらいで少し人見知りの傾向がみられた後、2歳くらいで再び始まることもありますよ。

いつまで続くのかは始まった時期にも左右され、一般的には2~3歳頃に終わる子が多いようですが、早い子の場合は1歳頃でおさまる場合もあります。

人見知りに加え、もともとの性格が恥ずかしがり屋な面があると、小学校に入る頃まで続く場合もあります。

少しずつ接し方を覚えていくので様子をみましょう。

生後3~4ヶ月頃の赤ちゃんにも、人見知りのような仕草が見られることがあります。

この時期は個人差があり、生後3~4ヶ月頃が一般的ですが、なかには生後半年まで笑わない子もいます。

生後3~4ヶ月頃に社会的微笑が見られて、人見知りをしているようであれば、ママやパパの愛情を求めているのだと考え、優しく抱っこしてあげてください。

 

誰に対してもニコニコ笑って『可愛いね~』と声を掛けられることが多かったのに、いつしか突然その日はやってきます。

我が子もつい最近から現在も少し?人見知りします。

 

また、赤ちゃんによっ人見知りする相手が特定だったりしますよね。

男の人がダメだったり、おばさんがダメだったり、家族以外の人が全員】ダメだったり、それもまた赤ちゃんそれぞれです。

ちなみに我が子はじぃじがダメでした。離れて暮らしているからか会うたび泣くので申し訳なくなったり、もっと激しい子だとママ以外泣くもんだから、ママが実家に帰省してもママじゃないとダメだから結局ゆっくり休めなっかたなんて話を聞いたことがあります。

 

でも、この『人見知り』も立派な赤ちゃんの成長なのです。

あぁ、成長した証だねと温かく見守りましょうね。

 

赤ちゃんが人見知りしないのは?

赤ちゃんが人見知りするかどうかも、実は環境にや性格に左右される面が大きく、気が大きい子は人見知りをしないという説もあります。

大家族や人の出入りの多い家で育ったり、日頃から外に出かけて他人と触れ合う機会が多かったりすると、他人への抵抗感がなくなり、人見知りをしないで育つという説もありますよ。

赤ちゃんにもそれぞれ性格や個性があり、同じような環境で育っている兄弟・姉妹でも、人見知りが強い・弱いが異なります。

「上の子はすごく人見知りをするタイプだったのに、下の子はびっくりするくらい社交的」など、差があることは珍しくありません。

人見知りは、性格や環境だけですべてを説明することはできないもの。

 

発達障害や自閉症と関係性は?

赤ちゃんが人見知りをしないと、「発達障害」「自閉症」について考えるママやパパもいますが、人見知りはあくまでも1つの性格と考えてください。

人と接する機会があまりなかったにもかかわらず、誰に対してもニコニコして人見知りしない赤ちゃんもいますよ。

「人見知りしない=問題がある」と考える人がいる一因としては、発達障害や自閉症の特徴のなかに、「目線を合わせようとしない」「コミュニケーションの意味が分からずに人見知りしない」という傾向がみられるからです。

 

赤ちゃんにも個性があり、既に性格もありますから、泣いて人見知りする子もいれば、まったくしない子もいます。

それもまた、その子の個性ですから、病気なの?と心配する必要はありませんよ。

 

自閉症などの症状にはいくつかポイントがあるのでまずは、感情表現の有無で判断してみましょう。

 

また、親は人見知りしないと思っていても、実はしてる場合もあるのです。

例えば知らない人から抱っこされてギャン泣きする子もいれば、しないと思われる子でも固まっていたり、ただ泣かないだけで無表情になっていたり、密かにしているのです(笑)

 

可愛いですよね。

感情の出し方もそれぞれだし、人見知りのない子もその子の性格なので心配することはありませんよ。

 

赤ちゃんの人見知りの特徴は?

