赤ちゃんの虫刺され、跡やダニは?

Pocket

治らない?

赤ちゃんは大人と違い、まだ蚊などに対する免疫力がない為に、虫に刺されてしまうとなかなか治りにくいということがほとんど。

赤ちゃんは免疫がない為、ひどく腫れ上がってしまうような状態なのは特別なことではなく、ごく一般的なようです。

赤ちゃんは体温が大人よりも高いので、蚊に刺されやすいのです。

また、免疫が赤ちゃんはないので、ひどく腫れあがってしまいますが、これはごく一般的なことなんですよ◎

 

水ぶくれは?

赤ちゃんはかゆみを我慢できないので、患部をいてしまい、そこが悪化してしまい、水ぶくれになってしまうのです。

赤ちゃんが痒みを我慢できないので掻いてしまい、その結果「水ぶくれ」になり悪化してしまうのです。

これらの対策としては、赤ちゃんが嫌がらないようであれば「ミトン」をしたり、爪もこまめに切ってあげるようにしましょう◎

 

虫刺され跡は?

刺された部位を爪で引っ掻き、その部分から細菌が入ることで症状が悪化してしまい、二次感染を引き起こします。

二次感染が起きたまま放置していると、たとえ掻いてしまった傷が治っても、虫刺され跡が残るのです。

虫に刺されると赤く腫れたりしますが、正しい処置を行えば、虫に刺されても跡は残りません。

ただ、腫れてしまった部分を掻いてしまい、そこに細菌が入ることで「二次感染」を引き起こしてしまい、それをそのまま放置していると「跡」が残ってしまうのです。

なのでとにかく早めの「対処」が大切なのです◎

 

腫れは?

1 まずは洗い流す

2 可能ならば冷やそう

3 冷やす以外にも温める、がある!

4 塗る薬は炎症を抑えるステロイド配合にする

5 最も大切なのは、掻かせないこと

虫刺されの後に、発熱があるのはごく自然なことなのですが、腫れがひどくなったり、嘔吐、呼吸困難などの症状が見られるようであれば、直ぐに病院を受診するようにしましょう◎

また、腫れた際には上記の様に、まずは洗い流してあげ、保冷剤などある時には冷やし、その反対に冷やすものがない時は、「温める」ことも効果がるようです☆

 

病院は?

赤ちゃんはかゆみを我慢できず掻いてしまう原因になるので、なるべく早くかゆみを抑えてあげる処置をすることが大切です。

大体は、市販のかゆみ止めで治まりますが、赤みやかゆみが引かない場合には、小児科や皮膚科を受診しましょう。

適切な処置をすることで、ほとんどの場合は病院を受診しなくても大丈夫なことが多いのですが、腫れがあまりにもひどくなったり、発熱が続く場合には受診するようにしましょう!虫刺されの場合、「皮膚科」を受診しましょう◎

ただ、嘔吐や痙攣、呼吸困難など起きた場合には救急車を呼ぶかorすぐに救急に連れて行きましょう!

 

しこりは?

しこりは、虫刺されにより硬いイボになってしまう状態となります。

虫から刺され、その後に「しこり」のようなものが出来たらビックリしてしまいますよね^^;

このしこりに至るまでには上記のように痒い部分を掻いてしまうと、水ぶくれだった部分が小さくしこりになってしまうと言うのです!

ですから、赤ちゃんは痒い箇所を無意識に掻いてしまいますが、爪を切ったり、ミトンつけたり、なんとかして掻いてしまうのを防ぎたいものですね◎

 

ダニが原因?

ダニは風通しが悪く、高温多湿や湿った場所を好み、人間の毛髪や皮脂を餌にしているため、布団やカーペット、じゅうたんの中などは特にダニに好まれる場所です。

体温の高い赤ちゃんはダニに狙われやすいため、注意が必要です。

赤ちゃんの布団や床に敷くカーペットなんかはダニに好まれます。

その結果、赤く腫れてしまい激しい痒みを伴うので、とても可哀想ですよね(T_T)ノ

 

布団などはこまめに「天日干し」するのがおすすめです☆

ダニは熱に弱いので、コインランドリーの乾燥機なんかもおすすめです♪

虫除け対策は必要?

