ロタウイルスの保育園の登園は?出席停止?完治の潜伏期間は?

Pocket

ロタウイルスの完治までの潜伏期間は?

ロタウイルスは、1〜2日、長くても72時間以内の潜伏期間を経て発症します。

 

スポンサードリンク

 

最初に発熱がありますが、高熱が長く続くようなことはありません。

その後「嘔吐」「下痢」と症状が進みます。

 1日に5〜6回の激しい嘔吐症状が起こりやすいのもロタウイルスの特徴のひとつです。

下痢に白い便が出ることもロタウイルスの大きな特徴と言えます。

 もともとロタウイルスは、「白色便性下痢症」と呼ばれていて、水様性の白い便が出るのです。

これは便を茶色くする胆汁の分泌が間に合わないことで、起きます。

 0歳~2歳の子は特に症状が重く自分で水分摂取をしようとできないことから脱水症になりやすいです。

 嘔吐や下痢が激しい間は、脱水症状を起こさないように、水分補給が大切です。

脱水症状が起きてからでは、急にグッタリしてしまうこともあるため、危険です。乳幼児の脱水症状を見逃さないように十分気を付けましょう。

痙攣を起こしたり意識障害が起きる場合もあるので、そのような時は、救急車を呼びましょう。

 

ロタウイルスは2~3日で大体症状は治まるようですが、下痢症状がある時はこれより長くなるので1週間は様子を見たほうが良さそうです。

友達などに、あらぬ疑惑を掛けられたくないですよね。

そんな時はさらに1週間、約2週間もすると完璧に完治したといえるようです。

もしもの事があって我が子のせいにされたら嫌なので、お友達と遊ぶ時はその位あけてもいいかもしれませんね。

 

家族への感染は?

 大人は、特に意識していなくても、何度かロタウイルスを感染していることが多く、ひどい症状になることはあまりありませんが、体力が低下していたり、疲れがたまっているこきなどは、子供と同じような症状が出ることがあります。

 嘔吐の症状は2〜3日で治まることが多く、下痢症状は5日前後続きます。

これは、2〜3日で症状が治まるノロウイルスより長くかかる傾向です。

 子供の外遊びなどは、下痢が止まってから4日〜5日くらいは様子をみましょう。

その間に、落ちた体力を戻します。お友達の家に遊びに行くのは、1週間以上たってからの方が良いですね。

 それくらい経過していれば、感染力のあるウイルスは残っていませんが、4〜5日では、お友達が発症した場合、あらぬ疑いをかけられてしまいます。

通常は、下痢症状が治まってから、3〜4日経過した時点で、完治と考えます。

ロタウイルスの菌は強力ですが、家族への二次感染は極めて低いようです。

もちろん100%感染しなという訳ではありません。

お風呂を別にしたり、汚物に触らせないなど最低限の対処をしていれば防げるでしょう。

 

ロタウイルスで便秘になる?便の色やにおい、処理は?

ロタウイルスの便の色など変化は?

ロタウイルス感染症は白色便性下痢や白痢などと呼ばれることからも想像できるように、ロタウイルスに感染した赤ちゃんや幼児の便は、白っぽい水のような便になります。

イメージとしてはお米のとぎ汁ようなものです。

大人の場合は、個人差や感染したときの体調などによって便の色が変わるので、

すべての人が白っぽくなるとは限らないのです。

便の色をコントロールしているのは胆汁で、胆汁の分泌が悪くなってしまうと便の色が薄くなります。

そして、水便になるにつれて、便の色は薄く白っぽくなります。

淡い黄色やクリーム色、薄茶色の便が見られるのは大人の場合が多いようです。

 

ロタウイルスの便の臭いは?

ロタウイルスは便の色とともに臭いも特徴的で、

下痢特有の乳酸食品が腐ったようなすっぱい臭いがします。

赤ちゃんの場合は、この臭いが刺激的で鼻をつくような臭いがするので、

白っぽい水便とともに臭いもロタウイルスによる下痢の特徴になります。

ロタウイルスは、発症から1週間ほどでその症状は治まりますが、残ったウイルスの排出が続いていることがあるので、その後さらに1週間くらいは、排便後の手洗いなどに注意しましょう。

ロタウイルスに感染すると、赤ちゃんは便の色やにおいでロタだと分かりやすいようです。処理はマスク、手袋、塩素水などを使用しましょう。

便秘に関してもリサーチしましたが、思ったような情報を得られませんでしたので、気になる方はお医者さんに相談してみると良いかもしれませんね。

 

よく、赤ちゃんは便の色で判断してと聞いたことがありますよね

私も1ヶ月検診などで白っぽい程、気をつけてねと言われた事がありました。

また、臭いも独特なようなので、赤ちゃんがこれらの症状を出した場合、ロタウイルスかも?と疑って、すぐに病院を受診するようにしましょうね。

また、小児科に電話して症状を説明してもいいかもしれません。

 

ロタウイルスで保育園の登園は?出席停止?