人見知りとは、赤ちゃんが自分の認識している以外の人に対して極度の注意を払う行為です。

相手に対する嫌悪感とゆうよりは、自分があまり知らない人に対して構えてしまい、ついつい母親や身近な人に頼ってしまう行為です。

赤ちゃんにとって人見知りは身近な人を認識できるようになった証拠なので、多くの赤ちゃんが経験しています。

また、人見知りを全くしないで誰にでも笑顔で接する赤ちゃんもいますが、人見知りを極端にするからと言って愛想が悪いとは言えません。

成長過程に入っていると認識してあげましょう。

《6ヶ月までの赤ちゃんの人見知り》

自分のお世話をしてくれる親と、初めて会う人の区別がついています。

特にこの時期は、まだ抱っこやねんねが主なので、抱っこされただけで大泣きする事も。

《8ヶ月頃の赤ちゃんの人見知り》

「8ヶ月不安」とも言います。

後追いが激しくなるのも、人見知りと連動することがよくあります。

それだけに、8ヶ月頃の赤ちゃんの人見知りはよくある成長過程といえます。

人見知りは、単に知らない人や怖そうな人がいるからとゆう単純な理由だけではありません。

見る力・区別する力・記憶力・とっさの判断力がなければ、人見知り行為に至らないでしょう。

判断基準となる顔や声を識別できるのは、新生児の時には持ち合わせていないのです。

 

次第に相手に馴れてくる場合もあるので気長に相手をしていれば、相手に対する態度も変わってきます。

《幼児の人見知り》

沢山の出会いに比例して人見知りの激しくなる子供がいます。

視野が広くなった分、自分のホームベースを作りたがる傾向にあります。

子供といえども世界が広がることには不安を覚えるのかもしれません。

そんな時、必ず手を広げて自分を迎え入れてくれる人を作るのでしょう。

人見知りをすることで、自分のホームベースとなる人を確認していくのです。

この頃になると、親の表情や言葉で緊張感を感じ取る子供もいます。

親が苦手意識を持っている相手には、子供も少なからず猜疑心を持つかもしれません。

ここは親の方から挨拶してみたり、子供に余計な猜疑心を持たせないよう注意しましょう。

赤ちゃんは言葉が分からない分は親の態度や表情で感じ取ります。

子供時代に人見知りだからと言って、いつまでも続くわけではありません。

大人になったら、いつの間にか社交的になっている事もよく見受けられます。

 

人見知りが始まったということはママやパパ以外の人との区別がついたという事です。

更にママへの愛情がさらに強くなるのもこの頃です。

後追いをされるとトイレにも行けず大変ですよね。

 

我が子も私がどこかに行こうとすると泣いたり、泣いたマネなんかもします(笑)

これがまた、可愛いんですよね。

 

だから、自分の育て方がダメだったのかなと自分を責めてしまうママもいますが、人見知りは成長のの証なので気にすることはありませんよ。

また、人見知りが始まったら、泣かれて大変でもママはリラックスしていましょう、また赤ちゃんが人見知りしている時は無理に懐かせようとしたり、主役を赤ちゃんにしてしまうのはやめましょう。

ますます赤ちゃんが泣いてしまう原因になってしまいます。

また、泣かれてしまった人へのフォローを忘れないようにしましょうね☆

 

赤ちゃんの人見知りが激しいのは?

赤ちゃんが人見知りをする主な理由としては、

見知らぬ人に連れ去られないための自己防衛反応や

ママなどの身近な人とそうでない人との認識ができるようななったため

ママと引き離されるのではないかという分離不安

見知らぬ人などが怖いという感情が芽生えてくる時期である・・

などがあげられるそうです。

ただ、この中の「身近な人とそうでない人との認識ができる」、つまり「ママと他人とを区別できる」ようになったために、人見知りをするという説に関しては、近年の研究によって赤ちゃんは生まれてすぐから他人と母親とを区別する能力があると証明されているとか。

人見知りの赤ちゃんは、相手に近づきたい・・だけど、やっぱり怖いから離れたいという相反する感情の中で、どちらをとるか迷っている・・そういうことになるようです。

・赤ちゃんの人見知り!克服方法はあるの?