 

結論から言うと、赤ちゃんの虫除け対策は必要不可欠です。

大人よりも蚊に刺されやすいうえに免疫力が低く、とびひやアトピー性皮膚炎、重症なアレルギー反応を引き起こせば最悪の場合死につながったケースもあります。

 

 

アレルギー反応が強く出る赤ちゃんは、刺されたところが赤く腫れてかゆみが出るだけでなく、全身にじんましんが出たり、発熱する場合があります。

 

赤ちゃんの肌は大人が思っているよりも、虫刺されで命に関わるほどデリケートなんですね。

刺された際に体内に入った蚊の唾液腺物質のアレルギー反応により、重篤な症状になってしまう恐れがあります。

虫に刺されやすい赤ちゃんですが、自分で虫除けすることができません。

場合によっては命にも関わってくるので、赤ちゃんを守るためにお母さんとお父さんでしっかりと虫除けをしてあげましょう。

虫除けスプレーのおすすめは?

ハッカ油のもの

赤ちゃんの虫除けは、市販の「ハッカ油」を使えば、家でも簡単に作ることができます。

天然成分であるハッカ油なら赤ちゃんにつけても安全安心だし、虫よけとしての効果もかなり高いのでオススメ!

 

ディートフリーのもの

「ディート」とは、害虫の忌避剤として最も一般的な化合物です。

危険性の高さは海外でも注目されていて、カナダでは「赤ちゃんにディートを使用してはいけない」と法規制されているそうです。

 

天然のハーブやアロマ由来のもの

天然ハーブやアロマ由来の虫除けには、虫の嫌いな成分を含んでいるものが多くあります。

天然由来成分なので、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えるのが魅力ですよね。

手作りのハッカ油スプレーを使えば、天然成分のものなのでとても安心ですね。

作り方も、材料さえ手に入れれば簡単だと思いますので、一度試してみるのも良いと思います。

また、市販のものを使用するのであれば、赤ちゃんに影響のない天然素材のものやディートフリーのものであるかの確認をしましょう。

虫除け兼日焼け止めもある?

最近では、赤ちゃん用でも取り扱いが便利なミストタイプやお手軽なものから、高級な天然素材のもの、いい匂いのするものだったりと様々な種類の日焼け止めや虫除けが発売されていて、選ぶのに迷ってしまいます。

 

赤ちゃんの日焼け止めと虫除けは、それぞれ別々にパッチテストをおこない、いずれもお肌に異常がないかを確認してから使うようにしましょう。

赤ちゃんの日焼け止めと虫除けの併用問題ですが、実は1本で2役をこなすアイテムなら解決します。

両方の効果が一緒になった虫除け入りの日焼け止めがあるのです。

様々なメーカーから、虫除け兼日焼け止めのものが販売されています。

赤ちゃんの肌は直射日光にも弱く、虫にも刺されやすいので、このような商品があるのは嬉しですね。

最近では赤ちゃんに使っても安心なディートフリーのものあるそうですよ。

好みの問題もあると思いますが、デリケートな赤ちゃんの肌に合ったものを選んであげたいですね。

虫除けシールもある?

虫除けシールとは、シャツや帽子などの衣類に貼って使うものです。

シールには虫が嫌がる香りを持つエキスやオイルが含まれています。

 

虫くるりん シールタイプ

虫を寄りつきにくくする天然ハーブの精油を使った虫除けシール。

 

虫きちゃダメ シールタイプ

天然植物精油のユーカリ、シトロネラを蒸散させで虫を寄りつきにくくする虫除けシール。

 

虫よけキャラシール ディズニープリンセス

天然ラベンダーエッセンシャルオイルを使用した虫除けシール。

シールの場合、服やベビーカーなどに貼って虫よけの対策ができるので、とても便利な虫よけグッズの1つとされています。

虫よけシールにはディートフリーのものもあるので、このような商品を使えば赤ちゃんの肌に直接貼っても安心ですね。

スポンサードリンク

デリケートな肌を持つ赤ちゃんだからこそ、肌に優しい成分で作られた商品を選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です