保育園や幼稚園、小学校などの登園・通学停止に関しては「学校保健安全法」で決められています。

学校保健安全法は、第一種から第三種まであり、様々な出席停止に指定されている病気があるんですよ。

ロタウイルスは第三種に指定されている病気。

 学校医・その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで出席停止

 と決められたものの種類に入ります。

 「病院へ行ったらロタウイルスと診断されました」

 まずは保育園や幼稚園にちゃんと問い合わせをして、通園・通学させているところにどのような対処を取るべきか確認しましょう。

そして診断を仰いだ病院で、必要な場合は登園許可書や通学許可書をもらってくださいね。

 ロタウイルスは排泄物や嘔吐物で感染が広がる病気。

まだオムツを使用している年齢だと、子供の体調は戻っていても便に排出されるウイルスによる感染の広がりが予想されるので、通園は遅くなってしまうかもしれません。

 

通園開始までの目安は?

ロタウイルスは早くて2~3日、遅くても、1週間くらいで治まります。

子供をお家でゆっくりとしっかり休ませたうえで、再度病院で診断してもらってから登園する形となりますよ。

登園許可書については先ほども触れましたが、通っている保育園や幼稚園で対応が異なりますので確認をしてみましょう。

ちなみに友人が勤めている幼稚園に話を聞くと、出席停止とともに登園許可書も必要とのこと。

園専用の登園許可書があり、感染症になった場合は近隣の方に家のポストに届けてもらって、許可書に病院の先生のサインを頂き「行っても大丈夫」と診断されたときに、登園許可書を持ってきて通園してもらうそうですよ。

 通園させる前に担任の先生方に電話で連絡を取り

 ・通園に向けて気を付けた方がいいこと聞く

・現在の子供の様子

・病院で再度診断された結果

 これらのことをしっかりと園へ伝えておくことで、先生との話の食い違いも防ぐことが出来て、周りのお友達にも迷惑をかけずに済むと思います。

絶対に無理して行かせないで!

お母さんが仕事をしていると、あまり長期間お休みもしたくないし「治った」と思ったら見切り発車しがち。

しかしロタウイルスはとても感染力が強く、症状が和らいでもまだ体内にウイルスが残っている場合がありますよ。

 このような状態の時に、お母さんの勝手な判断で無理に通園させてしまうと

 ・再び子供を苦しませる

・周りのお友達へ感染させてしまう

 こんな悲劇が起きてしまいます。

 お仕事を長期間休むことは同僚への迷惑なども考えるのでお母さんとしては避けたいと思うのですが、子供が小さいうちは「しかたがない」と割り切ってしまいましょう。

おじいちゃんやおばあちゃんなど、周りに協力してくれる人がいる場合は頼ってもいいですね♪

そして助けてくれる人が近くにいなくても、今は「病児保育」などもありますのでそちらを調べてみてもいいと思います。

学校保険安全法などがあるのですね、その種類も第1種〜3種まであるようです。

大体1週間位が目安で、お医者さんに保育園や幼稚園に行っていいよのお言葉をもらうまでは、お家で休みましょう。

また、登園許可証などがあるので、その保育園、幼稚園に確認してから再登園するようにしましょうね。

親も仕事があって長期間休めない、子供が友達と遊べなくて可哀想と、早めに見切りをつけて登園させてしまいがちになる気持ちは分かりますが、絶対に無理はさせないで、完治したら登園するようにしましょうね!

ロタウイルスの大人、子供、赤ちゃんの症状は?