人見知りの強い赤ちゃんほど最初に相手と目が合った時に凝視するなどの、相手の目を長時間見る敏感な目の動きをすることが確認され、さらに、相手の目線や顔の向き等にも敏感に反応することが証明されました。

人見知りの弱い赤ちゃんが、正面の正視顔を長い時間見るのに比べ、人見知りの強い赤ちゃんは、相手が顔を逸らした逸視顔を長い時間見ることが確認されたとか。

つまり、人見知りの強い赤ちゃんは、自分を見ている相手の顔からは視線を外し、自分を見ていない時に相手を観察する行動をとるということなのです。

このことから、人見知りを克服する方法として、赤ちゃんが相手を「怖くない」と確認できるまで時間や距離をかけるという事が有効ではないかと思います。

例えば、赤ちゃんに慣れさせたい相手がいるとしますね。まずは、その相手に赤ちゃんをいきなり近づけすぎないことが大切。

赤ちゃんの観察する時間を与えてあげなければならないからです。

よく「かわいいわねー」と近寄ってくる人がいますが、いきなり赤ちゃんに接近しないようママがまずは、間に入り、素早くにこやかに挨拶。

楽しそうに会話するのを赤ちゃんに見せ、相手が怖くない人、ママが楽しそうにしている人であると赤ちゃんに観察してもらいます。

その後、ママから「いいねー。

かわいいと言ってもらえたね」と相手を紹介するなど終始、ママがリードをとること。

赤ちゃんに、相手を徐々に近づけるように心掛けてみましょう。

 

人見知りがない子も、人見知りが激しい子も、それもその子の個性です。

しかし、赤ちゃんもいっちょ前に人を観察しているとは驚きですね!

確かに、その時はそっとしておいて一定の距離を保ち、赤ちゃんが大丈夫そうだなと判断すれば自分の方から近寄ってくることもあるようです。

また、子供同士で遊ばせたりしてる子は人見知りが激しくなくなるとも言われています。

また、人見知りが激しくて保育園に入れるかな?と心配するママもいますが、先生たちはプロですので安心して任せましょう。

人見知りの子にはどうやって接するかも分かっていますから。

また、保育園でお友達と遊んだりするうちに、いつの間にか人見知りが直っていたなんてこともあるそうです。

赤ちゃんの人見知りの原因や対策は?

赤ちゃんの人見知りは一般的には一過性のものとされています。

《原因》

赤ちゃんの人見知りとは元来、ママやパパ以外の他人との区別がつくようになった証といわれてきましたが、「科学技術振興機構(JST)」の研究結果によると、赤ちゃんは生まれてすぐにママと他人を区別することができるとされています。

ではなぜ、ママと他人を区別できているにも関わらず、生後6カ月を過ぎたころからある日突然人見知りがはじまるのかというと、生後6カ月ごろから人に対して怖いという感情を覚え、さらに他人への近づきたいという気持ちの葛藤から人見知りすることがわかったそうです。

人見知り対策で大切なことは、赤ちゃんと周りの人が上手に距離をとることです。

慣れるまでは赤ちゃんを主役に会話をせず、ママはいつも通り過ごしましょう。

赤ちゃんが少し慣れて来て、相手に興味があるような素振りが見られたら、少しずつ距離を縮められるようにしましょう。

いきなり抱っこはギャン泣きしますし、赤ちゃんに「自分とママを引き離す怖い人」と認定されてしまう可能性があるので、人見知りしている時は気をつけましょう。

人見知りは育て方が原因で起こるわけではありませんが、育て方の中で工夫すれば改善することは可能でしょう。

《人見知り対策》

赤ちゃんに「この人は優しいおばあちゃんよ」「おじいちゃんはあなたが大好きなのよ」など繰り返し説明する

慣れてきたら、手と手をタッチ、ほっぺにタッチなど簡単なスキンシップから始める

同じくらいの子供が集まる場所に遊びに行く機会を増やす

 