ロタウイルスの、大人と子供や赤ちゃんの感染した場合の症状を見ていきましょう。

 ロタウイルスの潜伏期間は1日から2日とされていて、長くても感染してから3日以内には発症すると言われています。

 

 

そして発症するとまずは発熱症状が現れ、続いて嘔吐や下痢の症状が現れます。

 特に下痢が特徴的で、水のような下痢で主に白い便が出るのが特徴です。

この症状は白色便性下痢症と言い、この症状が出たらロタウイルスの可能性が非常に高くなります。

嘔吐は人によっては見られなかったり、発熱は37℃程度で1日程で治まる事が多いので症状として最も特徴的なのは下痢の症状ですね。

 ただ子供は感染した回数が少なく免疫がない事もあってか重症化しやすく、下痢からの脱水症、急性腎不全や肝機能異常等の合併症を引き起こす事もあるので注意しなければいけません。

症状は発症してから一週間から長くて二週間ほど続きますので、その間は特に脱水症状に気を付けて下さい。

大人の場合、知らず知らずの内に何度か感染していて免疫が出来ているので、症状が軽い事が殆どです。

少しの発熱や「調子が悪いかな?」くらいの腹痛と下痢で済んでしまう事が殆どです。

しかし体調不良や疲れによっては重症化する事もあるだけでなく、注意しないと子供に感染してしまう可能性が高い事を忘れないように。

ロタウイルスは1月から4月、丁度ノロウイルスと入れ違いのように広まり始めるのでこの期間は自分の体調に気を配りましょう。

 

ロタウイルスの症状は、小さければ小さい程重症化なりやすく症状も重いようです。

その点、大人にかかっても気付かない程度で収まるようです。

自分が気付いていない分、子供に移してしまう事もあるようなので、ロタウイルスなどの季節にそのような症状が表れたら、ロタかも?と疑ったほうがいいかもしれません。

我が子に移さないように配慮が出来ますからね☆

 

ロタウイルスの軽い症状って?

ロタウイルスと言えば、

・嘔吐

・白っぽい下痢

・高熱(39度ほど)が出る

などなど。

 

かかると辛い症状が出ますし、子供がかかっているところを見ると、本当に辛そうに見える症状が出ますよね。

症状だけ見ると、ノロウイルスと似ていますが、ノロとは違い、白っぽい便が出るのが、ロタウイルスの特徴になりますね。

白でなくとも、色が薄くなったり、という症状の場合もあるそうです。

しかし、ロタウイルスにかかったといっても、必ずこれらの症状が出るわけではありません。

症状が軽くて済む場合もあります。

考えられる理由としては、個人差ですね。

特に免疫力の差が影響してきます。

疲れているときって、普段は風邪をひかない人でも風邪にかかってしまったりもしますよね。

ロタウイルスに関しても、かかっているのに症状が出ないとか、もしくは軽い症状で済む、という場合があります。

子供の時は、そもそも免疫力がまだまだ弱いので、ロタウイルスが重症化しやすいのですが、

大人ですと、仮にロタウイルスにかかったとしても、症状がそこまで悪化しないこともあります。

子供でも免疫力には個人差がありますので、症状が軽い場合もあります。

そして、子供に関しては、もしもロタウイルスのワクチンを接種されている場合、症状が軽くて済むこともあります。

ワクチンを接種したんだし、ロタにはかからないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ワクチンを接種していても、ロタウイルスにかかってしまうことはあります。

といっても、仮にワクチンを接種せずにかかってしまった場合よりも、症状が軽くて済む可能性が高くなります。

まあ、ワクチンを接種していても、子供の体調によっては、重い症状になる場合もあるそうですね。

ワクチンを接種したからと言って、安心せずに、しっかりとロタウイルスへの予防をするようにしましょうね。

 

もしもロタウイルスに掛かってしまったら、その症状が重いか軽いかは個人の免疫力によるようです。

大人の場合、免疫がある程度ついているので軽症で済む事がほとんどだそうです。

なので、子供は大人より免疫力がないので、その症状が重くなりやすいです。

特に赤ちゃんの場合は免疫力がないので、もしも予防接種してない場合、重症化する恐れがあるようです。

ただ、ロタウイルスの予防接種をしたからといって100%ロタウイルスに掛からないという訳でもないし、一度掛かったから二度と掛からないといった訳でもないようです。

費用や、ママが必要か必要でないかで判断してもいいかもしれませんね。

 

ロタウイルスの症状の感染経路は空気中の飛沫感染?

ロタウイルスはとても感染力が強いウイルスです。

少量のウイルスが体内に入るだけで感染するといわれていて、外国では発展途上国などで感染者が多くなりますが、日本のような先進国で、衛生環境のいいところでも、感染者が多くなります。

また、増殖力も強く、感染者の便1グラムあたりに、1億から100億個のロタウイルスが含まれているといわれています。

これは、ノロウイルスのウイルス量の約100倍となります。

増殖力が強い上に、少量のウイルスでも感染するほど感染力が強いため、予防が非常に難しいといわれています。

感染経路は?

主な感染経路は経口感染です。

ウイルスの付着した食器、食べ物などを通じて感染します。

特に感染者の便の中に大量に含まれていますので、感染した乳児のおむつを取り替える際に手や爪にウイルスが付着してしまい、それが口に入るケースが多くあります。

おむつ交換時に手や爪には数億ものウイルスが残っていることがあるので、次のことに気をつけてくっださい。

  • おむつ交換の際には使い捨てのゴム手袋などを使用する。
  • 交換したおむつは、ポリ袋などに入れて処分する。

感染者の便には、下痢の始まる2日程度前からロタウイルスが含まれ、症状が治まった後でも7日から10日間ほど、長いと数週間程度はウイルスが検出されることがあります。

また、乾燥した嘔吐物からウイルスが空気中を漂って、それを吸い込むことで感染する可能性もありますので、注意が必要です。

 

ロタウイルスの感染経路は飛沫感染ではなく経口感染だそうですが、菌が乾燥し→飛沫し→吸入してしまう、とう場合もあるようです。

その潜伏期間も長いうえに強力な感染力があるので、一緒に過ごす家族は移ってしまいやすいのでしょう。

特に赤ちゃんが感染した場合はオムツ交換の際はくれぐれも便に触れないように極力ゴム手袋で対処し、捨てる際はビニール袋に入れるなどの対処が必要です。

またロタウイルスに掛かっている人の洋服を洗濯する時は別に洗うなどの対策を取ってくださいね。

 

ロタウイルス、子供はよだれも感染経路?

スポンサードリンク

ロタウィルスの子供の感染経路はよだれ?

ロタウィルスに感染すると1週間以上嘔吐物や汚物の中にウィルスが排出され、空気や唾液を介して他の人に二次感染をもたらすと言われています。

そのため、以下のような点に注意しましょう。

・おむつを替える時は出来るだけ使い捨て手袋、マスクをします。

・汚物はビニール袋に入れて入れ口をシッカリと閉じます。

・吐しゃ物が付いたタオル、服などは他のものと別にして熱湯か(次亜塩素酸ナトリウム)漂白剤に浸けてから洗濯します。

・吐しゃ物がカーペットに付いた場合も、次亜塩素酸ナトリウムを使って拭きます。

・おもちゃなどをこまめに熱湯で消毒します。

・ベッドなど大きなものの殺菌には、スチームアイロンをかけるか、天日干しなどが有効です。

・家の中を歩き回らない,連れ回らないように1つの部屋に隔離します。

次亜塩素酸ナトリウムには、ロタウィルス・ノロウィルスなどのアルコール消毒が効かないウィルスの死滅に活躍します。

購入しても良いですし、漂白剤に次亜塩素酸ナトリウムの表示があるので、それを0.02%~0.1%の濃度になるよう水に希釈して使います。

また、唾液で感染するという事は、咳やくしゃみ、鼻水にもウィルスが含まれていると言えます。

平熱に戻り、下痢や嘔吐が治まってから、外出を考えるようにしましょう。

特に、保育園やプールなど多くの幼児が集まる場所に行くのは完治するまで避けましょう。

ロタウィルスは急性胃腸炎とも呼ばれ、胃腸の働きが弱くなるので、大人も十分気を付けて、消化の良いものをよく噛んで食べるようにしましょう。

赤ちゃんに脱水症状が見られたり、排せつ物に異常が見られた時には脱水症状に気を付けて様子を見、異変にすぐ対応出来るように備えましょう。

 

ロタに掛かってしまうと嘔吐してしまう事もあるようです。

それらが乾燥して飛沫してそれを吸引してしまう事で感染する人は増えていくので、嘔吐した場所は次亜塩素酸ナトリウムを使い処理しましょう。

唾液でも移るので咳やくしゃみ、鼻水なども含まれているようですので、しばらくの間保育園は休み、そして人混みの多いところへは避けるようにしましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です