人見知りは立派な成長過程の一つです。

人見知りが始まったら決して無理強いはせずにママは見守りましょう。

その相手を最初は泣いていてもママが仲良さそうに話しているなら大丈夫かも!と不安が解消されて少しづつ赤ちゃんから近づいてくるでしょう。

我が子も人見知りありましたが、我が子の場合は家におじいちゃんがいないからか、年配のおじさんや、おじいちゃんがダメでした。

なのでスーパーで話しかけられると泣いてしまったりでした。

なので旦那さんの実家に遊びに行くときは遊びに行く前に、ばぁばとじぃじの写真をプリントアウトして『これは、ばぁばだよ~』『これはじぃじだよ~』と教えていたりしたので、その効果もてきめんで、久しぶりに会っても泣いたりしませんでした。

いつかは終わる人見知りなので、ママは焦らず、ドーン!と構えてくださいね!

 

赤ちゃんのパパ見知りとは?

「パパ見知り」とは、赤ちゃんがパパに対して人見知りをすることです。

今までパパが抱っこしても泣かなかった赤ちゃんが、あるときを境に、パパが抱っこしようとして激しく泣き出したら、パパ見知りが始まったサインかもしれません。

まるでパパを拒否するかのように号泣するので、ショックを受けてしまうパパも多くいます。

積極的に育児をしているパパほど、赤ちゃんの変化に戸惑い、落ち込んでしまうもの。

パパ見知りは、赤ちゃんによって差があり、全く表れない赤ちゃんもいます。

また、パパ見知りのタイプも、赤ちゃんによって異なります。

抱っこ、おむつ替え、ミルクといった全てのお世話がママでないと嫌がる赤ちゃんもいれば、抱っこは以外はパパでも大丈夫な赤ちゃんもいます。

・赤ちゃんのパパ見知りはいつから?

一般的に、赤ちゃんの人見知りは、生後6~7ヶ月頃に始まることが多いといわれています。

パパ見知りがいつまで続くのかについては、始まった時期にもよりますが、2歳頃までになくなることがほとんどです。

 

・赤ちゃんがパパ見知りする理由は?

パパ見知りをする赤ちゃんは、決して「パパが嫌だ」というわけではなく、「ママではないとダメ」というケースがほとんどです。

赤ちゃんは、ママのお腹で約10ヶ月間を過ごします。

生まれてからも、授乳やおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話に関わるのは、パパよりもママのほうが多くなります。

そのため、視覚だけでなく、声やにおい、気配だけで存在が分かるほどママと密接な関係を築くようになり、ママ以外の人に対して拒否する反応を示すのです。

パパ見知りをする赤ちゃんは、ママとの信頼関係がしっかりできていて、ママという存在を認識できるようになった証拠です。

パパ見知りは赤ちゃんが成長していく過程の一つだといえますね。

・赤ちゃんのパパ見知りの解消法は?

めげずに赤ちゃんと接する

赤ちゃんが泣いてしまっても、パパは気にせずに赤ちゃんとの関わりを保つようにしましょう。

しばらくの間は大泣きしてしまうかもしれませんが、赤ちゃんとの関わりを持ち続けることで、パパが安心できる相手だと認識するようになります。

赤ちゃんが泣かないようになるまでは時間がかかりますが、ゆっくりと気長に赤ちゃんと向き合いましょう。

・パパとママが良い関係を築く

赤ちゃんがパパ見知りをしても、ママとパパはお互いに思いやりの気持ちを持ち、パパが赤ちゃんのお世話をするときにはママがサポートしてあげましょう。

赤ちゃんはママが大好きで、ママがパパや他の人とどのように接するかを観察しています。

また、パパのママに対する態度も、見聞きして感じています。

・赤ちゃんに対して心を開く

「話すことができない赤ちゃんとは、どう接して良いかわからない」というパパも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが泣いていてママが手を離せないとき、「自分が抱っこしても泣き止まないだろう」と思わずに、まっさらな気持ちで赤ちゃんと接してみましょう。

何度も繰り返すことで、赤ちゃんとの関係を築いていくことが大切です。

これはパパはちょっとショックですよね。

朝早くから夜遅くに帰ってきて赤ちゃんとは週末しか会えないパパに多いようです。

家族の為に一生懸命働いてくれてるのに悲しいですよね。

なのでママはパパのフォローをしっかりしてあげましょう。

そしてママはなるべく優しくしてあげてくださいね(笑)

よく、”産後旦那嫌い”と言われていたりして、生理的な現象でそうなってしまうママもいますが、ママとパパが仲良くしていることで、パパはママの大好きな人と覚えることでパパ見知りもなくなってくるかもしれません。

これも成長過程の一つなので、パパも悲しい気持ちになりますが、休日はなるべく一緒に過ごすようにして自然にパパに慣れてもらいましょう。

 

赤ちゃんの場所見知りとは?

場所見知り」とは、「人見知り」の対象が場所になったバージョン!

赤ちゃんは環境の変化にとっても敏感。

大人でも、知らない場所へ連れてこられたら、最初は怖くて警戒します。

赤ちゃんの場合は、さらに自分で動けないので、もし身に危機が降りかかっても、自力で逃げれません。

場所見知りするということは、

「普段の自宅=安心できる場所」と赤ちゃんが認識している証拠。

自宅が赤ちゃんにとって、安心できる場所であるからこそ、その以外の場所では、警戒して泣いてしまうのです!

場所見知りの対処法ですが、
「ここは怖い場所ではない」「安心できる場所」
と、赤ちゃんに分かってもらわないといけません。

「大丈夫だよ」「怖くないよ」と泣き止むまで話しかけるのもよし、赤ちゃんが場所慣れするまで、待ってあげるのもよし。

とにかく時間をかけて、警戒が解けるのを待ってあげることが必要です。

逆に「泣いちゃダメ!」と赤ちゃんを叱ったり、

「なんで泣くの?」と困った顔をしてしまうのは絶対にNG

・場所見知りを克服する方法とは?

公園や子育てサロンや幼稚園のプレ、祖父母の家など、度々訪れる機会のある場所であれば何度か連れていくうちに慣れる可能性もあります。

しかし、場所見知りをする理由の多くは、以下のようなものになりますので何度行っても改善しない事もしばしばです。

・親の不安感が子供に伝わっている

お友達と仲良く遊べるかな…うちの子泣かないかな…などと不安を抱いていると子供に伝わるようです。

・親の意識が自分に向いていない為、不安に感じる

公園や子育てサロンで近所のお母さんなどとよく会話をするお母さんの子にありがちです。

しかし、逆に言うと上記のような原因を取り除けば場所見知りは克服できる可能性が高いと思います。

それから、子育てサロンや公園などでご近所さんとお話しするのは少し後回しにしてあげてください。

まずは普段通りに子供と遊び、しっかりと子供に意識が向いている事を伝えます。

我が子も場所見知りがありました。

友達の家に招待された時に泣いて私にべったりなんて事もありました。

どこでもダメな赤ちゃんもいますし、家やスーパーや特定の場所がダメな子もいます。

克服法としては何度も通って行けば、慣れてくるものだと思います。

人見知りの時でも言える事ですが、ママがいつもリラックスしていることが大切で、必ず終わる日はくるのでいつでもドーン!と構えていてくださいね。

スポンサードリンク

また、人見知りや場所見知りの時は赤ちゃんは不安でいっぱいなので、必ず近くにいて一緒に遊んであげたりして赤ちゃんも慣れさせるのに安心させてあげましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です